LION ライオン 25年目のただいまの作品情報・感想・評価

LION ライオン 25年目のただいま2015年製作の映画)

Lion

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「LION ライオン 25年目のただいま」に投稿された感想・評価

小小野

小小野の感想・評価

4.5
弟いるからかなり泣いた
幼少期の描写全部泣く
Asano

Asanoの感想・評価

3.9
ニコール・キッドマン演じるオーストラリアの夫婦が偉い!
少しスラムドック$ミリオネアの雰囲気も感じましたが、さすがにインド映画じゃないので急に踊る事は無かったですね。
子役の子が反則的に良すぎます。
あらすじと題名読んでればそれ以上のものはない
ぐら

ぐらの感想・評価

3.4
過去は壮絶だけど重すぎず、前向きな内容。暗いテーマが苦手な人でも観られそう。
家族愛、無償の愛、恋愛、友情など色々な愛が描かれている。
m

mの感想・評価

3.8
血の繋がりの超えた愛に溢れた映画
Akina

Akinaの感想・評価

-
#amazon prime
ふ

ふの感想・評価

3.5
サニー・パワールがすごい良かった、可愛い。そしてルーニーが可愛い。普通の役だけどやっぱり最高だと思った。
作品自体は明るめに描かれてて観やすい。時間の使い方がゆっくりめで作品にあってた。
ただ全体的な作風が好みではない。

観るべき映画だしかなり観やすいから是非観て欲しい。
琉太

琉太の感想・評価

4.5

最初の蝶々に囲まれてるシーンが幻想的で印象に残った
前半は幼少時代を淡々と貧困の厳しさを説明する様に続く
サルーの子役は可愛かったのに青年役の人は清潔感無くて感情移入が出来なくて残念
不運な子供達を救うために子供を産まずに養子を迎い入れる夫婦の高尚さが凄い
クリケットしているのはオーストラリアぽいなと思った
母親と妹との25年振りの再開、リアルの育ての親と産みの親の抱き合うシーンで胸を打たれた
ラストでLIONの意味がようやく分かった
>|