LION ライオン 25年目のただいまの作品情報・感想・評価 - 3ページ目

LION ライオン 25年目のただいま2015年製作の映画)

Lion

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「LION ライオン 25年目のただいま」に投稿された感想・評価

わがお

わがおの感想・評価

3.2
取り急ぎ投稿します。
インドで迷子になった5歳の少年が、25年後にGoogle Earthで故郷を探し出したという実話を基にした作品。インドの村、貧しいながらも愛する家族の元で暮らす5歳のサルー。ある日誤って回送電車に乗り込み故郷を遠く離れ迷子になってしまう。

インドで迷子になり子どものサルーがどう生き延びたかが半分くらい描かれ、その後大人になったサルーが描かれます。子どもの頃のシーンは胸が張り裂けるような想いがしました。

泣ける作品ということで観たのですが、泣くことはありませんでした。かなり考えさせられるテーマです。インドの現実が恐ろしく、また全然知らなかった自分を恥じる気持ちになります。

タイトルでネタバレしているし実話を基にしているのでそのまま書きますが、実の家族を探したいという辺りは感情移入が難しかったです。自分のルーツを知りたい気持ちは想像でき、色々憶測はできるのですが、何か大切な感情を掴めないまま進んでいくような気がしました。

観て損した気持ちにならないし、インドのことを知るためにいい映画でした。
非常に"良い"映画だった。

事実に基づいた系では1番好き。
こういう映画の在り方は凄い良いなと思った。

インドで年間8万人の子供が行方不明になるって驚愕やったなあ
更田

更田の感想・評価

-
セリフがあまり無く、主人公の葛藤を叙情的に描いた作品。義理のお母さんの信念の強さには心打たれたし、その信念によって結果実母との再会を果たすことができ、行方不明の子供たちの現状の認知が広まることとなった、つまり信念が果たされたので、この映画のもう一人の主人公はまさに義理のお母さんだろう。
どんな話なのか予習なしで見始めて、オープニングからすごい好きだと思った。ほとんど奇跡のような....でも奇跡を起こすために直向きに。
freyja

freyjaの感想・評価

2.9
評価が高かったので観てみたけど、うーん。。。好きではなぃかな。
最初盛り上がったけどエンディングに向けてあとは段々と尻すぼみな形で下がっていった。
好きな人はすきなのかも
ninja

ninjaの感想・評価

4.0
世界のニュースみたいなので見てたから、結末はわかってても・・・感動。

ニコール・キッドマン演じるスーが言った言葉、「子供は持てたのよ、子供を産んで世界が良くなる?不幸な子供たちを助ける方が意義がある」

こんな考えの人が居たとは、本筋と違うがこの考えに感動しました。
Elie

Elieの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

迷子になるまでが予想より長くじっくり描かれていました。こんな旅路もあるのか、と思ってから、そういえば実話だった、とサルーの動物的な勘の鋭さや出会いの運の強さ、巡りの良さのドラマチックなことにびっくりします。

育ての親の懐の広さも素晴らしい。ニコ様の慈愛に満ちた眼差し。ふたりめの子に手がかかっても、お前のことも大切な子よ、忘れてやしないわ、とサルーのところにも来てあたたかく触れてやるのとか、すごくよかった。

実母が息子の帰りを信じて遠くへは越さなかったというのは、もしかしたらお兄さんがはぐれた直後に列車にはねられ亡くなってしまったから尚更強く信じたかったのかもしれないな。お兄さんがどれだけ必死に探したか、或いは茫然自失したか、というのを容易く想像できる……。

曲がいいですね。たしかレッスンで使ったことがあるはずなんだ……