聖

知らない、ふたりの聖のレビュー・感想・評価

知らない、ふたり(2016年製作の映画)
4.5
久しぶりに映画ですっごい涙出た!!

韓流アイドルの子たちも見た目はもちろん演技、よかった!
彼らについての知識ゼロだったからフラットに見られた気がする。映画初出演とは思えん。

青柳文子のいかにも「映画の演技!」って感じも微笑ましいし、天然な可愛らしさを好演。

是枝監督の「誰も知らない」で印象的だった韓英恵は、相変わらず美しい。
韓国人役だが、他の子と比べて明らかに日本語が美しいのはご愛嬌。(⌒▽⌒)


ともするとファンタジーになってしまい、「あっそ、フーン」となりかねない極めてピュアな展開。

そこは韓国語と日本語が混在するコミュニケーションにより、説得力とリアリティを持っている。

つたないしゃべり、ひらがな。
挨拶程度の韓国語。日本語の会話から、韓国語にスイッチするなど、すべてが絶妙に効いている。

ただそういうの全部すっ飛ばして僕は、木南晴夏の芝居に心臓をグギリと鷲掴みにされた。

ある事故をきっかけに障がいを受傷し車椅子の身となった恋人との会話シーン。

軽いノリから、一言がきっかけで空気は一変。その後、シリアスな話へ。そして恋人の発した言葉に対して彼女が向ける視線が、徐々に涙を浮かべ始める。

その視線に、僕は射抜かれた。
感情がこちらになだれ込んできて、自然と涙がぼろぼろ落ちた。

その後、セリフとして彼女の気持ちが語られるシーンがあるが、正直そんな説明は必要ないくらい視線が語っていた。

木南晴夏、いいなと思っていたくらいだったけど、一気に大ファンになりました。

話全体もよくできているけど、このシークエンスだけで僕はもう五億点です。


監督、脚本、編集を兼務した今泉力哉監督も要チェック。「サッドティー」なと他の作品ももみてみたいと思いました。

あと乃木坂46の個人PVもチェックしよ!!(⌒▽⌒)

思い入れを差し引いたとしても、オススメの映画です!!