masayaan

山河ノスタルジアのmasayaanのレビュー・感想・評価

山河ノスタルジア(2015年製作の映画)
3.0
いまだ衰えぬセンスを誇示することもなく、直近では『罪の手ざわり』を撮ったこの監督の作品、という鑑賞前の期待と、傑出したフィルモグラフィーの中での相対的な評価という意味では、いささか肩透かしを食らった感は否めない。移ろいゆく時間と、変形してゆくスクリーン・サイズの中で、変わらないものもきっとあるのだろうが、傑出した第3章を堪能するには、前振りとなる第1、第2章が弱い。都市生活や上流階級(成り上り)の人物、あるいはファミリー・メロドラマという他の作家ではありふれているはずのスタンダードな題材は、むしろこの監督には不向きなようだ。いかんせん、人物らが泣きすぎている。

http://cinemaguide.hatenablog.com/entry/mountains-may-depart

と、いうわけで、ブログにもレビューをアップ。