LION ライオン 25年目のただいまの作品情報・感想・評価

LION ライオン 25年目のただいま2015年製作の映画)

Lion

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

4.0

あらすじ

オーストラリアで幸せに暮らす青年サルー。しかし、彼には隠された驚愕の過去があった。インドで生まれた彼は5歳の時に迷子になり、以来、家族と生き別れたままオーストラリアへ養子にだされたのだ――。成人し、幸せな生活を送れば送るほど募る、インドの家族への想い。人生を取り戻し未来への一歩踏み出すため、そして母と兄に、あの日言えなかった〝ただいま″を伝えるため、彼はついに決意する。「家を探し出す――」と。手…

オーストラリアで幸せに暮らす青年サルー。しかし、彼には隠された驚愕の過去があった。インドで生まれた彼は5歳の時に迷子になり、以来、家族と生き別れたままオーストラリアへ養子にだされたのだ――。成人し、幸せな生活を送れば送るほど募る、インドの家族への想い。人生を取り戻し未来への一歩踏み出すため、そして母と兄に、あの日言えなかった〝ただいま″を伝えるため、彼はついに決意する。「家を探し出す――」と。手がかりはおぼろげな記憶と、Google Earth。1歩近づくごとに少しずつ蘇る記憶のカケラは、次第にこれまで見えなかった真実を浮かび上がらせていく。 大いなる「探し物」の果てに、彼が見つけたものとは――。

「LION ライオン 25年目のただいま」に投稿された感想・評価

linaa

linaaの感想・評価

3.5
迷子 という言葉の重みの違い。
ayumi

ayumiの感想・評価

4.8
エンドロールの2人の母親の実際の対面シーンで涙腺崩壊した。2時間で描くには長すぎる、大きすぎる物語。原作も読んでみたい。他にも書いてる方がたくさんいるけど、タイトルの意味がわかった時に一気に深みが増す映画だった。

『マリゴールド・ホテル』の印象が強かったので、デヴ・パテルがこんなに色っぽい俳優さんだとは思わなかった。これからの彼の作品を見続けたいと思った。

これを観た人には、石井光太さんの『物乞うブッダ』も読んでほしいなと思う。
umuumu

umuumuの感想・評価

5.0
記録用
S

Sの感想・評価

3.9
2018.05 wowow

実話だったとは!
毎年8万人もの子どもが行方不明に
なってるインド…
最後にタイトルの意味が知れた。
m

mの感想・評価

4.1
はーつらかった。
最初から最後までつらかった。
まじGoogle earthは神。
そして母は本当に強く優しい。
本当に。
chita

chitaの感想・評価

3.8
とにかく子役が可愛い
YusukeImai

YusukeImaiの感想・評価

3.8
家族とアイデンティティと
インドとタスマニアと
Seiji

Seijiの感想・評価

4.2
インドで小さい頃におやとはぐれて、オーストラリアいってまたインドに戻るはなし、泣きまくり
M

Mの感想・評価

-
実話なんだもんなぁ〜。。。
何不自由ない生活にヘドが出る、そんな風に感じちゃうのか
でもきっとサルーはラッキーだったと思う。良い両親に出会えて。
そしてママに再会できて。

サルー子役が亮ちゃんに似てる(笑)
RIKAO

RIKAOの感想・評価

4.0
インドで迷子になって
1人になってしまったサルー
無関心な警察や人身売買の悪者
避難所の学校ですら
劣悪な環境

たまたま善人の夫婦に
引き取られ何不自由無い暮らし
しかしサルーは
インドに残してきた家族の事を
忘れなかった

家族への愛が深い
養父母に愛情を注がれて育ったから
残してきた家族への愛も深い
ニコール・キッドマンの演技
素晴らしかった
サルーの子供時代胸えぐられた

Googleが無かったら
探せなかったし…
すごいなぁ

エンドロールもとてもジンときた
LIONというタイトルの意味も
なるほど
>|