ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:126分
    監督
    デイミアン・チャゼル
    脚本
    デイミアン・チャゼル
    キャスト
    ライアン・ゴズリング
    エマ・ストーン
    J・K・シモンズ
    フィン・ウィットロック
    ローズマリー・デウィット
    ミーガン・フェイ
    ジェイソン・フックス
    ジェシカ・ロース
    ソノヤ・ミズノ
    ジョン・レジェンド
    キャリー・ヘルナンデス
    ヘムキー・マデーラ
    あらすじ
    夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

    「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・レビュー

    fmkfilm
    fmkfilmの感想・レビュー
    5日
    4.8
    めちゃくちゃよかった。。
    色彩が鮮やかで、それだけで楽しませてくれて、観てて本当に飽きなかった。
    自分の好きなものを追い求めるのって実は苦しい。人は、人生を左右する決断を与えてくれた人と必ずしも一生を共にする訳じゃない。そんなことを感じた。
    ライアン・ゴズリングもエマ・ストーンもいい役者さんだなあ。。この監督の映画好き。
    AGE1973
    AGE1973の感想・レビュー
    6日
    5.0
    ピアニスト姿がハマるライアン、メチャクチャ美人て訳でもないけど愛嬌のあるエマ。この取り合わせが再び観れたことが幸せ。
    冒頭のシーンから素敵な唄と踊りが続いてたまらない。あの人が出てるけどノットマイファッキンテンポではなかった。
    ewe
    eweの感想・レビュー
    6日
    4.2
    ||劇場|| やばい好き。最後の10分くらいで怒涛のボロ泣き。変な声出るwww

    典型的なミュージカル程には歌わないんだけど、BGMとしての音楽とミュージカルとしての音楽が溶け合っていて、通常、終劇後エンドロールですぐ席を立つタイ人ですら、最後まで音楽に耳を傾けていました。見事。

    懐かしい感じと今時の雰囲気が融合していました。ああ〜。よかったです♡ 好き過ぎてネタバレするのでこの辺で…
    LAの魔法が美しいです。カタカナ邦題はイケてないですね…

    2017-2
    藤本珠海
    藤本珠海の感想・レビュー
    6日
    4.5
    めちゃクラッシック映画。なのに最近っぽさ入ってて、主人公2人が豪華すぎ。ミュージカル大好きだからこの映画も結構好き。歌はあまり感動しなかったけど物語好き。
    コトコ
    コトコの感想・レビュー
    6日
    4.5
    感想は後ほど!
    ぎま
    ぎまの感想・レビュー
    6日
    4.5
    カナダ留学中なので字幕なしで見たのですが、ところどころ分からないところがあっても、心をがっちり持っていかれました。こんなに素敵なロマンスがあるのか!!!

    予告を観ただけでも自分が好き系なのは分かっていたのですが、期待をし過ぎるくらいして観に行っても、それを超えて来るおもしろさ…音楽はもちろん、衣装、色彩、カメラワークどれを取ってもこだわりが感じられる映画だったと思います。

    そして何よりも、主演のお二人が魅力的過ぎる!!エマストーンは表情がすごく好きなのですが、今回はあのハスキーボイスで歌う歌が最高だった!
    そしてゴズリングのあのピアノはずるいよ…思い出しても胸がキュキュキューン!となります…本当に心臓に悪かった…あれをスクリーンで観れただけで、間違いなく映画館に行った価値はありました!

    ストーリー自体ははどこにでもある様な展開なのですが、前半の鮮やかなミュージカルパートから後半への持っていき方が振り幅があって退屈しなかったし、何より最後の15分で私はこの映画が大好きになりました!そして思わぬところで泣かされてしまった!

    叶えたい夢、叶えた夢、叶わなかった夢、誰もが一度は立ち止まったことのある共感できるテーマを扱いながら、魅力的なキャストと素晴らしい構成で最高の映像になっていたと思います!これは映画館で観ないでどこで観るんだ!という感じ。まさに全てに恋する映画だと思います!
    Akane
    Akaneの感想・レビュー
    6日
    3.8
    観たくて観たくて
    New Yorkの映画館で鑑賞しました
    初っ端の演出で心を持ってかれました。
    lalachinooo
    lalachinoooの感想・レビュー
    6日
    4.6

    切ないけど綺麗。

    Traditionalistでいても誰もジャズを聞かない。それでも君は夢を追いかけるのか?
    cano
    canoの感想・レビュー
    6日
    4.2
    セブに完全に乗っ取られた、心を。
    これはチャゼル監督の前作「セッション」と同様、絶対に映画館で観るべき映画。映像はとても陽気で華やかなのに、心地良くてしっとりと落ち着ける。

    企画当初は、エマ・ワトソン&マイルズ・テラー主演との話だったそうですが、また全然違う印象になったでしょうな〜。。
    私はもうゴズリングとエマ・ストーンしか考えられない。大人の2人がもどかしくなるほどの運命的な恋愛に駆られ、それでいて誰もが気持ちを持っていかれるような身近に感じられるラブストーリー。こんな風に切磋琢磨して成長していければなぁ。
    二人の息ぴったりすぎるタップダンスは観ている側の心も踊ります。

    売れない女優の卵のエマ・ストーンがふいに見せる、隠しきれない美人すぎるお顔がやっぱり素敵で。吐息のように聴こえてくる、きれいに澄んだ歌声に耳が癒やされる。
    ゴズリングはゴズリングで、この役は本当にズルいくらいかっこいい。
    街並みや景色、お洋服も、みていて愉快な気分になれた。ミュージカルシーンの演出も素敵!

    でも、期待値高くしすぎたのと、自宅のスクリーンで観てしまったこともあり、ちょっぴり前半は拍子抜けした。
    視覚的・聴覚的な部分が、この作品の醍醐味だと思った。ので、もう一度ちゃんと映画館の大画面と大音量で観よう。
    もい
    もいの感想・レビュー
    7日
    4.5
    どう説明したら良いのか・・・心を上下左右にガンガンと動かされて、もうコントロールが効かずに、最終的にはまったく予期せぬところで涙が流れている。そして今思い出しても泣けてくる。
    誰もが持つハリウッドへの憧れの気持ち、かつて夢に向かって突き進んでいた時を思い出しては、キューっと心を締め付けられた。
    頭の中で妄想しているときは楽しかったけど、現実は全然計画通りには行かずに、その時の選択が正しかったのか、後悔するばかりの人生。
    それでもこの映画を観ると、不思議と前向きになれるような気がした。
    ミュージカル映画というジャンルだけにおさめたくない。コメディ・ドラマ・ラブロマンス・・・地元の映画館に自転車で乗り付けてはキラキラとした目で観ていたあの頃、映画ってこういうものだったよね!と思い出させてくれる、ド・純粋な映画。
    ライアンとエマちゃんのコンビは過去作でも分かる通り相性ピッタリ。そして、アメリカのレトロな服装やメイクが本当に似合う。
    今回は現代のお話のはずなのに、二人の周りはインテリア、照明、服の色など古き良きアメリカを思い起こさせるようなスタイルに胸が熱くなる。
    歌唱部分は、ブロードウェイのミュージカルのように高く伸びる声とは違って、エマちゃんは低く少しかすれた声。それなのに優しく耳に入ってとても心地がいい。
    ライアンのピアノ、かっこよすぎでしょう。。。キャッチコピーにある通り、全てに「恋に落ちる」映画です。