LION ライオン 25年目のただいまの作品情報・感想・評価

LION ライオン 25年目のただいま2015年製作の映画)

Lion

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

4.0

あらすじ

オーストラリアで幸せに暮らす青年サルー。しかし、彼には隠された驚愕の過去があった。インドで生まれた彼は5歳の時に迷子になり、以来、家族と生き別れたままオーストラリアへ養子にだされたのだ――。成人し、幸せな生活を送れば送るほど募る、インドの家族への想い。人生を取り戻し未来への一歩踏み出すため、そして母と兄に、あの日言えなかった〝ただいま″を伝えるため、彼はついに決意する。「家を探し出す――」と。手…

オーストラリアで幸せに暮らす青年サルー。しかし、彼には隠された驚愕の過去があった。インドで生まれた彼は5歳の時に迷子になり、以来、家族と生き別れたままオーストラリアへ養子にだされたのだ――。成人し、幸せな生活を送れば送るほど募る、インドの家族への想い。人生を取り戻し未来への一歩踏み出すため、そして母と兄に、あの日言えなかった〝ただいま″を伝えるため、彼はついに決意する。「家を探し出す――」と。手がかりはおぼろげな記憶と、Google Earth。1歩近づくごとに少しずつ蘇る記憶のカケラは、次第にこれまで見えなかった真実を浮かび上がらせていく。 大いなる「探し物」の果てに、彼が見つけたものとは――。

「LION ライオン 25年目のただいま」に投稿された感想・評価

ハウル

ハウルの感想・評価

4.2
テンポが良くて終始、雑念なく観れる。
ラストは涙が止まらない。
デヴ・パテルがかっこよすぎるし、子供時代のサルーもかわいすぎる。

壮絶な実話を、沢山の人が見やすいよう丁寧に作られてる。

良作。
かずー

かずーの感想・評価

3.4
仰天ニュースかなんかで先に紆余曲折を全部知ってしまっていたけど、丁寧に、でもドラマティック過剰にもならず描かれててよかった
ニコールキッドマンがよい!
Google Earthってスゴイ❗️
でも目印の給水塔を見つけるまでに5年も掛かったって、インドはほんとに広いなー。
インドの子供を取り巻く現実が沢山出てきて、最初の小さな子供の所は観ているのが辛かったです。

「スラムドッグ・ミリオネア」また観よ〜っと。
Mami

Mamiの感想・評価

3.9

このレビューはネタバレを含みます

スラムドック&ミリオネアもそうだったがインド社会の格差、子供の貧困、悲しみがこみあげる。
貧しくも母親や兄に愛され懸命に生きる主人公のちょっとした行動が原因で、その家族の絆が断たれてしまう。
トラウマを抱えた白人の義母ら優しい両親に育てられ、何万もの子供が生き延びられない現実を考えると幸運ではあった。、
でもやはり生まれ育った故郷、母や兄への想いは捨て去ることはできないのだろう。
その苦しみ、義母に自分は真っ白な状態にであなたの子供になったのではない、と語るシーンは双方の辛さを感じさせる。本当の家族と暮らせる幸せを思った。
まめ

まめの感想・評価

3.8
は!スラムドッグミリオネアの!ってなる映画
yuji

yujiの感想・評価

3.8
人の運命は意志通りには決まらない。
突然訪れる幸せや不幸もある。
自分の持つ個性が周囲からの愛情や助けをもたらす事もある。
逆に憎しみや裏切りを生む事もある。
また自分の行いが人の運命にも影響を与える事もある。
それらを受け入れる力が生きる力。
前半の幼少期パートが只々辛かった。

「迷子って、そんなに見つからないものなのか?」

映画を見る前の謎だったが、観ていて解けていった。

インドという国の特徴、養父母の様な人達の存在。また新しい世界を垣間見た。

成長し、インドにいる家族を想い、苦悩するサルー。時々フラッシュバックのように映し出される幼少期の自分や兄、母の様子が、苦悩するサルーの心情が現れていて苦しい。

他国の、色んな事情を抱えた子供を養子として迎える過酷さも描かれており、サルーの家に帰り着くお話だけでない深みがあった。

ラストに登場するご本人達の映像と、写真の数々が印象深く、人の人生ってわからないものだなとしみじみ思った。
eichan

eichanの感想・評価

3.0
マーラちゃんが出てる。
ドラゴンタトゥーの女のときと全然違って良い。
最近黒人男性もいいな、と思ってきてる。
kouhei

kouheiの感想・評価

3.9
映像きれい
>|