たんちーハウス

orangeのたんちーハウスのネタバレレビュー・内容・結末

orange(2015年製作の映画)
2.5

このレビューはネタバレを含みます

原作ファン+コブクロファンなので鑑賞しました。

まず、松本市のリアルな風景が実写で見れたのは嬉しかったです。原作の背景の細かい書込みが好きなので、あ〜ここがあの場所か!と感じることが出来ました。

だがしかし。
う〜〜〜ん。とにかくテンポが悪い。”未来から来た手紙”がストーリーの軸なので、手紙を読むシーンがかなり沢山あるのですが、実写にすると動きが無いせいかめちゃめちゃテンポが悪い…なのに2時間半という少女漫画原作にしてはかなりの長尺。

そしてたぶん太鳳ちゃん合ってない。手紙のシーンの棒読みも相まってあまり上手く感じられなかったです。

原作でもジーンときた、須和が”俺にはサッカーがあるから”って身を引くシーンが映画でも一番心に響いたかな。自己犠牲なシチュに弱い…。