マネー・ショート 華麗なる大逆転の作品情報・感想・評価

マネー・ショート 華麗なる大逆転2016年製作の映画)

The Big Short

上映日:2016年03月04日

製作国:

上映時間:130分

3.4

あらすじ

2005年、へヴィメタルをこよなく愛する金融トレーダー・マイケル(クリスチャン・ベール)は、格付の高い不動産抵当証券の何千もの事例を調べていく中で、返済の見込みの少ない住宅ローンを含む金融商品[サブプライム・ローン]が、数年以内にデフォルト[債務不履行]に陥る可能性がある事に気付くが、その予測はウォール街の銀行家や政府の金融監督機関から全く相手にされずにいた。そんな中、マイケルは「クレジット・デ…

2005年、へヴィメタルをこよなく愛する金融トレーダー・マイケル(クリスチャン・ベール)は、格付の高い不動産抵当証券の何千もの事例を調べていく中で、返済の見込みの少ない住宅ローンを含む金融商品[サブプライム・ローン]が、数年以内にデフォルト[債務不履行]に陥る可能性がある事に気付くが、その予測はウォール街の銀行家や政府の金融監督機関から全く相手にされずにいた。そんな中、マイケルは「クレジット・デフォルト・スワップ」という金融取引に目をつけ、ウォール街を出し抜く事を画策するー。 同じ頃、ウォール街の若き銀行家ジャレット(ライアン・ゴズリング)は、マイケルの戦略を察知し、頭金なしで信用力の低い多くの低所得者に住宅ローンを組ませている大手銀行に対して不信感を募らせているヘッジファンド・マネージャーのマーク(スティーブ・カレル)を説得して「クレジット・デフォルト・スワップ」に大金を投じるべきだと勧める。 また、この住宅バブルを好機と捉え、ウォール街で地位を築こうと野心に燃える若き投資家の2人から、勝負を賭けるにあたり相談を持ちかけられるベン(ブラット・ピット)。今は一線を退いた伝説の銀行家であるベンは2人の計画に自らのコネクションを使って彼らのウォール街への挑戦を後押しすることを決意する。 2008年、遂に、住宅ローンの破綻に端を発する市場崩壊の兆候が表れるー。マイケル、マーク、ジャレット、ベンの大勝負が始まる・・。

「マネー・ショート 華麗なる大逆転」に投稿された感想・評価

これは…予備知識なしで見たら、話に付いていけなかったw!情報シャットアウトして臨んだ末の、落とし穴!笑
途中から完全に、ステキ俳優たちとゲストセレブたちを愛で、斬新で奇抜で面白い演出を楽しむ方に、シフトチェンジしたよ。
とはいえ、バブルとはよく言ったもので、好景気なんてものは泡の如く、末永く安心安定なんて無いのだと、現代人は肝に銘じておくべきでしょうね。あと庶民は美味い話にホイホイ乗らないとか、不相応なローンは組まないとか!
リーマンショックの時は私はイギリスに滞在していて、行く時と帰るときでは、円-ポンドの為替レートが倍くらい違っていて(泣)、ビビったこと思い出した。

ブラピはもう、美味しい役しかする気はないのか…もうちょっと挑戦的な役もやってほしいな…
あとコメディタッチなものの、内容はがっつり社会派なので、邦題の「華麗なる大逆転」はかなりイメージ違ったなぁ。華麗なる〜は、トーマス・クラウンとかギャツビーとか、ホントに華麗な映画に付けてほしいよ。
(日本公開時のレビューです)
劇場で観ましたが、金融知識ゼロの俺は途中白目を剥いた映画。

多少その辺の知識と専門用語がわかっていれば楽しそう。

題材的にはとても興味ある作品だっただけに、

ちょっと勉強してから再びリベンジしたい、、、
あのね、バカむずい

このレビューはネタバレを含みます

金融に興味を持ち始めて手に取ったDVD
ちょうどリーマンショックから10年だったり自分の周りでお金の流れとかについて知りたいっていう興味があってすごく真剣にみた

リーマンショックやサブプライムモーゲジについてわかりやすく説明していたと思う。ちゃんと理解できてるか定かじゃないけど
ヘッジファンドの人たちにスポットライトを当てて彼らの行動を追っていくことで金融システムの歪みとかどこが穴でそこを重点的につけば儲けられるとかが今まで経済学の授業で見てきた第三者目線でリーマンブラザーズの破綻をメインに描いた話と違った目線からみれて格付け機関とかのジレンマとかストリッパーや移民がどう騙されたとかも観れたのが良かった、なんかリアルな感じがした、身近で起こりえることだって
特にマークがストリッパーにどんだけローンを持っているのかを聞くシーンがすごく好き。てか全体的にマークが持つ疑問とか探究心がすごく好きだった。少し懐疑主義すぎるところがあるのかもしれないしすべての歪みを正そうとすることでかえって自分に負担をかけているのかもしれない、(作中ではim happy when im unhappyって言ってる)けど自分が理解できないCDSとかについて繰り返し聞いたり自分の意見とか思ったことをストレートに言うのめっちゃかっこいいなって思うしそれくらい自分の信念ってか間違ってても自分が信じる意見だったりわからなかったらwhat the fuck is thatって聞ける熱心さ、わからないこと知らないことを恥とする暇もないくらいに探究心が強いのって憧れる
でもだからこそ、それをやってきたからこそ最後自分がCDOをシステムが破綻してる時に売って儲けるのに抵抗が見られた、自分もシステムの奴ら、自分の利益のためにこれまでにもバブルを大きくした人々と同じようにtake advantage of the systemするのが嫌な感じがした、けどやっぱり売ったとこを見るとなんだろ、ある種の正義感ってのは自分の利益とか自分のメリットになることには勝てないのだろうか、それかこの売りの行為はチームのことも考えてとかもあったのかも

実話であることがすごく面白く、興味をそそり、モデルとなった人たちのリアルライフを検索するまでにもなった
ただシステムの上で決められたルールでプレイするんじゃなくて彼らのようにどこに穴があるのか、どうやったらお金を増やせるのかを常に世界の動向を見ながら考えてプレイすることに楽しさがあるのかもしれない

あと、ヤンさんの「債券は経済が破綻した時に儲かる仕事、彼らは世界が不幸になった時に一番嬉しがるんだ」みたいな言葉を思い出した
ボブ

ボブの感想・評価

3.5
2016/3/21鑑賞。4人の凄腕トレーダーが手を組み、不正を見破り見事大金ゲットだぜイェー!と誤解させる予告と、絶対に作品を見ずに付けた「華麗なる大逆転」という副題、この2つが著しく作品の評価を下げています。最低限の金融知識は必要(でないと何故彼らが苦しんでいるのか分からない)ですが、リーマンショックの仕組みを分かり易く説明してくれる良作です。 万人受けする面白さではないですが、こういう作品はセンスが無いと作れませんね。それにしてもまさかベガスで徳永英明が流れるとは… 75点。
skichi

skichiの感想・評価

3.0
面白かったです。
ただ、経済ものでは必ずこうなるけど、
ついていけない…
興味無い人にとっては、地獄かもしれない。
しかも結局、
世界中の人の不幸で大儲けした人たちの話ですから。
オンチ

オンチの感想・評価

3.0
頭パンクしすぎて面白いか面白くないかの区別もつけられなかった。
たくz

たくzの感想・評価

4.0
実話系ですね
個人的には好きですが、金融証券系じゃない人には話分かりにくいかも知れませんね
naoya

naoyaの感想・評価

4.8
段々わかるようになってきた映画
>|