山河ノスタルジア(2015年製作の映画)

山河故人/Mountains May Depart

上映日:2016年04月23日

製作国:
  • 中国
  • 日本
  • フランス
  • / 上映時間:125分
    監督
    ジャ・ジャンクー
    脚本
    ジャ・ジャンクー
    キャスト
    チャオ・タオ
    シルヴィア・チャン
    チャン・イー
    リャン・ジンドン
    トン・ツージエン
    あらすじ
    1999年、山西省汾陽(フェンヤン)。小学校教師・タオは炭鉱で働くリャンと恋愛関係にあった。 だが、タオはリャンの友人の実業家ジンシェンからプロポーズを受け、結婚を承諾する。傷心のリャンは二度と戻らない覚悟を決めて故郷の街を離れていった。やがてタオは男の子を出産し、ジンシェンは息子を“ダラー”と名づける。 2014年。ジンシェンと離婚し、一人汾陽で暮らすタオ。タオの父親の葬儀に出席するため、数年ぶりにダラーが戻ってくる。隔たった母子の関係を取り戻そうとするタオは、ダラーがジンシェンと共にオーストラリアに移住することを知らされる。 2025年オーストラリア。19歳になったダラーは、長い寄宿舎生活のため、もはや中国語をほとんど話さなくなっている。そんな彼は、母親と同世代の中国語教師ミアと出会う……。

    「山河ノスタルジア」に投稿された感想・レビュー

    masayaan
    masayaanの感想・レビュー
    2016/06/05
    3.0
    いまだ衰えぬセンスを誇示することもなく、直近では『罪の手ざわり』を撮ったこの監督の作品、という鑑賞前の期待と、傑出したフィルモグラフィーの中での相対的な評価という意味では、いささか肩透かしを食らった感は否めない。移ろいゆく時間と、変形してゆくスクリーン・サイズの中で、変わらないものもきっとあるのだろうが、傑出した第3章を堪能するには、前振りとなる第1、第2章が弱い。都市生活や上流階級(成り上り)の人物、あるいはファミリー・メロドラマという他の作家ではありふれているはずのスタンダードな題材は、むしろこの監督には不向きなようだ。いかんせん、人物らが泣きすぎている。

    http://cinemaguide.hatenablog.com/entry/mountains-may-depart

    と、いうわけで、ブログにもレビューをアップ。
    よしみ
    よしみの感想・レビュー
    1日
    1.0
    僕には難しくて

    時系列順に
    3つのパートに分かれて
    それぞれ話の内容はなんとなく

    ただ、都度都度
    不思議な場面をちりばめて
    それらの意味合いが
    さっぱりわからず

    変に印象に残る作品
    yuko
    yukoの感想・レビュー
    4日
    3.8
    最後の方で、
    ダラーが好意を寄せる先生がの
    「愛する人を心配し続けるのは苦しいものよ」というセリフが印象に残った。

    最近見た中で一番地味な映画だったけど、
    人生を肯定することも無く、否定することも無く、全てを飲み込んで流れて行く川のような壮大なストーリーでした。

    リアルな中国に触れた気がする。
    最後のシーンが良かったな。

    (息子、熟女好きか)
    esuwai2
    esuwai2の感想・レビュー
    2017/05/20
    4.5
    飛行機。
    DJtigerlily
    DJtigerlilyの感想・レビュー
    2017/05/13
    3.0
    Log
    mikemike
    mikemikeの感想・レビュー
    2017/05/09
    2.0
    1999年 山西省で幼なじみであるタオ、リャン、ジンシェンがいる。実業家のジンシェンから求婚されタオは結婚した。金銭的に豊かになり、息子ダラーを出産するもジンシェンと離婚する。2014年 タオの父親の葬儀にダラーも出席した。 2025年 オーストラリアに移住しているシーンでダラーは悩み続ける。
    貧しい時代から、豊かになるが精神的に昔のほうがよかったと表現したかったと思わせる。中国の風景が素晴らしい。最後のシーンでタオが踊るのはそれを表している。ダラーと語学教師の恋愛関係は余分と思う。
    Shiitaketaishi
    Shiitaketaishiの感想・レビュー
    2017/05/09
    -
    記録
    DKeita
    DKeitaの感想・レビュー
    2017/05/06
    4.0
    説明過剰な感じは否めへんけど、監督の中国への洞察がよく分かる。

    温かみのある画の中に、毅然とした洞察が混じっていて、ジャ・ジャンクーらしい。


    現代中国の過去と現在がありありと見える。
    ち
    の感想・レビュー
    2017/05/06
    4.0
    現代中国が富と引き換えに失ったもの、失うことになるもの。回帰するイメージ。オープニングとエンディングのGo Westのダンスシーンにしてもそうだけど偃月刀を持った少年が次の章には大きくなった姿で出てくるとか、画面のアスペクト比の変化とかそういうところだけで語ってくれればいいんだけどねぇ。やりたいことは凄い分かるしそれが部分的には成功してるとは思うんだけど、ちょっとメッセージをストーリーラインと被せているので直接的すぎますよね。長江哀歌のほうが好きかな。

    華僑の成れの果てというかルーツを失った人間の感じる独特の浮遊感、その描写には流石にシンパシーを感じずにはいられませんね。今回は結構極限みたいな設定(3章の少年は華僑であることに加えて母を持たず父とも意思疎通ができない)ですが。。。

    カメラワークが実験的。ところによっては酔いそうなレヴェルで動きます。あとフォーカス送りを頑張っているのでそこを気にするとジャ・ジャンクーが誰もしくは何を見てほしいのか見えてくると思う。
    ubik
    ubikの感想・レビュー
    2017/05/06
    -
    反復。
    赤いものが3部から画面に映らなくなる?中国の国旗は赤色。
    中国での左ハンドルとオーストラリアでの右ハンドル。ダンスではじまりダンスで終わる。突飛な映画ではなく、几帳面な映画。
    >|