山河ノスタルジアの作品情報・感想・評価

山河ノスタルジア2015年製作の映画)

山河故人/Mountains May Depart

上映日:2016年04月23日

製作国:

上映時間:125分

3.7

あらすじ

1999年、山西省汾陽(フェンヤン)。小学校教師・タオは炭鉱で働くリャンと恋愛関係にあった。 だが、タオはリャンの友人の実業家ジンシェンからプロポーズを受け、結婚を承諾する。傷心のリャンは二度と戻らない覚悟を決めて故郷の街を離れていった。やがてタオは男の子を出産し、ジンシェンは息子を“ダラー”と名づける。 2014年。ジンシェンと離婚し、一人汾陽で暮らすタオ。タオの父親の葬儀に出席するため、…

1999年、山西省汾陽(フェンヤン)。小学校教師・タオは炭鉱で働くリャンと恋愛関係にあった。 だが、タオはリャンの友人の実業家ジンシェンからプロポーズを受け、結婚を承諾する。傷心のリャンは二度と戻らない覚悟を決めて故郷の街を離れていった。やがてタオは男の子を出産し、ジンシェンは息子を“ダラー”と名づける。 2014年。ジンシェンと離婚し、一人汾陽で暮らすタオ。タオの父親の葬儀に出席するため、数年ぶりにダラーが戻ってくる。隔たった母子の関係を取り戻そうとするタオは、ダラーがジンシェンと共にオーストラリアに移住することを知らされる。 2025年オーストラリア。19歳になったダラーは、長い寄宿舎生活のため、もはや中国語をほとんど話さなくなっている。そんな彼は、母親と同世代の中国語教師ミアと出会う……。

「山河ノスタルジア」に投稿された感想・評価

moet

moetの感想・評価

5.0
時代に翻弄される男女の三角関係が淡い感じで描かれちゃうんでしょう〜?って思ってたら全然そんな話じゃなかった…。ごめんなさい。
人生の喜び、悲しみ、優しさ全てがあった。よしもとばななの小説かよ!って展開もあったけど、よしもとばななの小説のあの生きることのしんどさや、それでも確かにある人生の美しさや優しさや強さが映像として現されるとああなるのかと思った。
映像がとにかく美しかった…。
KENJI

KENJIの感想・評価

3.0
ジャジャンクーだな〜 という評価
ル・シネマ

時に抗い
時に身を任せて
人が歩んで行く命を
非ドラマチックに紡ぐ
mengru

mengruの感想・評価

4.5
中国の伝統的な風景と近未来の風景が融合していて独特の世界観が実現している。過去と未來がつながり因果応報が淡々と描かれていて、自分もそのような未來を見通せる視野の広い人間になりたいと思う。
出演者の演技にもカメラの被写界深度や画面のアスペクト比にも脚本や三部構成にも生々しさ、勢い、熱さを感じた。

出世する人、病気になる人、恋愛、結婚、離婚、出産、息子との別離、親子の断絶…そんな人生の浮き沈み、悲哀を描いた一作。

ここではないどこかに行けばうまくいく、何者かになれる…アメリカに行けば、ドルを持てば…銃を持てば…。

自分にもそういう気持ちでアメリカに渡ったことがあるので、このビジネスの才覚はあるが、強引で愚かしいジンシェンの気持ちは少しだけわかる気がした。鳴り響くペットショップボーイズの「GO WEST」が切ない。

主人公の女性、タオを演じるチャオ・タオは20代から50代までを一人で見事に表現し、映画に説得力をもたせていた。

気合いの入ったダンスシーン、大きな刀を持って歩く少年、墜落する飛行機、スタックする石炭満載のトラック、花火、ダイナマイトの爆発など実験的な試みも見ていて楽しい。

ジャ・ジャンクー監督の出世作「長江哀歌」も観てみたくなった。
snowrich

snowrichの感想・評価

3.8
第3部に変な演技とかシーンもあって完璧な作品じゃないと思うけど、テーマは結構面白くて、とても感動的だったから個人的にかなり気に入った。
PI

PIの感想・評価

3.5
熱いモノは感じたけれど…

あんな別れ方をした相手に結婚式の招待状を持って行ける?
お葬式の時、悲しいのは当然だけど、人前で崩れそうなほど泣ける?
しかも、久しぶりに会った戸惑い気味の子供に「ひざまずくよの!」って強引な!
旦那が重い病気で苦しんでたとしても、初対面の友人の前であんなに泣き崩れられる?
な〜んて、違和感感じる演技の後…
ラストのダンスは何?

という訳で、私にはハマらなかった。
宏美

宏美の感想・評価

4.3
ワープ感・・・!
amelie

amelieの感想・評価

4.0

なんともまぁ上質な映画でした

時が経っても
場所をうつっても
人がかわっても

変わらないもの


故郷を想う
両親を想う
叶わなかった夢を想う
先が見えない未来を想う


そして砂利道でも歩いてきた
きれいな過去を想う
ha

haの感想・評価

-
なぜ踊った
>|