山河ノスタルジアの作品情報・感想・評価

山河ノスタルジア2015年製作の映画)

山河故人/Mountains May Depart

上映日:2016年04月23日

製作国:

上映時間:125分

3.7

あらすじ

1999年、山西省汾陽(フェンヤン)。小学校教師・タオは炭鉱で働くリャンと恋愛関係にあった。 だが、タオはリャンの友人の実業家ジンシェンからプロポーズを受け、結婚を承諾する。傷心のリャンは二度と戻らない覚悟を決めて故郷の街を離れていった。やがてタオは男の子を出産し、ジンシェンは息子を“ダラー”と名づける。 2014年。ジンシェンと離婚し、一人汾陽で暮らすタオ。タオの父親の葬儀に出席するため、…

1999年、山西省汾陽(フェンヤン)。小学校教師・タオは炭鉱で働くリャンと恋愛関係にあった。 だが、タオはリャンの友人の実業家ジンシェンからプロポーズを受け、結婚を承諾する。傷心のリャンは二度と戻らない覚悟を決めて故郷の街を離れていった。やがてタオは男の子を出産し、ジンシェンは息子を“ダラー”と名づける。 2014年。ジンシェンと離婚し、一人汾陽で暮らすタオ。タオの父親の葬儀に出席するため、数年ぶりにダラーが戻ってくる。隔たった母子の関係を取り戻そうとするタオは、ダラーがジンシェンと共にオーストラリアに移住することを知らされる。 2025年オーストラリア。19歳になったダラーは、長い寄宿舎生活のため、もはや中国語をほとんど話さなくなっている。そんな彼は、母親と同世代の中国語教師ミアと出会う……。

「山河ノスタルジア」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

3.0
いまだ衰えぬセンスを誇示することもなく、直近では『罪の手ざわり』を撮ったこの監督の作品、という鑑賞前の期待と、傑出したフィルモグラフィーの中での相対的な評価という意味では、いささか肩透かしを食らった感は否めない。移ろいゆく時間と、変形してゆくスクリーン・サイズの中で、変わらないものもきっとあるのだろうが、傑出した第3章を堪能するには、前振りとなる第1、第2章が弱い。都市生活や上流階級(成り上り)の人物、あるいはファミリー・メロドラマという他の作家ではありふれているはずのスタンダードな題材は、むしろこの監督には不向きなようだ。いかんせん、人物らが泣きすぎている。

http://cinemaguide.hatenablog.com/entry/mountains-may-depart

と、いうわけで、ブログにもレビューをアップ。

このレビューはネタバレを含みます

後から後から場面が思い出され考えてしまう。中身の良さをじーんと思い出してます。
BR1980

BR1980の感想・評価

3.7
一度流れてしまっては、もう二度と交わることもない。けれども確かに自分の中に存在していたもの。
この映画では全ての登場人物が枝分かれのようにしてそれぞれの人生へ散っていく。
誰もが独りで、誰もが各々の心に存在している。
さして意識せずに生活していても、過去は常に自分を自分たらしめている。決して逃れることはできないが、名前や言葉や風景の記憶、全てが脈々と心身を流れているのだとおもうと、自分自身が妙に愛おしくなった。

1999年、2014年、2025年と、三つの時代を画面比で表現したり、開始から約50分後にタイトルが出たりとジャジャンクーの不思議な遊び心も面白い。
go westの曲がこんなにも中国の田舎風景に合うとは驚き。
あや

あやの感想・評価

3.1
この映画を見た日本人のうち99%は気づかないもしくは知らないであろうリッキールビオに反応してしまう自分に引いたけれど同じく反応した人とはとても仲良くなれそう
ちろる

ちろるの感想・評価

3.4
この作品を面白いと思えるほど私はまだ熟していないのですが、だれもがやりがちな小さな人間の愚かさが随所に散りばめられていて人生の教科書としてはある意味為になるものだと思う。
過去はただ過ぎ去り、忘れられていくものだし、後悔は後からはどうしても消化することはできないからひたすら募っていくばかり。
最後まで誰も報われているようには見えないけど、それこそがやはり人生なのだと思うしかない。
主人公タオを愛する2人の男リャンズーと、ジンシェンの幼馴染の三角関係を描く過去パートから、30代になり成功して一人で生きるタオと身体を壊して貧しいままのリャンズーの現在パート、そしてオーストリアに移住したタオの息子ダラーの未来パートと物語がはっきりと分かれて描かれている。
珍しいほど何もかもが交わらず、過去のパート以外、なにかと殺伐として誰もが報われないような印象を受ける作品なので、正直ピークは過去パート。
そしてそう、思ってしまう私の思いも含めてタイトルはやはり「山河ノスタルジア」でいいのだろうと思う。
正直ジンシェンが最初から最後までクソだし、そんなジンシェンを迷わず選ぶタオが悲劇のヒロインぶってるのには全く同情できない。
リャンズーの貧しさは見ていて苦しいけれど、唯一かわいい奥さんと子供が近くにいるからまだ心が救われたと思うしかない。
ぶん

ぶんの感想・評価

3.5
ノスタリジア…あぁホントにノスタリジック。

主人公はあの女性なのかな…話は時代別に分かれていて、繋がっているようで繋がってない。模索してながら思う期待とは違う方向に行ってしまう話の流れで、どうやらストーリー性のある無いの話ではなさそう。
それでも中国の素の人々がバックに居て中国の趣きを感じられる。
とにかく服装もダンスもダサ過ぎるが、それも中国。春節、結婚式、葬式、そして著しい情勢変化の中国を知った。

時に自分の人生を振り返ってみたくなる一瞬だった。
GO WEST 。笑い泣き。冒頭とあわせて、この終幕は秀逸。ダサすばらしい。
『山河ノスタルジア』

『罪の手ざわり』の時にも印象に残ったのですが、ジャ・ジャンクー作品の画作りは本当に一瞬一瞬が中国の今になっていると感心させられます。

美しい建築と朽ちた住居、小綺麗な洋服を着た主人公とすれ違う貧しい人々、画のどこかには過去と未来、秩序と無秩序、成熟と未熟といった対の構図が画に収められています。
中国の急激な経済成長の中、成長できる者とできない者、人々の営みのギャップのイメージが事の大小を問わずフレームから伝わってくるのです。

特に本作は物語自体が対の構図になっているので『罪の手ざわり』で感じたことがよりわかりやすく伝わってきました。
まほに

まほにの感想・評価

3.2
ノスタルジックでどこかセンチメンタル

あまり話を深く掘らないせいか消化不良にもなった
>|