LION ライオン 25年目のただいまの作品情報・感想・評価

LION ライオン 25年目のただいま2015年製作の映画)

Lion

上映日:2017年04月07日

製作国:

上映時間:119分

ジャンル:

4.0

あらすじ

「LION ライオン 25年目のただいま」に投稿された感想・評価

Hoshiduru

Hoshiduruの感想・評価

3.8
可能性の残酷さを知っている。自分で諦めようと思うまで、諦められない事の残酷さ。
凄まじかった。裏切られたな、と思ってしまった。製作陣はこれを見せたくて、あんな素敵な予告を打ち出したんだろう。

彼自身の物語として、人の温かさとか、アイデンティティの苦しみとか、そういった魅力もあるけれど、同時に、これがインドを語る大きな物語の一角を担っているだけに過ぎないという部分がとても恐ろしい。

彼は結局、勝ち残っていたのだと、終わりの感動よりも、その物語の布石の方が強く刻まれた。彼の一度の感動の裏で、何百人の涙があったのだろう。もう!苦しいよ!ちょっと精神的にきついから、心温まるじわーっと涙系を観たかったのに…もう!でも面白くてすごく好きです。

忘れてた!黒髪パーマ+ヒゲがどタイプなので、今回のパテルさん最高でした。
ももこ

ももこの感想・評価

4.8
最初の方で既に泣いたのに、最後もだめだった。奇跡だし、悲しいし、愛はすごい。幼少期サルーかわいい。
自分の人生を考え直させられる映画だった。
mo

moの感想・評価

4.8

このレビューはネタバレを含みます

普通に生きてきた私にはサルーの気持ちも、家族の気持ちも到底想像できるものじゃない。人には色々な人生の過程があって今があって、幸せの捉え方はそれぞれ違うけど、普通に生活できる今にもっと感謝しないといけないんだな、と。サルーの数々の出会いは奇跡だったわけで、救われない子供達がいるってことを知っておかないと。育ての親の考えは、素敵だけど簡単に思えることではなくて、驚いた。兄はきっとサルーを必死に探してたんだろうな、、と思うと心が痛い。
あー泣いた泣いた。良作。
fine

fineの感想・評価

4.8
素晴らしい。この言葉に尽きます。なんてすごい映画を作ったんでしょうか。しかもこれが実話であるのが本当にすごい。感動しました。
主人公の幼少期を演じる子役の子の演技が物凄く上手いです。
最後まで必ず見てください。鳥肌が立ちました。
個人的には淡々としている印象で、感情移入しづらかった。
実話というから、まぁすごいなーぐらい。
okaka

okakaの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

よくあの少ない記憶から自分の家を発見できたなと。実話を元にしているので派手な展開は無いけどそれでいいと思う。弟を行方不明にさせてしまった兄の後悔は半端なかったろうな。亡くなったのはサルーのこと探して…かな、と勝手に想像してしまう。自分たちの豊かな暮らしは当たり前ではないと改めて自戒した。自分たちの子を産まず、不運な子供を養子に迎えると決めたオーストラリアの両親の考えが素晴らしい。良い作品。

このレビューはネタバレを含みます

休日の朝からボロ泣きしてしまった。
カルカッタで大人に助けを求めても無視され続けてどういうこっちゃと思いましたが、ストリートチルドレンで溢れる街ではそういう光景が日常茶飯事なのか、、
そんな中で優しいお兄さんが声をかけてくれた事やオーストラリアの養父母と巡り会えた事だとか色々な奇跡が重なって生母にも再開する事が出来たんだろうなぁ。年間8万人の孤児がいるという事を知ると本当に奇跡中の奇跡だなあと思う。と同時に助からない子供の方が数え切れないほどいるんだという現実も突き付けられる。。
カルカッタでの過酷な体験を丁寧に描いてくれていたおかげで、オーストラリアで養父母に初めて会うシーンで既に私の目からは涙がボロボロでした。。最後の再会のシーンではその倍以上泣きましたが、グドゥはサルーを探し回って列車に跳ねられてしまったのかなとか色々考えるとまた涙が出る。
KiReiko

KiReikoの感想・評価

4.0
よかった!
実話なのが驚き〜〜
自分たちの子どもを産んで育てるよりも恵まれない環境にいる子どもたちを助けたほうが良いんじゃないかって思って子ども作れたのに養子とってその子をしっかり愛情持って育て上げた養父母すごくね
TKNK

TKNKの感想・評価

3.5
エッッッ

ルーニーマーラってあのドラゴンタトゥーのですか!?

してホアキンフェニックスの妻ですか!?

そして今の今までファイトクラブのマーラ役と姉妹だと勘違いしてたけどそれ役名やん!ヘレナボナム=カーターやんあの人は!

という観賞後の驚きはありつつ、
この話がむしろフィクションだったらツマンネーオチ見せやがってと思ってしまいそうな自分がいて、つまらない平凡な日々から如何に跳躍できるかを心底映画に求めているんだ私は、とはたと気付いて、なんとなく自己嫌悪です。

して、最後のシーンのどや顔でタイトルの本当の意味知らせるの、いる?笑
リアルにエッッッってなったわ。

子役かわいかったから3.5
Kana

Kanaの感想・評価

3.8
陽の当たらない世界をみていつも思う。
誰ひとり、取り残されない世界ってどんな世界なのか。そんな世界、私たちに作れるのか。

裕福な家庭に引き取られ、大学まで通って、素敵な恋人ができて。自分の人生が豊かになればなるほど、離れてしまった貧しい故郷のことを強く思う。
こんな生活をくれた育ての家族への思いと、1日たりとも忘れたことはない、母、兄、妹への思いの間での葛藤、、

劣悪な環境とはいえ孤児院に連れて行かれ、そこで里親に見つけられ、別の国で別の豊かな人生を送ってきたサルー。
だけど、同じ村の子どもたちは?駅で連れ去られた子どもたちは?年間8万人にも上る、行方不明の子どもたちは?
ジョンとスーのような生き方ができる人はきっとすごく少ない。私たちにできることってなにかあるんだろうか。

2019 No.34
>|