インクレディブル・ファミリーの作品情報・感想・評価

インクレディブル・ファミリー2018年製作の映画)

Incredibles 2

上映日:2018年08月01日

製作国:

上映時間:118分

4.0

あらすじ

「インクレディブル・ファミリー」に投稿された感想・評価

のが

のがの感想・評価

3.9
はい、楽しい、おもしろい🤩
okia

okiaの感想・評価

2.4
2004年に製作されヒットを記録したディズニー/ピクサーのアニメ『Mr.インクレディブル』の続編。平穏な日々を送ろうとしていたMr.インクレディブルことボブと一家の日常が、妻のヒーロー活動復帰を機に変化する。監督は『レミーのおいしいレストラン』『トゥモローランド』などのブラッド・バードが続投。日本語吹替版では、前作に引き続き三浦友和、黒木瞳、綾瀬はるか、高田延彦らが声を担当している。

妻のヘレンや娘のヴァイオレットら家族と、ごく普通の生活を送っていたMr.インクレディブルことボブ。だが、あることをきっかけに、ボブと同じ驚異的なパワーを持つヘレンが正義のヒロイン、イラスティガールとして再び活躍するようになる。そこでボブは、彼女に代わって家事や生まれて間もない息子ジャック・ジャックの世話をする。

このレビューはネタバレを含みます

イラスティガールがミスターインクレディブルより使えることがハッキリしてしまった件。彼女に「ガラスの天井」は無かったようだ。敵もスクリーンスレイヴァー(=ネットに操られる群衆)だし、「間違った世の中」を米国の実情と見ると密かに毒があっていい。
ヒーロー禁止法の元ネタであろう「ウォッチメン」からナイトオウルのオマージュキャラ(…というかむしろそのまま)が出てるのには笑った。
犯人が「メガマインド」のヒロインに似てるのはドリームワークスへの返答かな?
Tomomi

Tomomiの感想・評価

4.0
ジャックジャック可愛いし笑った
soregashi

soregashiの感想・評価

3.3
普通に楽しめると思います。
M

Mの感想・評価

4.0
ジャックジャック可愛すぎてたまらんやった!


18
hikarouch

hikarouchの感想・評価

4.2
ピクサー完全復活の感。

アメコミのようなスーパーパワーに、MIシリーズのようにワクワクするアクション、そしてモロ007な音楽。
でありながら、あらゆる部分においてそれら本家(?)に勝るとも劣らないフレッシュな絵面・展開で魅せつける。そんなの楽しいに決まってる。

そんな中で、共働き夫婦の社会風刺も入れつつ、子供たちがそれぞれの年齢ごとに実にリアルで、自分も親の端くれとしては、苦々しいやら愛らしいやら。ジャック=ジャックの、あのなんでもありの最凶パワーなのに反則的に可愛いのなんなの。

エドナおばさん(ブラッド・バードが声優!)やフロゾン(Lジャク!)はじめ、脇役もみなキャラが立っていて素晴らしい。ヴィランも、単なる悪者ではなく、きちんと背景を描いていて(申し訳程度だったけど)さすが抜かりがない。

ピクサーなので、当然ながら表情や仕草などの細かい描写の秀逸さは言わずもがな。女の子がレストランで水を吹き出して、そのあと鼻水や涙が出ちゃうシーンなどは、笑えるしたまげる。なんたる。120分あっという間。
主要キャスト出揃った瞬間展開がよめてしまったけど、アクションシーンや劇伴は前作同様熱くてよかった
前作よりも思想が強い感じがして単純に楽しめなかったのは時代の流れか自分が年をとったからなのか...
ディズニー映画っぽくわかりやすかった。
ただ途中寝てしまったためよくわからなくなった。
わい

わいの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

まさかの一作目から時間を置かないで続くという流れにびっくりした
ママ、かっこいい
>|