LION ライオン 25年目のただいまの作品情報・感想・評価

LION ライオン 25年目のただいま2015年製作の映画)

Lion

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「LION ライオン 25年目のただいま」に投稿された感想・評価

無駄な描写がなくて良かった。
あの時代のインドで迷子って…
25年で次代が変わったからこその奇跡。
ただ子供を産むだけじゃ世界はよくならないわ
不運なこどもを助けたいと思ったの


明らかに助演賞は、ニコールキッドマンだよね。
サルーの人生と、育ての母の世界観が、さーっと映画を描くから、淡々と進むのに目が離せない。

壮大なドキュメンタリー。

毎年八万人いるという行方不明になるインドの子供達。その一人一人に一つ一つのドラマがある。本当は、毎年八万作の映画ができるはず。死と隣り合わせで、人の欲と悪意と隣り合わせで、家族や友人との関係を失い、生きていく。

人生って怖くも美しい。
もな

もなの感想・評価

3.8
人口爆発や若年化が世界トレンドであるが、派生してインドでは年間8万人の子供が行方不明だと言う。児童労働、ストリートチルドレンや施設の過酷さの描写も製作側の問題意識が伝わってくる。
日本に住む自分は生活してて感覚的にはそういう危機は感じにくいが、そういう意味ではトレンドに逆行した世界で生きているなあと改めて思った。

Google Earthで捜索する演出に期待してただけあってそこは少し弱かった印象。あとキャスティングした人はルーニー・マーラが好きなんだろうな。

ただ、オーストラリアの両親は本当に立派な考えを持っていて、慈愛深く息子たちに葛藤する眩しいほど素晴らしい人たちだった。社会問題を自分ごととして考えられる感覚、果たして今の自分にどれくらいあるのか考えさせられた。
Kazuki

Kazukiの感想・評価

3.9
現実に起きていることだと思うと心が痛くなります。
きゃと

きゃとの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます

苦しいけどたくましくて、無事でいてって、頑張れって、どうか辿り着いてって、応援するように観た。あと、邦題が最高にネタバレしててちょっと笑った。
ハラハラドキドキしてしまう。

しかも、実話だというんだから。

このレビューはネタバレを含みます

迷子
運命

世界は人であふれている
不運な子供を助けることに意味はある
それで苦しむことに
shohei

shoheiの感想・評価

4.2
最後の最後で本当に痺れた。
mommo

mommoの感想・評価

3.6
この前最初と最後だけ見逃したやつ〜〜!!!!
>|