知らない、ふたり(2016年製作の映画)

上映日:2016年01月09日

製作国:
  • 日本
  • 監督
    今泉力哉
    脚本
    今泉力哉
    キャスト
    レン
    青柳文子
    ミンヒョン
    韓英恵
    JR
    芹澤興人
    木南晴夏
    あらすじ
    日本のホン・サンスと称される新鋭・今泉力哉が描く、 想いの差についての考察人との接点を避け生活している靴職人 見習いの韓国人青年・レオンは、ある日の昼、公園のベンチに 酔っぱらって寝ている女性・ソナに絡まれるが、何故か彼女の ことが忘れられなかった。レオンと同じ店で働き、彼に思いを 寄せる日本人女性・小風。そしてソナの折れた靴を修理に出しに 店に現れるサンス。サンスはソナの彼氏・ジウと共に日本語学校に 通っていた。日本語学校の講師・加奈子は、車いすの生活をしている 荒川という男と付き合っていたが、ジウは密かに加奈子に思いを 寄せている。荒川が車いす生活になった事故に、レオンは少なからず 関係していた。7人の男女のそれぞれの想いが少しずつ絡み合い、 それぞれが一歩踏み出したときに物語は思わぬ方へ進み出すー。

    「知らない、ふたり」に投稿された感想・レビュー

    ユタ
    ユタの感想・レビュー
    2016/09/10
    3.4

    このレビューはネタバレを含みます

    今泉監督の作品は7年くらい前に見たことがあって、そのときは自然にみせようという意図が逆にひっかかる感じとか、色々苦手な印象だった。

    でも最近各所で良い評判を聞いたりしてたので、期待して見てみました。



    まず、今泉監督はホンサンス、ウディアレンに似てるか問題について。

    公式サイトにもホンサンス、ウディアレン好きは必見、みたいなコメントもありましたが、
    個人的には多少共通点はあるかもしれないけど、似てないと思う。

    でも今泉監督が悪いとかそういう意味ではないです。
    今泉監督には今泉監督の色があって、それはそれで良いと思いました。


    それらの監督との比較とは別に一つの作品としてみたときの感想としては、
    面白いところもあるし、演出とかもうまくなってる。
    でももっと色々そぎ落としてくれたらな、と思った。
    終盤のあの展開いるのかな?とかあそこは語りすぎじゃないかな、とか少なからず不満が残りました。

    あと辛酸なめ子が公式のコメントで、LINEとかSNS全盛の時代に人の後をつける、手紙を書くなどといったアプローチが新鮮で…みたいな事を書いてたけど、
    多分逆じゃないかな?

    変にホンサンスぽくするよりLINEとかSNSとかも盛り込んだ方が今泉監督は面白いものを作れる気がする。これからに期待します。

    (今泉監督がホンサンスに似てるとあまりに言われるのでやけっぱちでわざとホンサンス風味にしてる、って可能性もあるけど、その辺はインタビューとか読んでないからわからない…)
    じゅんこ
    じゅんこの感想・レビュー
    1日
    3.8
    丁寧な作りの映画(^^)キュンとした!
    yasuka
    yasukaの感想・レビュー
    5日
    1.0
    こんなにたくさんの韓国人と偶然に出会うのがまず不思議だし、男の子たちは流行りの髪型、同じ顔で見分けつかないし、登場人物がとにかく不自然なほどに恋をしすぎている。彼女がいても彼氏がいても、かまわず恋をする。
    この子たちは韓国のアイドルグループかなんかなの?そのプロモーションビデオ?途中からなにをみているのか分からなくなりました。
    締めのセリフも
    ボク、恋を、しましった。(カタコト)

    どなたかも書いてましたが、エンディング曲も劇的に合ってない。

    ひとりツッコミのオンパレード、しまいには笑ってしまいました。
    この作品を好きな人には申し訳ありませんが、正直な気持ちです。
    1週間レンタルでしたが1日も早く手放したく1日で返しに行きました。
    mrn
    mrnの感想・レビュー
    2017/03/13
    -
    自然体な青柳ちゃんの演技が心地よかった◯ ところどころハチクロ思い出す。
    matsunikki
    matsunikkiの感想・レビュー
    2017/03/12
    2.7
    ストーリーとか雰囲気とか好きなんだけど、エンディング曲が映画と全く合ってなくて、興ざめした。
    音楽がいい、良くないの問題じゃなく、映画と合う、合わないの問題。
    この映画作った監督のセンスと思えない、なんか大人の事情の匂いが…。
    そこがとても残念。

    しかし、主人公の韓国の人は顔がキレイだなぁ。
    SAK
    SAKの感想・レビュー
    2017/03/10
    4.2
    あまり期待していなかった分、
    すごくよかった!

    韓国人の男の子たちは
    みんなほぼ初めての映画出演で
    多少ぎこちない感じがあったけど、
    この映画の世界観には合っていたから
    逆によかった感じだった。

    青柳文子がめちゃかわいい!
    ナチュラルな演技がすごく好き
    これからも出て欲しいな。

    とにかく綺麗だし、
    内容もなかなか伏線もあって
    楽しめる映画でした。
    okap
    okapの感想・レビュー
    2017/03/06
    3.0
    違和感感じる映画
    木南ちゃんだけがよい
    Nちゃん
    Nちゃんの感想・レビュー
    2017/03/01
    3.0
    人との接点を避け生活している靴職人見習いの韓国人青年レオンは、ある日、公園で酔っぱらった女性ソナに絡まれるが、それからというものなぜか彼女のことが忘れられない。一方、レオンと同じ店で働く日本人女性の小風は、密かにレオンに思いを寄せていたが、そんな小風に、ソナの壊れた靴を直しにきた客サンスが一目ぼれする。
    だがレオンには昔自分のせいで大怪我をさせてしまった過去があり、そのことを気にして今でも自分は幸せになってはいけないと思っている。
    7人の男女の思いが絡み合い、それぞれが一歩踏み出したことで物語は思わぬ方向へと進んでいく。


    「長く付き合っていてもわからないことだらけだ。こんなふうに突然、ほかに好きな人ができたって告白されるんだから」
    このソナの一言が響いた。
    相手に好きな人がいようと恋人がいようと、誰かを想う好きな気持ちは止められないんだ。

    にしても、韓国人はみんな顔そっくりすぎて見分けがつかない。
    Ichiro
    Ichiroの感想・レビュー
    2017/02/28
    3.5
    今泉監督らしい恋愛群像劇。今回はコメディ要素はかなり減退し、ちょっとシリアスな仕上がり。それでも群像劇の楽しさは全く損なわれていない。
    どこかやさぐれた雰囲気の青柳文子が超キュート。
    >|