ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

4.0

あらすじ

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功…

夢追い人が集まる街、ロサンゼルス。映画スタジオのカフェで働くミア<エマ・ストーン>は女優を目指していたが、何度オーディションを受けても落ちてばかり。ある日、ミアは場末のバーでピアノを弾くセバスチャン<ライアン・ゴズリング>と出会う。彼はいつか自分の店を持ち、本格的なジャズを思う存分演奏したいと願っていた。やがて二人は恋におち、互いの夢を応援し合うが、セバスチャンが生活のために加入したバンドが成功したことから二人の心はすれ違い始める……。

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

あるこ

あるこの感想・評価

2.4
正直期待しすぎたか、言うほどだなと感じてしまった
ミュージカル映画としては口ずさみたくなる感覚もなくて、結局男のナルシスト映画じゃないのかと微妙な気持ちになった
2017.01.26.

この映画体験は言葉だけでは表せれない

1カットの構図、衣装、音楽

そして、夢を追う街ロサンゼルスで奏でる、物語の美しさ

観るべし!
音楽とラストの演出好き◎
whiteme

whitemeの感想・評価

4.3
ミュージカル映画はやっぱり苦手。
舞台のミュージカルはいいんだけどね。

曲としては、冒頭の Another Day Of Sun よりもEpilogue が耳から離れない。

途中のミュージカル要素は、好きじゃないのでとばすけど、、、

最後のセブとミアの表情だけのやりとりが、いい味だしてますねぇ。言葉にできない情感。

いろいろ鑑賞者に想像させてくれるエンディング。

でも、この最後こそミュージカルで表現してほしかった。
JJ

JJの感想・評価

3.8
色使いが綺麗で、古き良き映画へのオマージュいっぱいの映画でした。

ライアン・ゴズリングがピアノ演奏にダンスにと頑張ってました!
特に、街を見下ろす場所でのタップダンスは素敵。

ただ、古い映画にも見慣れていると、ミュージカルシーンもコピーにしか見えず、オリジナルが見たくなります。アステアのステップが見たい!とか。

ストーリーも、そんなに目新しくもなく。ちょっとミアには感情移入できず。。。

人生は、はたから見ると羨ましいものに見えても、本人にとってはボタンの掛け違えでそうなったように思えるかもしれない。
でも、そうなるべくそうなったのが、その人の人生で。「もしも」が現実であったとしても、やっぱりある時点で、別の「もしも」を夢想するのだろうなぁ。

まぁ、この映画きっかけで、昔の映画を見る人が増えるといいなぁ、と思いました。
歌、ダンス、衣装は最高。
でもいまいちだったのは主人公に感情移入出来なかったからかな。
k

kの感想・評価

4.3

このレビューはネタバレを含みます

どちらかと言うとミュージカルは苦手だったはずが、この映画では良さを感じられた。

例えば、歯の浮くような台詞も、曲とダンスがつくことで、素直に聴いていられるし、歌詞にそこまで共感できなかったとしても、メロディーから自然と感情移入できる。

ましてや歌詞に共感した時などは普通の映画ではなかなか味わえないほど心に響いた。

宇宙で踊った後にキスしたり、映画「セッション」で悪魔のようだったJ・K・シモンズがコミカルだったりと、自由な感じも楽しかった。

映像も全体的にお洒落で、絵画のようなカットもあり、色々と心に残る映画だった。
3akata

3akataの感想・評価

3.7
ラスト二人の笑顔最高すぎ。
気づくと身体が勝手に動いてしまうような夢溢れるダンスシーンの数々は最高!ちょっぴり切なさも残るけれど清々しければ良し。