Shuu

LION ライオン 25年目のただいまのShuuのレビュー・感想・評価

5.0
『英国王のスピーチ』などのプロデューサー、イアン・カニングが製作に名を連ねた実録ドラマ。幼少時にインドで迷子になり、オーストラリアで育った青年が Google Earth を頼りに自分の家を捜す姿を追う。メガホンを取るのは、ガース・デイヴィス。デヴ・パテル、ルーニー・マーラ、ニコール・キッドマンらが顔を揃える。

インドのスラム街。5歳のサルーは、兄と遊んでいる最中に停車していた電車内に潜り込んで眠ってしまい、そのまま遠くの見知らぬ地へと運ばれて迷子になる。やがて彼は、オーストラリアへ養子に出され、その後25年が経過する。ポッカリと人生に穴が空いているような感覚を抱いてきた彼は、それを埋めるためにも本当の自分の家を捜そうと決意。僅かな記憶を手掛かりに、Google Earth を駆使して捜索すると……… 。

サルーと兄との深い愛が鑑賞者の涙を誘うでしょう。『LION』の意味もエンドロールで知ることになります。まさかの実話だということと、今現在でも本当に多くの子供たちが迷子になっている現実に驚愕しました。サルーを養子に迎えたオーストラリアの家族が素晴らしすぎる。彼らの苦悩も描かれていますが、25年後のサルーの背中を押したのは間違いなく彼らです。そして、25年ぶりに本当の家族との再会(涙) サルーのお兄さんが、サルーが迷子になったその日に電車に轢かれて絶命したという衝撃の結末には心が痛くなりました。

そしてエンドロール寸前の "あのシーン" 。
サルーと兄が線路の上を歩くシーンに………(大号泣)