LION ライオン 25年目のただいまの作品情報・感想・評価

LION ライオン 25年目のただいま2015年製作の映画)

Lion

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「LION ライオン 25年目のただいま」に投稿された感想・評価

せ

せの感想・評価

4.0
これが実話ってすごいな
2018.12.14…(108)

このレビューはネタバレを含みます

1回目は一人で観て里親の気持ちと実母の気持ちに打たれたけど泣きはしなかった。
2回目は弟がいる人と一緒に観た。涙が出て出て止まらなかった。
よん

よんの感想・評価

4.1
実話と知ってびっくり。
毎年いなくなってる子供は、大人のお金儲けに使われてるのか。
ラッキーだったサルー。
汝の隣人を愛せよ
愛情深い両親
こんなに深い愛情があるのですね。
ジーナ

ジーナの感想・評価

3.5
サルー役の子役の可愛さも相まって、ただ悲しいだけの作品になっておらず、
絶望感の中にも希望があるのがいいですね。
実話という事ですが、僕らの想像以上の不安があったことでしょう・・・。
何故、タイトルがLIONなのか意味が分かると一頻り感動します。

実話なので仕方ない面もありますが、少し腑に落ちないところもあったのでこの評価。
でも、十分に楽しめる映画です。
ルーニーファンの僕には彼女の笑顔が見れて幸せ。


―私は諦めない―


兄の深夜の仕事を手伝いたいと
駄々をこねた
5歳のインド人の少年ドグゥー



しかし駅に着き
仕事を探してくるから
そこで待ってろと兄から言われたにも
関わらず 関係のない電車に勝手に
乗り、どこかも分からない所に
たどり着く



奴隷商人に売られそうになったり
廃れてた孤児院にたどりついたり
翻弄されたドグゥーだったが
運良くオーストラリアに住む
優しい夫婦に引き取られる




時は立ち
ドグゥーは大人になり
インドの実の家族を探すことを決意




みたいなストーリーでした




兄の仕事に付いていきたいと言ったのは
家族のためだったのか
自分の好奇心からだったのか
ムダに気になった




パッケージまじまじ
見なかったもので
ストーリーとキャストが
想像とは違ったのですが
とても感動しました
Googleマップ 神
mika

mikaの感想・評価

4.5
良かったーー
mif

mifの感想・評価

4.3
結論から言ってしまえば、ラストものすごく感動しました。

こう言ってしまうとありきたりな感動映画のように感じてしまうかもしれないのですが、今まで見た感動映画とは少し違う種類の感心に近い感動というか、、

とにかく見て欲しいです 笑
なほ

なほの感想・評価

4.3
題名の意味が気になって見てたけど最後に持ってくるのね、実話ベースと知って驚いた。
つくられた物語のようで、たどるほどに蘇る記憶と愛し愛されていた家族のこと
もう迷子になったところから胸が苦しくて、飢餓や子供の人身売買、考えさせられた。
Google Earthでやっとで見つけられた時から涙が止まらなくてエンドロールの写真にもまた泣いた。
こんな奇跡が起こるのか。
>|