二重生活(2016年製作の映画)

上映日:2016年06月25日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:126分
    監督
    岸善幸
    原作
    小池真理子
    キャスト
    門脇麦
    長谷川博己
    菅田将暉
    リリー・フランキー
    西田尚美
    河井青葉
    篠原ゆき子
    烏丸せつこ
    宇野祥平
    あらすじ
    大学院で哲学を学ぶ平凡な学生、珠は、ゲームデザイナーの恋人、卓也と同棲している。 珠は担当教授である篠原のもと、修士論文の準備を進めていた。「なぜ人間は存在するのか、何のために生きるのか。これまで学んだ哲学書や研究の解釈も腑に落ちなくて……」と悩む珠に、篠原教授は「それを考えるのが哲学です」と伝えながらも、無作為に選んだひとりの対象を追いかけて生活や行動を記録する“哲学的尾行”の実践を持ちかける。 理由なき尾行に対して迷いを感じた珠が参考資料を探しに向かった書店で偶然見かけたのは、マンションの隣の一軒家に、美しい妻と娘とともに住む石坂の姿だった。作家のサイン会に立ち会っている編集者の石坂がその場を去ると、後を追うように店を出る珠。こうして石坂を尾行する日々が始まった。 コーヒーショップで待ち合わせた女から男物の腕時計を受け取る石坂。人気のないビルの陰に移動し、濃厚なキスを交わす姿を目撃した珠は、女の後をつけてメールボックスを確認し、相手の名前をつきとめる。 この日の出来事をきっかけに哲学的な方法論として尾行を取り入れることを決めた珠に、篠原教授は「対象と接触してはいけない。接触すれば尾行ではなくなる」というルールを告げる。 小説家との打ち合わせでは手厳しくも的確な編集者としての敏腕ぶりを感じさせ、不倫相手しのぶとのやりとりのあとに何食わぬ顔で父親に戻り、娘と連絡をとる石坂は、すでに様々な顔を見せ始めていた。論文のリサーチがあるという理由で家にも帰らず、卓也に嘘をついてまで外出して尾行にのめりこんでいく珠。一方、篠原は密かに“喪の準備”をはじめていた──。

    「二重生活」に投稿された感想・評価

    伝えたいことがボヤッとしてた感じ。良くも悪くも日本の映画的なテンポでじとっと進んでいき、山場って感じも無く、個人的にはうーんって感じ。
    ただ役者の方々は良くて、個人的には長谷川さんの色気にやられた。かっこいい
    『(この先は)おもしろいかも』がずっと続いて終わる映画。うーん。
    哲学的なこと なぜ生きてるいるの?とか、考え始めるとどんどん闇に潜っていく気がして、わたしは好きじゃありません。
    主人公は修士論文(哲学専攻)のために近所のセレブな家の旦那様を尾行し始めますが、ハードな現実を見てしまいます。
    幸せそうに見えて実はからっぽ、汚い大人、というの、今の風潮では槍玉にあげられやすいし、そういうのを見て面白いって思う人はきっとはまるんだろうなあと思いました。
    あとは、少し悪いことをしたり、少し踏み違えてみたいという好奇心をそそる映画だなあとも思いました。
    尾行下手やなー、野次馬でバレるってズボラかよ、全然利口じゃない、アホやわ

    酔ってキスするところあれ、代々木八幡駅の山手通りのとこやんな!?知ってるわー
    尾行が下手すぎてハラハラして、ぶっ通しで観れなかった、3日くらいかけて見終えた。
    意味はよく分からなかった
    尾行、もう少しうまくやろう。
    二流の美大の卒業制作みたいなB級感。
    良い映画っぽい空気がずっと流れていてテーマも面白かったのでさらにそれをひっくり返す何かを待っていましたが波は来ず。ある意味で目線を合わせにかかった説明的映画なのかも知れませんが、僕には不要の様々でした。

    わからない、わかるかもしれない、という状態は知的好奇心が働くので恵まれた状態で、わかれば、わかってしまったということから知っていくことに、つまり記憶していくということにベクトルが変わるため考えることを辞めてしまう。考えることを辞めるとまたわからなくなって、今度はそれが別の方向であれば正しいのではないかと思ってしまうのは僕だけではないと信じたいところ。

    話が脱線しましたが、この映画における話の展開、カメラワーク、演技は余りに説明的であらすじや説明書を読んでる気持ちになりました。

    悪くはないけれど、到達出来ないところまで高く飛べる余地があったのに。。と思ってしまいます。言われなくてもわかる部分を省いて、って作中の長谷川さんが自分でやってましたね。それがもし監督の意図であれば愚痴とか聞けるかもしれないです。
    意味なく尾行するっていうのは面白いと思った。
    でもあの序論からいい論文が書けるとは思えないんだが…
    基本的に登場人物の感情が汲み取れなかった。
    >|