知らない、ふたりの作品情報・感想・評価

知らない、ふたり2016年製作の映画)

上映日:2016年01月09日

製作国:

3.7

あらすじ

日本のホン・サンスと称される新鋭・今泉力哉が描く、 想いの差についての考察人との接点を避け生活している靴職人 見習いの韓国人青年・レオンは、ある日の昼、公園のベンチに 酔っぱらって寝ている女性・ソナに絡まれるが、何故か彼女の ことが忘れられなかった。レオンと同じ店で働き、彼に思いを 寄せる日本人女性・小風。そしてソナの折れた靴を修理に出しに 店に現れるサンス。サンスはソナ…

日本のホン・サンスと称される新鋭・今泉力哉が描く、 想いの差についての考察人との接点を避け生活している靴職人 見習いの韓国人青年・レオンは、ある日の昼、公園のベンチに 酔っぱらって寝ている女性・ソナに絡まれるが、何故か彼女の ことが忘れられなかった。レオンと同じ店で働き、彼に思いを 寄せる日本人女性・小風。そしてソナの折れた靴を修理に出しに 店に現れるサンス。サンスはソナの彼氏・ジウと共に日本語学校に 通っていた。日本語学校の講師・加奈子は、車いすの生活をしている 荒川という男と付き合っていたが、ジウは密かに加奈子に思いを 寄せている。荒川が車いす生活になった事故に、レオンは少なからず 関係していた。7人の男女のそれぞれの想いが少しずつ絡み合い、 それぞれが一歩踏み出したときに物語は思わぬ方へ進み出すー。

「知らない、ふたり」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

今泉監督の作品は7年くらい前に見たことがあって、そのときは自然にみせようという意図が逆にひっかかる感じとか、色々苦手な印象だった。

でも最近各所で良い評判を聞いたりしてたので、期待して見てみました。



まず、今泉監督はホンサンス、ウディアレンに似てるか問題について。

公式サイトにもホンサンス、ウディアレン好きは必見、みたいなコメントもありましたが、
個人的には多少共通点はあるかもしれないけど、似てないと思う。

でも今泉監督が悪いとかそういう意味ではないです。
今泉監督には今泉監督の色があって、それはそれで良いと思いました。


それらの監督との比較とは別に一つの作品としてみたときの感想としては、
面白いところもあるし、演出とかもうまくなってる。
でももっと色々そぎ落としてくれたらな、と思った。
終盤のあの展開いるのかな?とかあそこは語りすぎじゃないかな、とか少なからず不満が残りました。

あと辛酸なめ子が公式のコメントで、LINEとかSNS全盛の時代に人の後をつける、手紙を書くなどといったアプローチが新鮮で…みたいな事を書いてたけど、
多分逆じゃないかな?

変にホンサンスぽくするよりLINEとかSNSとかも盛り込んだ方が今泉監督は面白いものを作れる気がする。これからに期待します。

(今泉監督がホンサンスに似てるとあまりに言われるのでやけっぱちでわざとホンサンス風味にしてる、って可能性もあるけど、その辺はインタビューとか読んでないからわからない…)
kaorikun

kaorikunの感想・評価

3.8
レオン君が同じ人間と思えないほど美しくて、ありがたや〜という気持ちになって心で何度も拝みました。恋愛は気持ちとは別に環境やタイミングなども絡んできて、好きってむずかしい…ってなる時もあるけど、モヤモヤしたもどかしさは木南晴夏さんと芹澤興人さんのシーンで腑に落ちて、あっ、これが答えだなって思いました。
なんだか微笑ましくサラッと観れる恋愛群像劇で良かったです。
kominka

kominkaの感想・評価

4.1
好きな人は別の人が好きで、その人はまた別の人が好き。

気になって後をつけるのも好きだからしょうがないとまっすぐなのが可愛い。
これは青柳文子さんだから良いんだよね。
ちかこ

ちかこの感想・評価

4.0
独特な緩さと美しさがいい感じ
おじぎ

おじぎの感想・評価

3.0

青柳文子見たさに

ゆっくりしてて見やすかった
一目惚れ
n

nの感想・評価

4.3
元町映画館で去年鑑賞。大好きな映画。木南さん演じる日本語の先生が生徒の韓国人の男の子にラブレターを添削してあげてるシーンを見てなんかそういう日常生活までお手伝いしてあげられる日本語の先生って素敵やなぁと思ったのを、覚えている。。
yamanick

yamanickの感想・評価

1.7
今のサブカルってこんな感じ?みたいな
今泉力哉監督の作品はやっぱり好きだなぁ。消化不良にならない加減に、微妙な恋愛感情を描くのが上手いです。

恋愛群像劇。

靴の修理屋さんで働いている男の子と、その男の子に惹かれる受付の女の子。その女の子に一目惚れをしてしまう店を訪れた男の子に、その男の子と付き合っている女の子・・・。群像劇ならでは、色々な人が繋がっていきます。群像劇では、この繋げ方が強引で鼻に付くことが多いのですが、この作品はそれがなくさらっと繋がる感覚があって好印象。

人って繋がっているんだ。煩わしいこともあるけど、その繋がりが人を強くするんだ。そんな当たり前のことを再認識しました。

小南晴夏は好きな女優さんなんですが、改めて好きだなぁと思いました。
vege

vegeの感想・評価

3.9
地味だけど丁寧な演出がgood
素敵に無添加。
>|