LION ライオン 25年目のただいまの作品情報・感想・評価

LION ライオン 25年目のただいま2015年製作の映画)

Lion

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:119分

4.0

あらすじ

オーストラリアで幸せに暮らす青年サルー。しかし、彼には隠された驚愕の過去があった。インドで生まれた彼は5歳の時に迷子になり、以来、家族と生き別れたままオーストラリアへ養子にだされたのだ――。成人し、幸せな生活を送れば送るほど募る、インドの家族への想い。人生を取り戻し未来への一歩踏み出すため、そして母と兄に、あの日言えなかった〝ただいま″を伝えるため、彼はついに決意する。「家を探し出す――」と。手…

オーストラリアで幸せに暮らす青年サルー。しかし、彼には隠された驚愕の過去があった。インドで生まれた彼は5歳の時に迷子になり、以来、家族と生き別れたままオーストラリアへ養子にだされたのだ――。成人し、幸せな生活を送れば送るほど募る、インドの家族への想い。人生を取り戻し未来への一歩踏み出すため、そして母と兄に、あの日言えなかった〝ただいま″を伝えるため、彼はついに決意する。「家を探し出す――」と。手がかりはおぼろげな記憶と、Google Earth。1歩近づくごとに少しずつ蘇る記憶のカケラは、次第にこれまで見えなかった真実を浮かび上がらせていく。 大いなる「探し物」の果てに、彼が見つけたものとは――。

「LION ライオン 25年目のただいま」に投稿された感想・評価

esose

esoseの感想・評価

3.8
時々現れるお兄ちゃんの姿が切ない。最後の本人シーンとか、見えてくる本当の話に鳥肌たった。びっくりする。
ればこ

ればこの感想・評価

3.5
迷子になっていくその環境があまりに日本とかけ離れ過ぎていて感情移入さえできませんでした。あれが現実だったなんてインドおいっ!インド!


映画の最後には本人登場シーンがあったのですが、それを観たせいか私の中では良くも悪くもドキュメンタリー感が強まっちゃって、なんだか『世界仰天ニュース』のスペシャルを観たような気持ちになりました。

…そう考えると『世界仰天ニュース』ってすごいね!
マサト

マサトの感想・評価

3.9
感動した。実話なんだと思うと再会のシーンは涙止まらなかった。
また、映画タイトルであるLIONの意味も最後に分かる。
ItsTTT

ItsTTTの感想・評価

3.9
エンドロールの実際の3人の抱擁にジーンとくる。不遇にも故郷から遠く遠くはぐれてしまったけど、サルーには温かい関わりに恵まれていたと思う。待ち続けた母、立派に育てた里親、支えた彼女。
特に、収容所のような治安の悪い孤児院に入れられたサルーを里親と結びつけた女性の貢献が大きく運命を付けた気がする。おそらく新聞の記事になったことも早く見つかった一因なのかもしれない。

余談。自分は、知らないどこかに行くにもスマートフォンがなければ苦労する。Googleマップに時刻表などに頼りっきり。技術が進歩したこの時代で良かった。
面白かった
あや

あやの感想・評価

3.5
たぶんインドの歴史をもっと覚えていたらもっと面白かったと思う
今年一番泣いた映画(T-T)
素敵過ぎる実話。

諦めないで、探しきったからこそ奇跡は起きた!!!
eiga

eigaの感想・評価

4.0
映画を見た時は、施設の子を育てるのは自分は絶対無理だな〜〜と思っていたけど
時間が経ってからそういう選択もありかなと思ってきた
日本で生活していることが恵まれているということに気づかされる。
実話ということにも驚いたし、毎年8万人もの子供たちがインドで行方不明になっているなんて日本では考えられない。

Google earthという優れた技術とインドの貧困の現実のギャップがすごい。
家族の絆の強さ。
8万人の浮浪児。
グーグルアースの有用性。
>|