LION ライオン 25年目のただいまの作品情報・感想・評価

LION ライオン 25年目のただいま2015年製作の映画)

Lion

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「LION ライオン 25年目のただいま」に投稿された感想・評価

17co

17coの感想・評価

4.0

子供時代の感の良さ、決断力、何十年たとうとも忘れない家族への想い、どれが欠けても成しえないんだろな。

兄の優しい表情を想うと、悲しい結末。

社会の厳しさと共に、周りの人間の愛を再発見したくなる映画
距離軸、時間軸共に壮大な自分探し。
貧しいインドの辺境から行方をくらました少年が奇跡的に生まれ故郷に戻り、産みの母親に再会する迄の実話ベースのシリアスもの。終始静かで丹念に進みエンドロールのスライド挿入もリアリティを添えてくれる。
養子縁組で何不自由なく25年もの歳月を過ごしていながらも違和感が拭いされず、そのパンドラの箱を開く時、囚われていた過去の思い出たちをそっと解放してくれる。

日本では想像出来ない景色が世界中には広がっているんだなぁ。
e28

e28の感想・評価

-
サムネを見て勝手に芝生を犬が駆けるような🐕ほっこりムービーかと思ったら全然違った
トーイ

トーイの感想・評価

4.5
5歳のときにインドで迷子になったサルー、養子として迎えられオーストラリアで育ち、Google Earthで故郷を探す感動の実話。

楽しいストーリーではなく、悲しいところもあるが、育ててくれた家族の愛情には心が温まります。

ラストで、母親と再会するも・・・ハッピーエンドと言っていいのかわからないけど、素晴らしい作品。
前半のインドの子供たちのシーンが過酷すぎてすごく悲しくなった、、、サルーめっちゃ可愛い
本当に奇跡みたいな実話ってあるんだなぁと
サルー悪い人に捕まえられたりするんかと思ったら、なんと海を越えて!
こういう子がたくさんいるなんて。
日本で迷子になっても言葉は1つだからいいけど、同じ国でも言葉が通じないなんて〜
おこめ

おこめの感想・評価

3.9
"事実は小説よりも奇なり"

物語を通してそこまで脚色をしていなくて、凄くシンプルにストーリーが進む。
主人公サルーの葛藤や育ての親たちの想い、学友のみんなのアドバイスや助け。全てがシンプルなんだけど、実話という点だけで感慨深い作品。

正直、母親との再会を果たすシーンでそこまでめちゃくちゃ感動!!とはならなかったんだけど(ストーリーの起伏の無さや故郷を見つける演出にこだわりがない為)、エンドクレジット前に流れる実際の写真と映像で号泣。。

序盤の20分で主人公を取り巻く環境や、一人ぼっちになってしまう契機事件の提示のスマートさは映画的にとても素晴らしい作りだと思った。
きさと

きさとの感想・評価

4.0
エンディングの文字入れのとこめちゃくちゃかっこいい
人があったかい作品
Eri

Eriの感想・評価

3.8
なぜLionというタイトルなのかのバラし方、天才すぎでしょ。泣くわ。ずっと泣いてたわ。

実話なだけあってインドの現状にも迷子にも胸が痛む。
素敵な家庭に引き取られたけど、劇中の寒色の多さがなんだか物悲しさを誘う。『スラムドッグミリオネア』みたいに突然踊りだしてくれるなよ…!と思いながら見てたけど制作がアメリカなので心配無用であった。
>|