ラ・ラ・ランドの作品情報・感想・評価

上映館(1館)

ラ・ラ・ランド2016年製作の映画)

La La Land

上映日:2017年02月24日

製作国:

上映時間:126分

あらすじ

「ラ・ラ・ランド」に投稿された感想・評価

K

Kの感想・評価

4.8
本日新宿ピカデリーにて爆音上映を見てきました。公開していた時には見に行けずのちにDVDで見ました。
最初はハマりませんでしたが、何度も見ていくうちにどんどん好きになり今では1番の作品です。
音楽もそうですが映画全体の色のトーンもすごく素敵で特に夕焼けのグラデーションが良くて、背景と人物が溶け合うように1枚の絵となって流れている感じがします。
最後のシーンはとても切なくエモーショナルで、ライアンのあの表情を見るために2時間の物語があると言ってもいいと思いました。是非お勧めしたいです。
YU

YUの感想・評価

4.8


音楽がすごくよかった 👏🏻
ただ結末がせつなくて
苦しくなりました 😢
yukiy

yukiyの感想・評価

4.4
飛行機の中で観たのが初で今回は大きな画面で観てみました🎵
そんな好きな感じでないイメージだったけど全然そんなことなかった💜💛
楽しくて切なくて全てがうまくいくわけじゃない、夢と現実の綺麗じゃない綺麗なはなし
現実的な大人のラブストーリーなんでしょう💭
なんかまた見よう、

ミアの青とか黄色とか原色の綺麗なドレスがめちゃくちゃ魅力的👗
Sarasa

Sarasaの感想・評価

4.4
基本的にミュージカルがあまり得意でない私でも、とても心に響く映画でした。

途中やっぱりいきなり歌い出すのに少し抵抗はあるものの、(個人的に!です。雰囲気などが統一されていて、素敵なのでミュージカル好きな方であれば素晴らしいものなのです!) 後半のミアトセブのケンカのシーンは今まで見たどの映画よりもリアルな口論でした。どちらも、正しい。本気で挑むのであれば好きという気持ちだけでは恋愛はうまくいかないこと、夢は、叶うことの代償に大切な何かを失わなければならないことを教えてくれる映画でした。
色使いが劇中ずっと鮮やかでビビッドで記憶に鮮明に残る映画です。

アーティストで言うアルバムの曲からシングルカット出来るような曲があるように、この映画でも
一瞬一瞬のシーンがシングルカットできます。


素晴らしい映画です。
夢追い人のそこのあなた、ぜひ。
m

mの感想・評価

1.5
思ってたのと違ったかも
m

mの感想・評価

-
世界観に引き込まれる。
素敵な恋だったけど、現実は厳しいのか。
Ani

Aniの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ミュージカル感溢れてて、すごく楽しかった
ただ、エンディングはあまりハッピーとは言えなかったので、モヤモヤする…
前評判が高くて凄い期待して観ましたが、ダンスとか音楽にそれほど興味がないと、途中でもういいやと思ってしまうかも。(Netflixで見たので、余計集中しなかった…)
こういったミュージッカル映画をあまりみたこともなかったのでちょっと戸惑いました(笑)

途中まで良くある恋愛映画だなぁと思いましたが、最後の意外性と切ない、けど少し幸福な感じが良かったです。

最後の意外性に最初はついていけず、一時停止して他の方のレビューを色々観て解釈を確認😭なるほど~ってなりました。

本当にダンスも凄いし音楽も良くて、俳優さんたちにも感服でした。
Yuuka

Yuukaの感想・評価

5.0
ずっと見たくてやっと見れた!

最初の歌からワクワクって感じだった!

ミアとセブが持つそれぞれの強い夢と価値観がそのままこの映画の雰囲気を作ってる感じだった。

やっぱり音楽が本当に素敵で、全体を通してミアの歌声がとっても素敵だったし、あのピアノの曲もすごくよかった。

終わり方が切なすぎてぼろぼろ涙が出て、
なんでこんな終わり方なんだ!!?って最初は思ったけど、映画を見終わってしばらくしてからもいろいろ考えた結果、ララランドはこの終わり方じゃなきゃいけないし、少し心に引っかき傷が残るようなこの終わり方だからこそ多くの人の印象に残る映画になったのかなって思った。
Hayato

Hayatoの感想・評価

4.0
Lalaland旋風が日本でも巻き起こって
なぜか避けて見ていなかった作品。

ふつうにいい映画だった。笑

個人的にライアン・ゴズリングの衣装が70年代風でかっこよすぎて、今春はオープンカラーシャツを買おうと思います。

決して交わらなさそうな夢追う二人が
徐々に引き寄せあっていく感じ、関係性、やりとりがめっちゃ良かった。

ただただ儚い。
あの手の映画って割とハッピーエンドで終わるけど、儚い。

夢を追うためにお互いの道をいくと。
でもずっと愛してるよって言ってたのに
彼女は映画の主役に大抜擢、家庭も持っていて、
店で別れる時には、目配せして微笑んでいたけど、あの二人が良かっただけに、
それではカバーできないくらい儚い笑
>|