イット・フォローズ(2014年製作の映画)

It Follows

上映日:2016年01月08日

製作国:
  • アメリカ
  • / 上映時間:100分
    監督
    デヴィッド・ロバート・ミッチェル
    脚本
    デヴィッド・ロバート・ミッチェル
    キャスト
    マイカ・モンロー
    キーア・ギルクリスト
    ローレン・バス
    ジェイク・ウィアリー
    ダニエル・ゼヴァット
    リンダ・ボストン
    あらすじ
    19歳のジェイはある男と一夜をともにするが、その後男が豹変。縛り付けられたジェイは「それ」に殺される前に誰かにうつせ、と命令される。ゆっくりと歩いてくる「それ」はうつされたものにだけにだけ見える。「それ」はゆっくりと歩いて近づいてくる。「それ」は人にうつすことができる。「それ」はうつした相手が死んだら自分に戻ってくる。「それ」は他の人には見えない。そして、「それ」に捕まったら必ず死が待っている。果たしてジェイは、いつ、どこで現れるか分からない「それ」の恐怖から逃げきることができるのか。

    「イット・フォローズ」に投稿された感想・レビュー

    masayaan
    masayaanの感想・レビュー
    2016/07/11
    4.4
    何が追いかけてくる.....何かが。それをどう解釈するかにその人のいろいろなものが出そうだけど、解釈するかしないかが最初の分岐点でもある。何の解釈も下さずにワーキャー楽しめるポップコーン・ムービーでもあり、終わらぬ解釈論争で楽しめるスクリューボール・ムービーでもあるか。しかし、レビュー欄を眺めていると全体的に、意味や解釈を求めすぎな気もするなー。
    あやごん
    あやごんの感想・レビュー
    2時間
    2.9
    多分性病とかをモチーフにしてるのかな?と思いました。途中思わず笑っちゃうような表現のところがあり、そこが残念でした。
    とうふ
    とうふの感想・レビュー
    4時間
    -
    記録
    布団
    布団の感想・レビュー
    20時間
    3.0
    少し前に見てレビュー忘れして、内容が...( ºΔº ;)

    記憶を頼りにすると、
    私ならチャッチャと移しちゃえばいいのになんだコイツら。

    ゆっくり近づくなら、一定の距離毎日逃げれば良くない?

    と思いながら見てました(笑)

    あとは、やっぱりイケメンに行っちゃうよね。と思いつつ。怖いけどちょっとネタ的に好きになれなかったです。

    性的だからじゃなく、なんかもう少し設定作りこんで!的な感じの残念さでした。

    残念だけど、おもしろかったですよ!
    Shogo
    Shogoの感想・レビュー
    22時間
    3.9
    徐々に引き込む。映像や音楽のレベルも高くてチープさを感じない。ただ驚かせるわけじゃない。はっきりと写さず徐々に。近付いて来てるはずだけど、どのタイミングで来るかわからない、はっきりわからない、すぐに気付けない恐怖。カメラワーク凝ってるし、オリジナリティ溢れてて、新感覚というのは正しいと思う。
    fyk
    fykの感想・レビュー
    1日
    3.3
    ホラーの怖さというより
    スリラー?って感じだから
    怖さとしてはちょうどよかった。

    それ がどれなのかわからないから
    すごい探してるうちにのめりこめる。

    結局 それ は あれをしても
    解放されないっていう
    後にずっと続くいやらしい不気味さがあって
    終わり方とか内容の中の疑問点とか
    いろんな解釈の仕方ができて面白い。

    ちょうどいい怖さの映画でした。
    tk33220
    tk33220の感想・レビュー
    1日
    2.8
    ホラー映画の皮を被った青春映画だからか中盤以降恐怖を描こうとしないのが弱い。肝心の場面も固定カメラをズームさせ音楽を流し不安感を煽ったり、画面奥から人が歩いてくるのが繰り返されるのみ。それよりも撮りたかったのは境界か。
    Taka
    Takaの感想・レビュー
    1日
    3.2
    記録
    りょうか
    りょうかの感想・レビュー
    1日
    2.6

    このレビューはネタバレを含みます

    なんか設定曖昧。
    捕まったらどうなるか知りたかったし、飛行機で海外ににげたら解決??
    プールのシーンで家電並べまくったのはなぜ??🙄
    メガネの友達不憫すぎる。
    主人公可愛い。
    ヨッシー
    ヨッシーの感想・レビュー
    1日
    3.6
    童貞や処女のまま死んでいった者やまたは性病にかかって死んでしまった者等、とにかく性に関する恨みを持った霊体が無知な若者に制裁を加えていく異色ホラー。

    冒頭でヒューとかいうイケメンが「身近な人に乗り移る」と"それ"を説明していた割には、知らない人ばかりに追われまくる。面白いのは、視聴者側の視点で見ることにある。不気味な音楽が流れるなか、画面の奥から歩いていく怪しい人影。誰が"それ"かが分かりにくい構図で、主人公と同期したように不安を募ることができる。

    本作の特徴としては、奇抜な設定にある。男女同士(もしかしたら同性でもありかも)の性的行為を通しての感染というアイデアはかなり面白い。思春期の若者特有の性的関心が災いを呼ぶストーリーがかなり現実的でおぞましい。

    嫌なオープニングから始まり、嫌なエンディングで終わる。終始、不吉な雰囲気で繰り広げられる。

    『性行為を軽い気持ちでするな!常に誰かに見られていると思え!狙われていると思え!自分の体を大事にしろ!』

    思えば、冒頭で水着姿の主人公は近所の子供達に見られようとも笑顔で振る舞っていた。あの時から既に自分が見られており、自らが異性を惹き付けてしまい、最悪な事に、その異性から"それ"を惹き付けるようになってしまった。

    事後では済まされないことを伝えようとはせず、気に入らない若者は片っ端から殺していく"それ"。残念ながら"それ"自体の設定はうやむやで、無駄に難解にしているように見える。標的に姿だけでは悟られないようにするためにも完璧に人間の姿で終始行動するべきだったと思う。それに、ゾンビみたいなビジュアルにはもう飽きた。

    それに"それ"が出てくるまでの日常場面は特に見せ場もなく退屈。そこを重視してるわけではないのは解っていても、恐怖シーンへの話の運びはもう一工夫必要といったところ。

    クライマックスのあのシーンは、女性と性行為に関係するあれを皮肉ってるように見えたが、実は"それ"の行動パターンには何かしら性が絡んでいるのかもしれない。

    設定はかなり面白いのに、無理に話を難しくしてる印象が強い、どこか惜しい出来の性的ホラー作品。
    >|