LION ライオン 25年目のただいまの作品情報・感想・評価

LION ライオン 25年目のただいま2015年製作の映画)

Lion

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「LION ライオン 25年目のただいま」に投稿された感想・評価

悠

悠の感想・評価

4.6
【僕は5歳で迷子になった
それから25年間、ずっと探している
僕の人生の失われたカケラを】

なんとなく展開は読めるし、ああ、いい話だなぁ、と観ていたけれど、不意にぽろぽろ泣けていて、終盤はエンドロールが終わるまでに止まらないくらいぼろぼろに泣いてしまった。初めてだった。家族とか、故郷とか、愛とか、出会ってきたもの、与えられてきたものを取り巻く感情の琴線に触れるような表情と言葉に溢れていたんだと思う。彼はGoogle earthでふたつの家族に辿り着けた。

あとルーニー・マーラにはいつも心を鷲掴みにされる。可愛い!

Lion
サルーを演じてる方たちのかわいさとかっこよさといったらもう、、。!!

すごくよかった、映像も綺麗だし、自分のツボにハマる映画だったみたい、最後のシーンとか、ほんと素敵。

8万人に衝撃を受けた、、
1人でも減りますように。
色々考えさせられる。
実話ってなるとほんまにすごい。

実親、里親両側からの深い愛がここまでもってきた。いやー、みんな見てほしい
きなこ

きなこの感想・評価

4.3
夫妻の価値観が素晴らしいな。
自分たちが子供を産むのでなく、貧しい子供や困っている子供たちを育てたほうがいいって思った、か。
eri

eriの感想・評価

4.2
記録
めるる

めるるの感想・評価

4.7
2019年鑑賞64作目。
泣ける、そしていろんなことを考えさせられる映画。
とりあえず鑑賞後に、インドの社会格差、インドの職業別年収、子供の失踪率、ストリートチルドレン、子供たちへの犯罪、男尊女卑の文化、ベンガル語とヒンドゥー語などインドの文化、社会問題について色々調べた。
これが実話だということが信じられないくらい。
母を訪ねて三千里の現代版さながら壮大なグーグルの旅、過去との対比が面白かった。ニコールキッドマンが母親役なのにだいぶあとから気がついた。
子どもたちの生まれながらにして過酷な運命と環境のなかをたくましく生き抜く姿にも心うたれる。
母の愛は深い。たとえ血の繋がりがなくても。
梨

梨の感想・評価

3.8
社会問題とかも含まれててすごく心にきた。
あとアースで探すのシンプルに果てしない作業だとおもった。
さとり

さとりの感想・評価

3.9
サルーかわいすぎ
>|