山河ノスタルジア(2015年製作の映画)

山河故人/Mountains May Depart

上映日:2016年04月23日

製作国:
  • 中国
  • 日本
  • フランス
  • / 上映時間:125分
    監督
    ジャ・ジャンクー
    脚本
    ジャ・ジャンクー
    キャスト
    チャオ・タオ
    シルヴィア・チャン
    チャン・イー
    リャン・ジンドン
    トン・ツージエン
    あらすじ
    1999年、山西省汾陽(フェンヤン)。小学校教師・タオは炭鉱で働くリャンと恋愛関係にあった。 だが、タオはリャンの友人の実業家ジンシェンからプロポーズを受け、結婚を承諾する。傷心のリャンは二度と戻らない覚悟を決めて故郷の街を離れていった。やがてタオは男の子を出産し、ジンシェンは息子を“ダラー”と名づける。 2014年。ジンシェンと離婚し、一人汾陽で暮らすタオ。タオの父親の葬儀に出席するため、数年ぶりにダラーが戻ってくる。隔たった母子の関係を取り戻そうとするタオは、ダラーがジンシェンと共にオーストラリアに移住することを知らされる。 2025年オーストラリア。19歳になったダラーは、長い寄宿舎生活のため、もはや中国語をほとんど話さなくなっている。そんな彼は、母親と同世代の中国語教師ミアと出会う……。

    「山河ノスタルジア」に投稿された感想・評価

    masayaan
    3.0
    いまだ衰えぬセンスを誇示することもなく、直近では『罪の手ざわり』を撮ったこの監督の作品、という鑑賞前の期待と、傑出したフィルモグラフィーの中での相対的な評価という意味では、いささか肩透かしを食らった感は否めない。移ろいゆく時間と、変形してゆくスクリーン・サイズの中で、変わらないものもきっとあるのだろうが、傑出した第3章を堪能するには、前振りとなる第1、第2章が弱い。都市生活や上流階級(成り上り)の人物、あるいはファミリー・メロドラマという他の作家ではありふれているはずのスタンダードな題材は、むしろこの監督には不向きなようだ。いかんせん、人物らが泣きすぎている。

    http://cinemaguide.hatenablog.com/entry/mountains-may-depart

    と、いうわけで、ブログにもレビューをアップ。
    SHO
    3.4
    眠くなるかと思ったがまさか未来まで描くとは
    過去、現在、未來
    その時代に生きる人たちの切なさや葛藤を正にノスタルジックに描いている。
    中国の風景はどこか懐かしく、オーストラリアの海が切なさを漂わせていたのが印象的。
    hana
    4.0
    映像の豊かさと美しさ。監督のつくる雰囲気がとても好き。中国映画は役者もストーリーもシンプルなものが多く、役者の感情とリアルな映像がクッキリ表されているのが魅力だと思う。美しい映画
    気になる作品ではあったのだけど、人生の大河ドラマ的な作品は苦手の部類に入るのでどうかしら、と思いつつ。。

    やはりわたしには上手く消化出来ず、終わった後にモヤモヤしてしまった。観るべき点はそこではない、と言われたらそれまでなんだけど、リャンズーはどうなったの?とひたすらソワソワしてしまい、集中力が切れてしまった。

    古い記憶を撫でるようなノスタルジックな印象を与える、第1部の画面比は良かった。また、手作り餃子が印象的だった。どっちつかずだけど親愛の情を示す相手との餃子、離れて暮らす我が子に食べさせる餃子、我が子を想い作る餃子。中国の食での愛情表現という点で『初恋のきた道』を思い出したし、丁寧に手作り餃子を作りたくなった。

    柔らかいノスタルジーに包まれた雰囲気、映像など好きな点も多かっただけに、ストーリーを的確に理解出来なかった自分に、残念。。
    劇場で見た
    Sashiwo
    -
    中国と聞くだけで懐かしいような気がするのは多分気のせいか知らず知らずのうちに身についた癖だけど、行ったこともないその土地の匂いを感じた。

    このレビューはネタバレを含みます

    時間と大陸を超える想うことの大河。

    親密な時間の重さの感じ取り方は互いに違う。すれ違いが起こる。心に穴が開く。想い人を思う。
    そのプロセスの年代記をじっと見つめる映画だった。
    見終えたときに、その年代の場面場面の強さや重みに気が付き、愕然として且つ感動する。
    ヒロインは終章に殆ど出てこないが、実は存在として一番強く輝いていたんだな…
    その「影」を演じたシルビア・チャンが素晴らしかった。

    非エンタメ映画だけれど、その気質がそっと巧みに盛り込まれているのには平伏すのみ。
    唐突な飛行機の墜落なんて乱暴はさておき、鍵とか餃子とか小物の配置がすごく効いてくるのには唸った。
    ことに音楽が最大の精神的小道具なのだなぁ。
    ヒット当時ただただ馬鹿にしてたペットショップボーイズにウルっとする日が来るとは…
    日傘
    4.5
    コートの赤、墜落する飛行機、飛んできた飛行機、飛ばなかった飛行機、シャツの青、空の青。
    中盤にタイトルコール持ってこられて、もうしてやられました。
    >|