知らない、ふたりの作品情報・感想・評価

知らない、ふたり2016年製作の映画)

上映日:2016年01月09日

製作国:

3.6

あらすじ

日本のホン・サンスと称される新鋭・今泉力哉が描く、 想いの差についての考察人との接点を避け生活している靴職人 見習いの韓国人青年・レオンは、ある日の昼、公園のベンチに 酔っぱらって寝ている女性・ソナに絡まれるが、何故か彼女の ことが忘れられなかった。レオンと同じ店で働き、彼に思いを 寄せる日本人女性・小風。そしてソナの折れた靴を修理に出しに 店に現れるサンス。サンスはソナ…

日本のホン・サンスと称される新鋭・今泉力哉が描く、 想いの差についての考察人との接点を避け生活している靴職人 見習いの韓国人青年・レオンは、ある日の昼、公園のベンチに 酔っぱらって寝ている女性・ソナに絡まれるが、何故か彼女の ことが忘れられなかった。レオンと同じ店で働き、彼に思いを 寄せる日本人女性・小風。そしてソナの折れた靴を修理に出しに 店に現れるサンス。サンスはソナの彼氏・ジウと共に日本語学校に 通っていた。日本語学校の講師・加奈子は、車いすの生活をしている 荒川という男と付き合っていたが、ジウは密かに加奈子に思いを 寄せている。荒川が車いす生活になった事故に、レオンは少なからず 関係していた。7人の男女のそれぞれの想いが少しずつ絡み合い、 それぞれが一歩踏み出したときに物語は思わぬ方へ進み出すー。

「知らない、ふたり」に投稿された感想・評価

ユタ

ユタの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

今泉監督の作品は7年くらい前に見たことがあって、そのときは自然にみせようという意図が逆にひっかかる感じとか、色々苦手な印象だった。

でも最近各所で良い評判を聞いたりしてたので、期待して見てみました。



まず、今泉監督はホンサンス、ウディアレンに似てるか問題について。

公式サイトにもホンサンス、ウディアレン好きは必見、みたいなコメントもありましたが、
個人的には多少共通点はあるかもしれないけど、似てないと思う。

でも今泉監督が悪いとかそういう意味ではないです。
今泉監督には今泉監督の色があって、それはそれで良いと思いました。


それらの監督との比較とは別に一つの作品としてみたときの感想としては、
面白いところもあるし、演出とかもうまくなってる。
でももっと色々そぎ落としてくれたらな、と思った。
終盤のあの展開いるのかな?とかあそこは語りすぎじゃないかな、とか少なからず不満が残りました。

あと辛酸なめ子が公式のコメントで、LINEとかSNS全盛の時代に人の後をつける、手紙を書くなどといったアプローチが新鮮で…みたいな事を書いてたけど、
多分逆じゃないかな?

変にホンサンスぽくするよりLINEとかSNSとかも盛り込んだ方が今泉監督は面白いものを作れる気がする。これからに期待します。

(今泉監督がホンサンスに似てるとあまりに言われるのでやけっぱちでわざとホンサンス風味にしてる、って可能性もあるけど、その辺はインタビューとか読んでないからわからない…)
かりん

かりんの感想・評価

3.3
最後のレンくんかわいすぎた
ダメ恋愛映画の代表格…とされる今泉力哉のアイドル映画。
恋愛といいつつ、今泉監督の作品はコワイのだが、これは、本当に愛らしい作品。
でも、やっばりところどころコワイ。
PAGE

PAGEの感想・評価

4.2
もどかしい気持ちになりつつ、ラストは笑顔になれる映画。
この単調さがすごく心地よかった。
hamm

hammの感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ゆるくてふわっとした映画。
テンポが独特。
現実的に見せかけて非現実的すぎて、乗るのにかなり時間がかかってしまった、、、
(選曲もやや微妙な様な、、、)

おにぎりのおばさんを含め、色々な人が繋がっていくのが面白い。

最後のシーンのレオンの明るい表情に安心した。
uka

ukaの感想・評価

3.6
THE・恋愛群青劇。
好きの交錯。

まるでじぶんがこの映画の8人目に入っているかのように、隣に寄り添ってくれる暖かい作品だった。

知らないところで誰かは自分の憂いも喜びも見ている。好意は大切にしなくちゃ。

青柳文子の演技も、役のサイコパス度も、悪い意味でヤバい。
Hiros

Hirosの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

韓国のシュッとした俳優の顔が似ていてキャラ整理に時間かかったことと、前半のテンポが悪かったためダレそうになったが途中からめちゃくちゃ引き込まれた。
ハッピーアワーをみたときのようないつまでもみてられる心地よさがあった。
レオンの闇を前半に文字で説明するのは何か安っぽくてどうなん?と感じたが映像でみせられてなかったせいでうろ覚えだったため後半の車椅子とレオンの関係性繋がるところの感動がでかかった。
事故のくだりを映像でがっつりみせられてたら味わえてなかったと思う。
明るく前向きになれ、異国間交友したくなる映画。たまの映画の監督とは知らなんだ。
SU

SUの感想・評価

3.7
序盤テンポが悪くとても退屈だか、どんどん話に引き付けられてきて、結果良かった。
o

oの感想・評価

3.7
それなって感じ
ふわ〜とみんな繋がっていくゆっくりさも良かった あとあの人めっちゃ藤ヶ谷太輔
>|