山河ノスタルジアの作品情報・感想・評価

山河ノスタルジア2015年製作の映画)

山河故人/Mountains May Depart

上映日:2016年04月23日

製作国:

上映時間:125分

3.7

あらすじ

1999年、山西省汾陽(フェンヤン)。小学校教師・タオは炭鉱で働くリャンと恋愛関係にあった。 だが、タオはリャンの友人の実業家ジンシェンからプロポーズを受け、結婚を承諾する。傷心のリャンは二度と戻らない覚悟を決めて故郷の街を離れていった。やがてタオは男の子を出産し、ジンシェンは息子を“ダラー”と名づける。 2014年。ジンシェンと離婚し、一人汾陽で暮らすタオ。タオの父親の葬儀に出席するため、…

1999年、山西省汾陽(フェンヤン)。小学校教師・タオは炭鉱で働くリャンと恋愛関係にあった。 だが、タオはリャンの友人の実業家ジンシェンからプロポーズを受け、結婚を承諾する。傷心のリャンは二度と戻らない覚悟を決めて故郷の街を離れていった。やがてタオは男の子を出産し、ジンシェンは息子を“ダラー”と名づける。 2014年。ジンシェンと離婚し、一人汾陽で暮らすタオ。タオの父親の葬儀に出席するため、数年ぶりにダラーが戻ってくる。隔たった母子の関係を取り戻そうとするタオは、ダラーがジンシェンと共にオーストラリアに移住することを知らされる。 2025年オーストラリア。19歳になったダラーは、長い寄宿舎生活のため、もはや中国語をほとんど話さなくなっている。そんな彼は、母親と同世代の中国語教師ミアと出会う……。

「山河ノスタルジア」に投稿された感想・評価

moet

moetの感想・評価

5.0
時代に翻弄される男女の三角関係が淡い感じで描かれちゃうんでしょう〜?って思ってたら全然そんな話じゃなかった…。ごめんなさい。
人生の喜び、悲しみ、優しさ全てがあった。よしもとばななの小説かよ!って展開もあったけど、よしもとばななの小説のあの生きることのしんどさや、それでも確かにある人生の美しさや優しさや強さが映像として現されるとああなるのかと思った。
映像がとにかく美しかった…。
iku

ikuの感想・評価

3.0
ペットショップボーイズって…笑
と思ってたら
ペットショップボーイズで泣かされる
素晴らしい映画。
pet shop boys好きだけど、何故か聞かないgo west...

この映画でのwestは西欧文化なのかしらって浅めの解釈をしてみたり...

実業家の子供に村上春樹感があるけど、背景がしっかり書かれているので、納得できる...
m

mの感想・評価

-
中国郊外の風景
mamiKO

mamiKOの感想・評価

3.5
ダンスシーンで始まるオープニング、春節を祝うシーンから先は、やり切れない事ばかり、綴られて行くのだけれど、不思議と心が静かになる。
登場人物が皆上手くはいっていない、でもいい方へ向くように、諦めてはいない、前に進もうとしている。
問題を抱えながら、それでも日々は続いていく。
すべての人生に寄り添うように流れる山河。
波の音。タオ。

もう歌詞が思い浮かばないの。

ダンスは体が憶えている。
山河が流れる。
ジャ・ジャンクーのカメラは流れゆく時、変わってゆく国家と社会の姿を極めて低い地点から、大衆とくに若者の視点から描いている。超然として傲慢さすら感じさせるような悪い意味での「巨匠」とは一線を画したものを、彼の映像は感じさせる。
Taisuke

Taisukeの感想・評価

5.0
やばめ
plantseeds

plantseedsの感想・評価

4.1

このレビューはネタバレを含みます

ジャジャンクー作品初鑑賞。

映画はまだまだミーハーの自分ですが、かなり良かったです。

自分の意志を確立しようとする、ダラー。
親に翻弄され生きてきて、自己不在に陥る彼。
疑問を感じた彼は、自由を求め親からの離別を図る。

自由の定義について作中にも触れられていますが、難しいところではありますが、
彼が自分の自由に向かって走り出したことには共感というか、応援したい。

これから、色々な困難が待ち受けているでしょうが、本当に自分の意志でもって生きる人間の幸福を信じたい!
彼のような人間の創造性を、自分勝手な解釈で、周囲の人間が阻んではいけない。
そこに、人間の未来があり、本当の意味での人生の成功があると私は思います。
はるな

はるなの感想・評価

3.5
踊るタオ。波。火薬。
互いが歪にクロスする切なさ。
>|