山河ノスタルジアの作品情報・感想・評価

山河ノスタルジア2015年製作の映画)

山河故人/Mountains May Depart

上映日:2016年04月23日

製作国:

上映時間:125分

3.7

あらすじ

1999年、山西省汾陽(フェンヤン)。小学校教師・タオは炭鉱で働くリャンと恋愛関係にあった。 だが、タオはリャンの友人の実業家ジンシェンからプロポーズを受け、結婚を承諾する。傷心のリャンは二度と戻らない覚悟を決めて故郷の街を離れていった。やがてタオは男の子を出産し、ジンシェンは息子を“ダラー”と名づける。 2014年。ジンシェンと離婚し、一人汾陽で暮らすタオ。タオの父親の葬儀に出席するため、…

1999年、山西省汾陽(フェンヤン)。小学校教師・タオは炭鉱で働くリャンと恋愛関係にあった。 だが、タオはリャンの友人の実業家ジンシェンからプロポーズを受け、結婚を承諾する。傷心のリャンは二度と戻らない覚悟を決めて故郷の街を離れていった。やがてタオは男の子を出産し、ジンシェンは息子を“ダラー”と名づける。 2014年。ジンシェンと離婚し、一人汾陽で暮らすタオ。タオの父親の葬儀に出席するため、数年ぶりにダラーが戻ってくる。隔たった母子の関係を取り戻そうとするタオは、ダラーがジンシェンと共にオーストラリアに移住することを知らされる。 2025年オーストラリア。19歳になったダラーは、長い寄宿舎生活のため、もはや中国語をほとんど話さなくなっている。そんな彼は、母親と同世代の中国語教師ミアと出会う……。

「山河ノスタルジア」に投稿された感想・評価

moet

moetの感想・評価

5.0
時代に翻弄される男女の三角関係が淡い感じで描かれちゃうんでしょう〜?って思ってたら全然そんな話じゃなかった…。ごめんなさい。
人生の喜び、悲しみ、優しさ全てがあった。よしもとばななの小説かよ!って展開もあったけど、よしもとばななの小説のあの生きることのしんどさや、それでも確かにある人生の美しさや優しさや強さが映像として現されるとああなるのかと思った。
映像がとにかく美しかった…。
えりみ

えりみの感想・評価

3.5
WOWOWで。
劇場公開時は何やら話題に上ってたように記憶してたので録画。
1人の女性と彼女に思いを寄せる2人の男の人生を1999年、2014年、2025年の3つの時代を画面サイズを変えたりして上手く描き分けてる。
景色の映像は家のTVでみてもダイナミックで美しい。
サリー・イップの歌は良い♪
劇場で観る映画なんかも知れん。
ただ、中国に通じているわけでもないのでノスタルジーは感じず。
主題もさっぱり??
GO WEST~♪で始めて、GO WEST~♪で〆る意味もようわからんかった。最初は当時のヒット曲ってことなんやろうけど…
シーン毎、3つの時代それぞれはそれなりに引きつけられるものもあるけど、トータルで結局なんやったんやろか?ていう疑問が。
壮大な叙事詩ってやつなの🚬
男を天秤にかけたおばちゃんのその後の人生に興味が持たれへんかったのが敗因か。リャンズーがその後どうなったんか、そっちが気になる。
出てくる飯がどれも美味そうにみえへんのもちょっと😦

息子と同じように、親が住んでいる家に何の思い入れも無いとか、親から早く離れて自立したかったっていう共通点はあったんやけど。
親が住んでる家の鍵を持たされてもないし持ちたくもないからか。
GoMaeda

GoMaedaの感想・評価

2.5
Go westが似合わなすぎ笑
監督さんの伝えたいことを
全く汲み取れなかった。
roland

rolandの感想・評価

3.5
やや安易とも
2016年9月24日、早稲田松竹にて鑑賞。(ジャ・ジャンクー監督作品2本立て)
過去(1999年)、現在(撮影当時の2014年)、未来(2025年)での人々の素晴らしいドラマが、綺麗な景色を背景に描かれた壮大なる大河ドラマ。

1999年、踊っている若者。歌は聴いたことがあるが曲名が分からない。(浦和レッズのチャントの♪アレ~、フォルツァ浦和レッズ……の曲)
爆竹が破裂する春節。
「マカオがもうすぐ返還される」という市井の人の発言が時代を表現している。
また、「新世紀に向かって…」という人々の希望を表現するセリフもグッド。

タオ(チャオ・タオ)という女性を巡って三角関係になるリャンズー(炭鉱夫)とジンシェン(事業家)。
リャンズーがジンシェンを殴ると、ジンシェンは彼を殺そうとして拳銃を入手しようとするが出来ず、爆薬を車に積んでいる。
しかし、リャンズーは自ら町を去り、ジンシェンがタオと結婚することになる。
女性タオのタオの意味は「波」という意味らしい。

すると、ここで再び「山河ノスタルジア」のタイトルが出て、「何だ?」と思ったら、2014年に物語が飛ぶ。
リャンズーは炭鉱夫の生活で身体を壊していた。妻子あり。
その後、いろいろと物語が描かれる。

更に、物語は、2025年に飛ぶ。
タオの息子は青年になっており、母親の記憶はなく、父親との確執。舞台はオーストラリア。

素晴らしい傑作であった。
あっこ

あっこの感想・評価

3.3
2018.5.3
WOWOW
アイデンティティはどこに。血統的には中国でも英語圏で勉強している人とか多いから、こういう気持ちはあるだろなぁ。
kumi

kumiの感想・評価

3.4
仲良しだった三人は見事な三角関係になり
優しいけれど恐らくうだつの上がらないであろうリャンより
エリート男ジンシェンを選んで結婚するタオ。

幸せは長続きせずそれぞれが
複雑な思いを持ちつつ生きていく。
決して交わらない川のように。
>|