インクレディブル・ファミリーの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

インクレディブル・ファミリー2018年製作の映画)

Incredibles 2

上映日:2018年08月01日

製作国:

上映時間:118分

4.0

あらすじ

「インクレディブル・ファミリー」に投稿された感想・評価

みお

みおの感想・評価

5.0
ジャックジャックが好きすぎる!!
varizo

varizoの感想・評価

4.6
安定感
Mayu

Mayuの感想・評価

3.5
X-MENのアニメ映画みたいな感じ!
超能力をもったヒーロー家族の話。
ママが今作では主人公感たっぷし。パパの影弱め。
ジャックジャックは一人で映画作れるくらいの未知のパワーをもった存在。
今作の敵はスクリーンを通して洗脳するやつ。現代のスマホ中毒を風刺してるかの様。
前作の方がファミリーの一体感あって好きだったかなー。面白いのは面白いんだけどね。
DUNE

DUNEの感想・評価

4.4
1と負けず劣らずの傑作。

特にアクションに関しては各キャラクターの個性を活かした前作以上の仕上がり。

アメコミヒーロー的でありながら、それらメディアへの批評性に満ちてる辺りがいかにもブラッドバードぽいね。

なんか最後色々有耶無耶になってない?
凪

凪の感想・評価

3.8
ピクサー版アメコミ風ヒーローファミリーの続編。今回は女性が大活躍!
ということでイラスティガールを主軸にヒーローの法律化に向け物語が進行していきます。

父親は出稼ぎに母親は家庭にという一般的なあり方が変わってきている現代社会に適応するように、この作品では母親がヒーロー、父親が子育てを担当。
イラスティガールのヒーロー活動も見所たくさんでかっこいいんですが、子育てに奮闘するインクレディブルはもっとかっこいい!ボロボロになりながらもいい父親、いい旦那であろうとする姿にキュンとしました。
ヴァイオレットちゃんから「最高のパパ」と評された時は泣けましたね。言われた本人寝落ちしてたけど

「ヒーローが存在するから一般人は弱くなる」というのが敵の思想な訳ですが、ヒーローと密接に関係がある人以外はそうはならないかな。ヒーローがいようといまいと、一般人は自分の人生を他人に預けることなんて出来ないのが現実で、ヒーローは憧憬でしかない。自分もヒーローのようであろうと励みにするくらいですよね。なので今回の敵には共感出来ませんでした。

アクション面ではイラスティガールのバイクで追走シーンが特によかった!あと赤ちゃんの能力の多彩さがスゴすぎる…この子成長して力をコントロール出来るようになったらどうなってしまうんでしょうか。ダークサイドに堕ちたら面白いかもとかタチの悪いこと考えましたが、ディズニーはそんなことしませんね。

前作より家族間の信頼関係が深まっていたり、各々精神的に成長しているのが良かったです。ワガママを言えばもうちょっと戦闘で男性陣の活躍も見たかったかな。
前作から14年ぶりの新作。
テクノロジー、ヒーローの利便性を享受する我々への警鐘を含めつつ、ベースは家族一致団結型ストーリーで安定の構成。映像も超きれい。
前作に劣らず、とても良かった◎
TRD

TRDの感想・評価

4.0
前作を観てからだいぶ経ったので、キャラもうろ覚えの状態で観賞。

しかし、オープニングまでに大体思い出した。
ピクサーのキャラ付けは流石。

アクションシーンは多めだが大部分がスクレイガール 。

スタイリッシュでスピーディーなアクションがかっこいいが、とてつもないスパイダーマン感に既視感(笑)

ストーリーもハラハラドキドキで面白いし、インクレディブルの(家事への)葛藤も新鮮で見ごたえあり。
ただ、タイトルのファミリー感は少なめかな。
1作目の方が家族で協力する内容だった。
レレレ

レレレの感想・評価

3.6
子育てしてる人にとっては「あーわかるわかる」というシーンが多くあった。現実的な家族のあれこれに焦点が当たってるので、1と比べると少しワクワク感が減ったというか、ドラマ感が強くなった。
ヒーローがいっぱい出てくるので、X-MEN的な楽しさもあり。
ジャックジャックは可愛すぎる笑
赤ちゃんまで覚醒して
皆それぞれ持ち前の能力で
敵を倒していく
家族の団結とか能力をもってるからこその悩みとか素敵な映画です!
y

yの感想・評価

4.2
劇場で見た。よくできた映画。
大人でも楽しい。
アメリカのアニメ制作力の抜きん出ていること!