イット・フォローズの作品情報・感想・評価

イット・フォローズ2014年製作の映画)

It Follows

上映日:2016年01月08日

製作国:

上映時間:100分

3.3

あらすじ

19歳のジェイはある男と一夜をともにするが、その後男が豹変。縛り付けられたジェイは「それ」に殺される前に誰かにうつせ、と命令される。ゆっくりと歩いてくる「それ」はうつされたものにだけにだけ見える。「それ」はゆっくりと歩いて近づいてくる。「それ」は人にうつすことができる。「それ」はうつした相手が死んだら自分に戻ってくる。「それ」は他の人には見えない。そして、「それ」に捕まったら必ず死が待っている。…

19歳のジェイはある男と一夜をともにするが、その後男が豹変。縛り付けられたジェイは「それ」に殺される前に誰かにうつせ、と命令される。ゆっくりと歩いてくる「それ」はうつされたものにだけにだけ見える。「それ」はゆっくりと歩いて近づいてくる。「それ」は人にうつすことができる。「それ」はうつした相手が死んだら自分に戻ってくる。「それ」は他の人には見えない。そして、「それ」に捕まったら必ず死が待っている。果たしてジェイは、いつ、どこで現れるか分からない「それ」の恐怖から逃げきることができるのか。

「イット・フォローズ」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

4.4
何が追いかけてくる.....何かが。それをどう解釈するかにその人のいろいろなものが出そうだけど、解釈するかしないかが最初の分岐点でもある。何の解釈も下さずにワーキャー楽しめるポップコーン・ムービーでもあり、終わらぬ解釈論争で楽しめるスクリューボール・ムービーでもあるか。しかし、レビュー欄を眺めていると全体的に、意味や解釈を求めすぎな気もするなー。
LALA

LALAの感想・評価

2.5
むずかった〜でもなんか深そう
chinatsu

chinatsuの感想・評価

2.5

TSUTAYAの洋画ホラー部門3位に置かれていたけど、個人的にはぜんぜん怖くなかった……
ビーチの小屋破られたあとのはちょっとビビったけど、ほんとそれぐらい。

結局「それ」がなんなのかよく分からんし、セックスでうつせるってなんやそれ!!

冒頭もよく分からん!!
ゆみこ

ゆみこの感想・評価

3.3
徒歩ってスピードは遅いけど、ものすごい恐怖感あるよね。
ジワジワと追いつめられる。精神的にも辛い。
誰かに移しても、その誰かが死んだらまた現れるんでしょ。おちおち安心して眠れない。
主人公のジェイも、一途にジェイを想うポールも可愛らしくて、ホラーなのに青春映画を観ているようだった。
じわじわ怖い系
音楽がよかった
生と性に関するメタファー的ホラー
幽霊が登場するたびに笑けちゃうんだけど、エッチしないと殺されるってどんな、みんな性病に気をつけないと
K

Kの感想・評価

2.1

このレビューはネタバレを含みます


海辺のシーンが印象的
設定が無茶だけど最後までヒヤヒヤした
結局itが何かわからずもやもや
見て考えろ系
こいけ

こいけの感想・評価

2.4
最初のババーンで笑う
序盤の車椅子のシーンは結構怖かった

このレビューはネタバレを含みます

 

自宅にて鑑賞。どこか懐かしさを感じる青春ホラー。スウェーデンの『ぼくのエリ 200歳の少女('08)』と何となく似た雰囲気とテイストを持つが、様々な作品へのオマージュが散見出来た。ピンクや赤系の色が不吉な前兆として使われている。R. ヴリーランドが三週間以内で書き上げたと云う音楽が効果的で佳かった。不気味な物語だが、よく考えると最終的に皆死んでしまえば終わってしまう上にそもそも無差別に拡散しないので、設定上もう一捻りあれば尚良かった。その意味で映像と空気感を愉しむホラーなのかもしれない。60/100点。

・嘗て“絶叫クイーン”と呼ばれたJ.L.カーティスから“ジェイ(ジェイミー)・ハイト”、その妹役“ケリー”もJ.L.カーティスの実妹の同名から名付けられた。冒頭のシーケンスで登場する“アニー”も『ハロウィン('78)』で、J.L.カーティス演じる“ローリー・ストロード”の友人“(N.キーズ演じる)アニー・ブラケット”に由来する。

・コンセプトや大まかなシノプスは、脚本も兼ねたD.R.ミッチェル監督自身が、ゆっくりと追い掛けて来る何者かに付き纏われると云う繰り返し何度も見た悪夢か元になっているらしい。亦、タイトルは最後にしか表示されない。
 
・2016年1月9日

 
mamii

mamiiの感想・評価

3.3

このレビューはネタバレを含みます

設定がシンプルでありながら発想は新しくて斬新。しかし、それ故に物足りないと感じる所も。ホラーとして期待しすぎない方がいい。

最初の男がクズすぎる!「それ」よりも恐るべきはこういう男か…そんな教訓を感じた笑

序盤は良かったけど途中からが退屈。焦らされすぎた。

不協和音みたいな耳につく、いかにもな音が印象的。
>|