山河ノスタルジアの作品情報・感想・評価

山河ノスタルジア2015年製作の映画)

山河故人/Mountains May Depart

上映日:2016年04月23日

製作国:

上映時間:125分

3.7

あらすじ

1999年、山西省汾陽(フェンヤン)。小学校教師・タオは炭鉱で働くリャンと恋愛関係にあった。 だが、タオはリャンの友人の実業家ジンシェンからプロポーズを受け、結婚を承諾する。傷心のリャンは二度と戻らない覚悟を決めて故郷の街を離れていった。やがてタオは男の子を出産し、ジンシェンは息子を“ダラー”と名づける。 2014年。ジンシェンと離婚し、一人汾陽で暮らすタオ。タオの父親の葬儀に出席するため、…

1999年、山西省汾陽(フェンヤン)。小学校教師・タオは炭鉱で働くリャンと恋愛関係にあった。 だが、タオはリャンの友人の実業家ジンシェンからプロポーズを受け、結婚を承諾する。傷心のリャンは二度と戻らない覚悟を決めて故郷の街を離れていった。やがてタオは男の子を出産し、ジンシェンは息子を“ダラー”と名づける。 2014年。ジンシェンと離婚し、一人汾陽で暮らすタオ。タオの父親の葬儀に出席するため、数年ぶりにダラーが戻ってくる。隔たった母子の関係を取り戻そうとするタオは、ダラーがジンシェンと共にオーストラリアに移住することを知らされる。 2025年オーストラリア。19歳になったダラーは、長い寄宿舎生活のため、もはや中国語をほとんど話さなくなっている。そんな彼は、母親と同世代の中国語教師ミアと出会う……。

「山河ノスタルジア」に投稿された感想・評価

moet

moetの感想・評価

5.0
時代に翻弄される男女の三角関係が淡い感じで描かれちゃうんでしょう〜?って思ってたら全然そんな話じゃなかった…。ごめんなさい。
人生の喜び、悲しみ、優しさ全てがあった。よしもとばななの小説かよ!って展開もあったけど、よしもとばななの小説のあの生きることのしんどさや、それでも確かにある人生の美しさや優しさや強さが映像として現されるとああなるのかと思った。
映像がとにかく美しかった…。
ラストシーンを観た時の衝撃ふたたび…


大島渚監督【少年】小津安二郎監督【一人息子】に影響を受けた(福岡アジア文化賞にて監督談)
りな

りなの感想・評価

3.7
タイトルの出し方にドキッとさせられました。「ショートターム」や「ブルックリン」のように、冒頭と終わりで同じようなシーンを繰り返して差を見せる演出が好きなのですが、今回は切なかったなぁ。時間の流れの中で描かれるそれぞれの人生。人生は選択の繰り返し。「山河故人」に対して「山河ノスタルジア」と付けた邦題が好きです。バッチリ。お芝居に多少の違和感はあったけれど、中国映画に疎いのでこういう感じなのかなぁ。

ダラーの笑い方がすごく好きだなと感じました。
akp

akpの感想・評価

3.6
時間の流れが切なくて胸が締め付けられる、、
ひでG

ひでGの感想・評価

3.5
予想してたのとだいぶ違う。
同じ監督のあの「長江哀歌」は、実はかなり激しい寝落ちをしてしまい、内容を全く覚えていない(・・;)

これも牧歌的な大陸的なテンポで来られたら、起きてられるかなって心配だったけど、
意外にもストーリーの展開は三時代を繋ぐ

ただ、この三時代、三場面の均等性があまりにもない。
全て違う映画を見せられている気もしてしまう。場面ごとのばらつきが大き過ぎて、一本の映画としでの完成度を下げている。

第1部、あれ?日本の青春映画?三人の男女の恋仲を割とそのままえがいている。
えっ、?どこが「山河」?

って、思ってしまうくらいの空気。この場面では強引なジンシェンもどこか可愛い。
勝手に大泉洋を当てはめてみる😊

「1人を取ると1人は去る」恋愛の定説
20世紀が終わる直前の中国の地方都市の感じがよく出ている。

第2部 犬の使い方が上手い。あれから14年
この映画で出来のよいパート!
3人の人生が「中国のその間の歩み」とも重なる。

経済的に成功したジンシェン【大泉洋!】
恋に破れ、故郷を離れ、家庭は持っているが、病に侵されているリャン。
経済的な成長の蚊帳の外に置かれている。

そして、ジンシェンとの間に子供を授かったタオだが、、、

戻って来たリャン、また3人のドラマかと思いきや、ここでは一気にタオに焦点が当たる。
成金の大泉洋!😊の恩恵も受けながらも、そことは距離を置き、古き良きものも守りながら、でも、心は荒んでいるタオ。
現実を受け入れきれない中国を表しているようだ。

タオはある人物と数日間を過ごすのだが、ここが映画の最大の盛り上がり!
タオが痛ましい!

そして、第3部、さらに10数年が経っている。
2部の余韻があり、この流れでいくのかと思いきや、ある登場人物の挿入が裏目に。
雑味が入り、第2部からの流れ、
つまり「時の流れは大河の如し」の空気感にのめり込めない。

ラストも無理やり?いや、何?みたいな終わり方。

いい場面、いい流れ、いい視点があったのに、せめて第3部さえしっかりしてしていれば。

終わらせ方は大切ですなあ〜
銀幕短評(#25)
「山河ノスタルジア」

2015年、中国、日本、フランス。2時間05分、
シネ・リーブル梅田にて上映中。しかし遠い。。
総合評価 66点。

中国とオーストラリアを舞台に、過去、現在、未来をつなぐ叙情ドラマ。中国の有名監督の作品だけあって、囲碁のような展開の映画である。まず布石の静かな進行が続き、最後の高潮までもっていく。

ストーリーはアイディアとしてはよくできているが、布石のパートが長すぎて疲れる。各出演者も存在感がやや乏しく、精彩を欠く。ラストは買える。

わたしは大学で2年間、ここ2年間ほど中国語を勉強しているが、聴解能力の低さにがく然とした。ざっと0.5%くらいしか解らなかった。あれは北京語でなく、きっと広東語なのだろう、定かでないが。
Toku

Tokuの感想・評価

3.4
気になった音楽
Go West [2001 Remastered Version]/Pet Shop Boys
アップリンクで観たがあまり記憶にない…。
Yoko

Yokoの感想・評価

4.2
20世紀が終わりを迎えようとしていた中国山西省。
二人の幼馴染に恋心を寄せられていた”タオ”は一人の男を選び、一人の男は街を去る…。
そして時を経て…。

予告編やHPの紹介文ではタオを中心とした物語運びという感じであり実際タオは中心人物なのであるが、自分の目にはリャンズーという男の人生にとても惹かれてしまった。
「人を想う」というのが大きなテーマであるならば、今作の主人公は誰でも適当かもしれない。
若者の青春群像劇、親子愛、そしてもう一人の若者の青春。
青春前日譚があってこそ素晴らしい。
よくぞあそこまでタイトルを引っ張ったと思わず感嘆のため息が出てしまった。
それぞれは単純なめぐり逢いといったストレートな手法で結び付けずに「想う」ことで繋げてゆく。
そして、それぞれの物語に哀愁を注ぐ爆破と花火と海。
頭ではなく、心に響いてくる作品。
時が移り変わるたびに流れる弦楽器の旋律には毎度泣かされてしまいました。
あれはズルイねぇ…
特に筋書きのない普通の作品
時代の流れを勉強することはできる
>|