山河ノスタルジアの作品情報・感想・評価

山河ノスタルジア2015年製作の映画)

山河故人/Mountains May Depart

上映日:2016年04月23日

製作国:

上映時間:125分

3.7

あらすじ

1999年、山西省汾陽(フェンヤン)。小学校教師・タオは炭鉱で働くリャンと恋愛関係にあった。 だが、タオはリャンの友人の実業家ジンシェンからプロポーズを受け、結婚を承諾する。傷心のリャンは二度と戻らない覚悟を決めて故郷の街を離れていった。やがてタオは男の子を出産し、ジンシェンは息子を“ダラー”と名づける。 2014年。ジンシェンと離婚し、一人汾陽で暮らすタオ。タオの父親の葬儀に出席するため、…

1999年、山西省汾陽(フェンヤン)。小学校教師・タオは炭鉱で働くリャンと恋愛関係にあった。 だが、タオはリャンの友人の実業家ジンシェンからプロポーズを受け、結婚を承諾する。傷心のリャンは二度と戻らない覚悟を決めて故郷の街を離れていった。やがてタオは男の子を出産し、ジンシェンは息子を“ダラー”と名づける。 2014年。ジンシェンと離婚し、一人汾陽で暮らすタオ。タオの父親の葬儀に出席するため、数年ぶりにダラーが戻ってくる。隔たった母子の関係を取り戻そうとするタオは、ダラーがジンシェンと共にオーストラリアに移住することを知らされる。 2025年オーストラリア。19歳になったダラーは、長い寄宿舎生活のため、もはや中国語をほとんど話さなくなっている。そんな彼は、母親と同世代の中国語教師ミアと出会う……。

「山河ノスタルジア」に投稿された感想・評価

masayaan

masayaanの感想・評価

3.0
いまだ衰えぬセンスを誇示することもなく、直近では『罪の手ざわり』を撮ったこの監督の作品、という鑑賞前の期待と、傑出したフィルモグラフィーの中での相対的な評価という意味では、いささか肩透かしを食らった感は否めない。移ろいゆく時間と、変形してゆくスクリーン・サイズの中で、変わらないものもきっとあるのだろうが、傑出した第3章を堪能するには、前振りとなる第1、第2章が弱い。都市生活や上流階級(成り上り)の人物、あるいはファミリー・メロドラマという他の作家ではありふれているはずのスタンダードな題材は、むしろこの監督には不向きなようだ。いかんせん、人物らが泣きすぎている。

http://cinemaguide.hatenablog.com/entry/mountains-may-depart

と、いうわけで、ブログにもレビューをアップ。
snowrich

snowrichの感想・評価

3.8
ちょっと変な演技とかもあったけど、テーマは結構面白くて、とても感動的だった。
PI

PIの感想・評価

3.5
熱いモノは感じたけれど…

あんな別れ方をした相手に結婚式の招待状を持って行ける?
お葬式の時、悲しいのは当然だけど、人前で崩れそうなほど泣ける?
しかも、久しぶりに会った戸惑い気味の子供に「ひざまずくよの!」って強引な!
旦那が重い病気で苦しんでたとしても、初対面の友人の前であんなに泣き崩れられる?
な〜んて、違和感感じる演技の後…
ラストのダンスは何?

という訳で、私にはハマらなかった。
宏美

宏美の感想・評価

4.3
ワープ感・・・!
amelie

amelieの感想・評価

4.0

なんともまぁ上質な映画でした

時が経っても
場所をうつっても
人がかわっても

変わらないもの


故郷を想う
両親を想う
叶わなかった夢を想う
先が見えない未来を想う


そして砂利道でも歩いてきた
きれいな過去を想う
ha

haの感想・評価

-
なぜ踊った
2016年9月24日、早稲田松竹にて鑑賞。(ジャ・ジャンクー監督作品2本立て)

映画館で身体がシビれる感覚を味わったのは久しぶりだった!

物凄く感動した映画であり、この作品を観た直後からジャ・ジャンクー監督作品を全て観た。


過去(1999年)、現在(撮影当時の2014年)、未来(2025年)での人々の素晴らしいドラマが、綺麗な景色を背景に描かれた壮大なる大河ドラマ。 

1999年、ペットショップ・ボーイズの歌『ゴー・ウエスト』に合わせて、踊っている若者たち。
爆竹が破裂する春節。 
「マカオがもうすぐ返還される」という市井の人の発言が時代を表現している。 
また、「新世紀に向かって…」という人々の希望を表現するセリフも良い。

タオ(チャオ・タオ)という女性を巡って三角関係になるリャンズー(炭鉱夫)とジンシェン(事業家)。 
リャンズーがジンシェンを殴ると、ジンシェンは彼を殺そうとして拳銃を入手しようとするが出来ず、爆薬を車に積んでいる。 
しかし、リャンズーは自ら町を去り、ジンシェンがタオと結婚することになる。 
女性タオのタオの意味は「波」という意味らしい。 

すると、ここで再び「山河ノスタルジア」のタイトルが出て、「何だ?」と思ったら、2014年に物語が飛ぶ。 
リャンズーは炭鉱夫の生活で身体を壊していた。妻子あり。 
その後、いろいろと物語が描かれる。 

更に、物語は、2025年に飛ぶ。 
タオの息子は青年になっており、母親の記憶はなく、父親との確執。舞台はオーストラリア。 
そして……。

感動押し寄せるチャオ・タオの踊り!

素晴らしい傑作であった。
YUKIKO

YUKIKOの感想・評価

2.5
全くと言っていいほどハマらなかった。

このレビューはネタバレを含みます

もっとしっかり観れば意味が分かったかもしれない映画。
曲がGo Westなのには深い意味があるのだろう。
集中の途切れない映画館などでじっくり見たかった
Minabe

Minabeの感想・評価

-
中国語の授業で見たけど終わり方苦手です。
>|