LION ライオン 25年目のただいまの作品情報・感想・評価

LION ライオン 25年目のただいま2015年製作の映画)

Lion

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

4.0

あらすじ

オーストラリアで幸せに暮らす青年サルー。しかし、彼には隠された驚愕の過去があった。インドで生まれた彼は5歳の時に迷子になり、以来、家族と生き別れたままオーストラリアへ養子にだされたのだ――。成人し、幸せな生活を送れば送るほど募る、インドの家族への想い。人生を取り戻し未来への一歩踏み出すため、そして母と兄に、あの日言えなかった〝ただいま″を伝えるため、彼はついに決意する。「家を探し出す――」と。手…

オーストラリアで幸せに暮らす青年サルー。しかし、彼には隠された驚愕の過去があった。インドで生まれた彼は5歳の時に迷子になり、以来、家族と生き別れたままオーストラリアへ養子にだされたのだ――。成人し、幸せな生活を送れば送るほど募る、インドの家族への想い。人生を取り戻し未来への一歩踏み出すため、そして母と兄に、あの日言えなかった〝ただいま″を伝えるため、彼はついに決意する。「家を探し出す――」と。手がかりはおぼろげな記憶と、Google Earth。1歩近づくごとに少しずつ蘇る記憶のカケラは、次第にこれまで見えなかった真実を浮かび上がらせていく。 大いなる「探し物」の果てに、彼が見つけたものとは――。

「LION ライオン 25年目のただいま」に投稿された感想・評価

Shelby

Shelbyの感想・評価

4.2
いやぁ、凄いな…。
25年は長いし、インドは広いなぁ。
あと、小さいサルーが可愛すぎて。お兄ちゃん可哀想だな…現実って厳しい…(T-T)
サルーはいい家族に育てられて本当に良かったけど、そうはいかない子供達がたくさんいると思うと悲しい。
最後にタイトルの意味を知って震えた。
Chiako

Chiakoの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

これが実話は鳥肌。

てかこの人スラムドッグミリオネアの人だよね?髪の毛が超絶邪魔そうだと思った(笑)

インド帰った時に英語しか喋ってないのはヒンディー語忘れたってこと?お母さんにも英語で喋るん?!
Tsuyo

Tsuyoの感想・評価

4.5
本当に奇跡の物語。
そして、奇跡だけど、人の優しさがあったからこそ。
観終わったあとに調べたけど、多少違うところはあるけど、ほとんど一緒らしく…本当に凄いなと。。

あと、全体的にセリフが少ないって感じたんだけど、それでも退屈さを感じることもなく、最初から最後まで楽しめた。
タイトルの伏線もなるほどねって感じだった。
素晴らしい。

そして、エンドロールの曲がまたいいね。
歌詞も良くて、エンドロールで泣いた。
そんで最後の実際の写真とか映像ね。
ORImi

ORImiの感想・評価

4.1
これが実話なんて衝撃的だった

小さいながら日々不安を抱えて生活している子供がたくさんいることが信じられない。

映画自体、余計な説明もなくとても見やすかった。しっかり内容に集中することができた。子役の子の演技力すごい、切なさがじんじんに伝わってくる
ミキ

ミキの感想・評価

4.0
これ実話かあ〜自分がこの立場だったらと思うと怖くてたまんない けどお母さんの言葉にめっちゃ泣かされた 身近に養子の友達がいたことで重ねて見てしまったけど養子をもらうってことは並大抵のことじゃないな すごいよ
最後の映像でまたグッとくる
ライオンの意味

題名だけでは全く意味がわからなかったけど最後に謎が解ける。

インドは行ったことがないからイメージ出来なかったけど貧困層からくる人身売買等の闇が垣間見れましたね。
satoe

satoeの感想・評価

4.6
初めは痛々しくて観ていられないが心温まる実話
過去に観た映画で、まだ感想を書いていないものの棚卸しです。

かなり面白かった。

子役が良い映画に、駄作無し。(たいした格言でもないけど。)

まあ、タイトルが「25年目のただいま」ことでネタバレしてますが、それでも感動出来ます。

良いところに貰われて良かったね。
でも、お兄ちゃんは、かわいそう。
インドには、もっと悲惨なことが一杯あって、サルーはその中でもかなり恵まれてたってことなんでしょうね。
色々と考えさせられて1本でした。

2017年に劇場で観た映画の中で22位(78本中)です。

(2017/4/22 シネプレックス小倉 2D 字幕)

このレビューはネタバレを含みます

この作品のレビューにはそぐわないかもしれない…

この世界には怪物がいる。

欲や罪を溜め込んで、肥大化した大喰らい。
彼は胃下垂気味らしく、食べても食べても満足できない。いつも口をモグモグさせて食べ物がないかを探してる。

大人でも子供でも関係なく平らげようとする。

ねえ、怪物さん…
人の不幸はそんなに美味しい?

汚らしく口に運ばれる食べ物。
その口から零れ落ちたひと欠片。

よかったね…食べられなくて。
こっち側なら安全だよ。

なんてね…

…他人事みたいに書けば判る。

その怪物が私たちだ。

喰い散らかして、好き放題。
そのうち食べるものがなくなったら…
自分を食べて自滅するに違いない。

綺麗にトッピングされた毒入りケーキ。
ほら、美味しそうでしょう?

さぁ、どうぞ…お好きなだけ召し上がれ♪

これじゃ悪い魔女みたい…(苦笑)

素直に感動しとけばいいのに…
あー、歪んでんなぁ、私って。

素晴らしく奇跡的な実話の向こう側に、醜く笑う怪物の姿を見て…危うくアポトーシスしそうになっちゃったよ。

強慾と罪過に浸ってしまえば…
きっと楽になれるんだろうね。

って、もう塗れてんのか…(*´-`)
浅漬けぐらいを希望したいトコだね(謎)

私の脳ミソが腐ってるだけか…😵

作品そのものをディスる気はありません。
素敵なストーリー。でも、個人的な問題でスコアレスにさせていただきます😅

腐った脳ミソの代わりにお豆腐でも入れたら治るかな…あ、お豆腐も腐ってるや(手遅れw)
>|