LION ライオン 25年目のただいまの作品情報・感想・評価

LION ライオン 25年目のただいま2015年製作の映画)

Lion

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「LION ライオン 25年目のただいま」に投稿された感想・評価

さな

さなの感想・評価

4.0
感動する
インドの子供はほんと天使みたいに可愛い
Amon

Amonの感想・評価

3.8
ニコールキッドマン演じたスーママ😭
最後の実写エンディングでもとても優しそうな人ですね...
b

bの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

子役の演技がすごく胸に突き刺さる、あの視線とか本当にダメで涙が止まらなかった。
成長して本当は故郷に心残りがあって今の生活を送ってることが苦しいと言ったサルーはなかなか彼女にもいうのにも苦しかったんだと思う。

最後のエンドロールに本人たちの映像が流れてきて涙が止まらなかったし、こんな実話があるのかなあと胸を打たれた作品。
迷子になったり貧困にあっている子供たちがいなくなりますように、映画館で見たかった、映画館で見れば支援にもなったのにと悔しさがでました
自宅にて鑑賞。涙が止まりません。現実にこんな事があるのかと。最後のLionでダム崩壊しましたね笑
幼いサルーの表情の作り方が上手すぎて、どうしようもなく切ない気持ちになりました。兄弟の絆っていうか、お互いが大好きなのがすご伝わってきて、お兄ちゃんのことは本当に辛すぎて言葉にできないです。
本当に素晴らしい映画だと思いました。
matsujo

matsujoの感想・評価

4.0
兄弟で仲良く遊ぶ回顧シーンの映像だけでも感動的。ストーリー分かるから最後のシーンまで待ち遠しい感はあったけど、良き映画でした。スイカのシーンびっくりした笑

このレビューはネタバレを含みます

実話に基づいた話、ずるいよねー

家族もの、弱いよねー

サブタイトルで見事なまでのネタバレを成し遂げている邦題

それなのに、おもしろかったし、泣けた

タイトル通りの結末になるんだけど、ところどころこちらの期待を乗り越えて来てくれる

特に養子をもらった理由には、吹き飛ばされそうになった

そして兄の死

「海のように深い幸せ」とか表現が好きすぎる

ヒンディー語?の音とか響きとか表現は心の深いとこまで届く感じがする

最後の最後の線路のシーンめっちゃいい。そして半端なく切なかった
ウチの次男と観賞。次男いわく、「全弟が泣ける❗️」との事。ボクは親の目線で見てたけど、これまたラストで号泣。ふたりし映画終わってからもて5分位泣いてました。ただ、少しだれる部分があったのも事実です。
何となく『スラムドッグ・ミリオネア』的な映画だなぁと思いながら観ていて、最後はGoogle Earthさまさまみたいな展開になっていくのが残念。Googleが製作費出してないかとか、かんぐってしまう。

ニコール・キッドマン演じる育ての母が、自身のトラウマから見た幻影が不思議。実話だということだから、そこのところをもっと突っ込んで考えたくなる。単純に感動することもできるが、実は、この育ての母が引き起こした現象と考えることもできなくはない。

ちなみに、サルーの子供時代がめちゃくちゃ可愛いすぎて、大人になったサルーに幻滅してしまい、途中からつまらなくなってしまった。

とは言え、いい映画でした。
自分の歴史の始まりってかなり大事なんだなと

感動するハートフルストーリーかと思ってたから、かなり見てて苦しいところが多かった
村の名前すらちゃんと言えない子供が遠く遠く母と兄と離れて、大人だからこそ家族の絶望まで想像して胸が痛くなる
>|