LION ライオン 25年目のただいまの作品情報・感想・評価 - 2ページ目

LION ライオン 25年目のただいま2015年製作の映画)

Lion

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「LION ライオン 25年目のただいま」に投稿された感想・評価

ryu

ryuの感想・評価

3.8
グドゥ…グドゥ…グドゥ…😭
"LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)
4.0
お国と設定から、なんとなく前半は『スラムドッグミリオネア』もしくは『それでも夜は明ける』っぽいなぁと思っていたが、より繊細に静か。後半の、言葉には出さないけど思い出が混じって自棄になったり傷ついたり切なかったり、というのがカットの演出でとても素晴らしく感じられてよき。
物語の主題的に最後再会できるのは予定されてるとわかっていても、対面のシーンでは感動した。"
純

純の感想・評価

4.1
とても良いご両親のところへ行けたことが、彼の幸運だった

この話は、感動の物語とみせて、実は社会問題がテーマになってるんじゃないかな

孤児院の劣悪な環境は、いまも続いているのだろうか
あの少女は、あの後、どうなったのだろう
ここ最近で久しぶりにめっちゃドンッて撃たれた感じの映画やったな。
本間の話って。同じ年頃の子供がいて、見てて辛かった。
サルーの近くにいる人、家族ですら想像する事しかできない辛さで、支えても支えれてるのかわからんくてきっと本人も分かってなくて、映画になってるし大体結末は予想しながらみるけども勿論本人は先のことは分からんし、それでも何ども何度も探してて、周りに頼りたくない感じもすごい出てた。小さい頃に住んでた街並みとか地図って案外覚えてるもので、でも今もその街がまだ存在してるのか分からへんし家族もいるかわからんのに、サルーはめちゃくちゃ運が強い。運が強くて、行動力がずば抜けてる。
ia

iaの感想・評価

4.0
二人の母の気持ちを思うとグッとくるものがありました。
Marina

Marinaの感想・評価

4.0
不運で強運。感動。
家族愛。俺は幸せだ。最後は泣いた
kayo

kayoの感想・評価

3.8
家族愛とインドの貧困層の映画。実話というのが驚き。