山河ノスタルジアの作品情報・感想・評価

山河ノスタルジア2015年製作の映画)

山河故人/Mountains May Depart

上映日:2016年04月23日

製作国:

上映時間:125分

3.7

あらすじ

1999年、山西省汾陽(フェンヤン)。小学校教師・タオは炭鉱で働くリャンと恋愛関係にあった。 だが、タオはリャンの友人の実業家ジンシェンからプロポーズを受け、結婚を承諾する。傷心のリャンは二度と戻らない覚悟を決めて故郷の街を離れていった。やがてタオは男の子を出産し、ジンシェンは息子を“ダラー”と名づける。 2014年。ジンシェンと離婚し、一人汾陽で暮らすタオ。タオの父親の葬儀に出席するため、…

1999年、山西省汾陽(フェンヤン)。小学校教師・タオは炭鉱で働くリャンと恋愛関係にあった。 だが、タオはリャンの友人の実業家ジンシェンからプロポーズを受け、結婚を承諾する。傷心のリャンは二度と戻らない覚悟を決めて故郷の街を離れていった。やがてタオは男の子を出産し、ジンシェンは息子を“ダラー”と名づける。 2014年。ジンシェンと離婚し、一人汾陽で暮らすタオ。タオの父親の葬儀に出席するため、数年ぶりにダラーが戻ってくる。隔たった母子の関係を取り戻そうとするタオは、ダラーがジンシェンと共にオーストラリアに移住することを知らされる。 2025年オーストラリア。19歳になったダラーは、長い寄宿舎生活のため、もはや中国語をほとんど話さなくなっている。そんな彼は、母親と同世代の中国語教師ミアと出会う……。

「山河ノスタルジア」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

3.0
いまだ衰えぬセンスを誇示することもなく、直近では『罪の手ざわり』を撮ったこの監督の作品、という鑑賞前の期待と、傑出したフィルモグラフィーの中での相対的な評価という意味では、いささか肩透かしを食らった感は否めない。移ろいゆく時間と、変形してゆくスクリーン・サイズの中で、変わらないものもきっとあるのだろうが、傑出した第3章を堪能するには、前振りとなる第1、第2章が弱い。都市生活や上流階級(成り上り)の人物、あるいはファミリー・メロドラマという他の作家ではありふれているはずのスタンダードな題材は、むしろこの監督には不向きなようだ。いかんせん、人物らが泣きすぎている。

http://cinemaguide.hatenablog.com/entry/mountains-may-depart

と、いうわけで、ブログにもレビューをアップ。
soyuz

soyuzの感想・評価

3.4
観たタイミングが悪く
疲れて寝てしまったのだけど、映像が綺麗だったのは思えてる、やっぱりアジア一の大陸国の作るものは壮大だ
Mari

Mariの感想・評価

3.5
映画館で、じっくりと鑑賞したかった。
犬が、15年生きると言って、
その台詞が、ラストまで続いていると思わなかった。
息子の、抱えた演技が良かった。
どうして、恋する相手にまで、母を投影してしまうものなのか。愛し合う二人が世間に受け止められていないと感じたとき、切なかった。
すんばらしい。
KNN

KNNの感想・評価

3.6
火薬と寿命と川の流れ。
全て時の流れで変わるものばかりだけど、変わらないものもあるらしい。それが最後タオの中に残っているものなのかな、と思った
ゴロー

ゴローの感想・評価

3.6
過去、現在、未来を描く壮大な物語。その間、社会は大きく変化し、人々もそのうねりの中に飲み込まれる。希望に満ちていた男をあのような状態にさせてしまったものは何か。女は変わりゆく世界で何を道しるべに生きているのか。非常に意欲的な作品だった。
▓

▓の感想・評価

5.0
今観たかった映画としてかなり良かった
0

0の感想・評価

3.5
「時間が全てを変えるわけじゃない」

久しぶりに再会した息子を
各駅停車の電車で
別れた夫のところに送る場面が良い
時代ごとに画面のサイズや鮮明度が
異なるのは興味深かった
Masa

Masaの感想・評価

3.0
過去、現在、未来へと展開されるにつれて疑問符が大きくなっていく映画だった。最大の疑問はラストのタオのダンス。なんで??
過去の映像はすごく良くてあの時代のあの場所に行ってみたいと思えた。
あとは犬の長寿に乾杯ですね。なんだかな〜
rena

renaの感想・評価

3.8
すんばらしかった📋
>|