二重生活の作品情報・感想・評価

二重生活2016年製作の映画)

上映日:2016年06月25日

製作国:

上映時間:126分

3.4

あらすじ

大学院で哲学を学ぶ平凡な学生、珠は、ゲームデザイナーの恋人、卓也と同棲している。 珠は担当教授である篠原のもと、修士論文の準備を進めていた。「なぜ人間は存在するのか、何のために生きるのか。これまで学んだ哲学書や研究の解釈も腑に落ちなくて……」と悩む珠に、篠原教授は「それを考えるのが哲学です」と伝えながらも、無作為に選んだひとりの対象を追いかけて生活や行動を記録する“哲学的尾行”の実践を持ちかけ…

大学院で哲学を学ぶ平凡な学生、珠は、ゲームデザイナーの恋人、卓也と同棲している。 珠は担当教授である篠原のもと、修士論文の準備を進めていた。「なぜ人間は存在するのか、何のために生きるのか。これまで学んだ哲学書や研究の解釈も腑に落ちなくて……」と悩む珠に、篠原教授は「それを考えるのが哲学です」と伝えながらも、無作為に選んだひとりの対象を追いかけて生活や行動を記録する“哲学的尾行”の実践を持ちかける。 理由なき尾行に対して迷いを感じた珠が参考資料を探しに向かった書店で偶然見かけたのは、マンションの隣の一軒家に、美しい妻と娘とともに住む石坂の姿だった。作家のサイン会に立ち会っている編集者の石坂がその場を去ると、後を追うように店を出る珠。こうして石坂を尾行する日々が始まった。 コーヒーショップで待ち合わせた女から男物の腕時計を受け取る石坂。人気のないビルの陰に移動し、濃厚なキスを交わす姿を目撃した珠は、女の後をつけてメールボックスを確認し、相手の名前をつきとめる。 この日の出来事をきっかけに哲学的な方法論として尾行を取り入れることを決めた珠に、篠原教授は「対象と接触してはいけない。接触すれば尾行ではなくなる」というルールを告げる。 小説家との打ち合わせでは手厳しくも的確な編集者としての敏腕ぶりを感じさせ、不倫相手しのぶとのやりとりのあとに何食わぬ顔で父親に戻り、娘と連絡をとる石坂は、すでに様々な顔を見せ始めていた。論文のリサーチがあるという理由で家にも帰らず、卓也に嘘をついてまで外出して尾行にのめりこんでいく珠。一方、篠原は密かに“喪の準備”をはじめていた──。

「二重生活」に投稿された感想・評価

SHOWWW

SHOWWWの感想・評価

3.1
伝えたいことがボヤッとしてた感じ。良くも悪くも日本の映画的なテンポでじとっと進んでいき、山場って感じも無く、個人的にはうーんって感じ。
ただ役者の方々は良くて、個人的には長谷川さんの色気にやられた。かっこいい
Kana

Kanaの感想・評価

3.0
心理学を専攻する少女が卒論のため始めたある行動をきっかけに、日常のバランスが少しずつ崩れていく。
好奇心と罪悪感を天秤にかけて、ギリギリアウトな選択をしてしまう主人公を見て、そのスリルに息を飲む。
普通の女の子が、知らない内に隠し持っている邪な欲望が上手に描かれている。
我が強く臆病で弱くて身勝手な、麦ちゃんの演技がとても素敵。
iabwimy

iabwimyの感想・評価

3.0
尾行一つで人の生活にここまで入り込めるとは思わなくて面白かった。
珠と石坂さんが、カフェから移動してお酒飲んじゃうあたりがもうエロい展開確定って感じで笑ってしまった。
mgz

mgzの感想・評価

3.2
長谷川博己は格好良い。
尾行ってバレるんですよ。
SHIN

SHINの感想・評価

4.1
泣ける!!
人間の欲。人生とは自分で決めるものであり、悩んだら正解はない。
だけど、悩み続けるのが人生である。
他人に求めてもわからないし、満足いく生活などない。
この映画は分かる人とわからない人にきっぱり別れると思う。3.5という真ん中の評価がとても現実味ありますね!^ ^

リリーフランキー。もー、泣けるよ。哲学の教授の秘密、裏の生活しりたくなかったなーー。。
役者の場合は裏表をできるだけなくして、他人になりきるから本当に難しいかつ楽しいと思う。

菅田将暉をキャスティングはすこしちがうかも。。
rukue

rukueの感想・評価

3.5
他人の人生を観察して得るものはないし、悩んでも自分の人生を生きるしかない。そうじゃなきゃ意味がないもんね。
こもえ

こもえの感想・評価

3.4
理由なき尾行。哲学の修論テーマに悩んでいた珠が担当教授から勧められ、近所に住んでいる石坂の尾行を始めるというストーリー。

どんどん尾行にハマっていく珠の目線で物語が進んでいくので、観てるこちらも石坂の私生活を覗いている気分になっていきます。
まぁド素人の珠の尾行はお世辞にも上手とは言えず、結局石坂に見つかってしまうのですが。門脇麦と長谷川博己のやり取りはいろんな意味でドキドキしました。

でもなんで教授は学生に危険な行為をするように言ったのか? 感情を表に出さないリリー・フランキーがちょっと不気味でもあったし、卓也(菅田将暉)も抑えた演技でよかった。ん? あれは卓也だったのかなぁ?

時折映し出される監視カメラの映像は誰もがどこかで見られているということを暗示しているのか。
珠は彼氏の卓也に尾行を隠し、石坂も教授も隠さなければいけないことがあったように、そこまで大袈裟なことではなくても誰しもが秘密を抱えていて“二重生活”を送っているのかもなぁとか思いをめぐらせてしまいました。ラストも意味深・・・。
2017/09/21鑑賞
かほち

かほちの感想・評価

2.5
教授の言いなりで修論のために尾行…メインは珠(麦ちゃん)だけど、教授の心情の変化も見たかったなぁと思った。

「まるでドキュメンタリー」て言葉通り、揺れがあったり遠巻きから見つめたり、表情の当て方が面白いな~と思いました。ずっと門脇麦を見ているわけではなくて、長谷川博己や愛人の会話をアップにするわけでもなく、門脇麦から見た二人の映像。探偵目線みたいな感じ。
要は「長谷川博己を尾行する門脇麦を観客が尾行する映画」というところかな。

冒頭いきなり麦ちゃんと菅田くんのベッドシーンがあり、菅田担のみなさんは、こういうシーン「受けて立つ!むしろ歓迎!」なイメージありますが、違ってたらごめんなさい。
 でも、菅田くんの役は菅田くんでなくても良いようなさらっとした役なので少しもったいないなあ、と思いました。でも麦ちゃんも菅田くんも、本当に実力と色気と毒があって見応えありです。

彼は最近本当ドン引きするレベルで忙しそうで「そろそろカレ倒れるんじゃない?」っていうレベルなもんだから見ていて個人的にハラハラしています。
窪田正孝や山崎賢人もだけど、事務所が推すのか、それとも業界のギャランディがそこまで高くない(比較対象が他のもぅ売れてる人で)かつ、話題性があるからなのか知らんけど、消耗品のようにガンガン出ていて心配になる今日このごろです。
まぁ仕事があるだけファンとしては嬉しいってのは概ね同意だし、ないよりある方がいいだろうし、経験は積んだほうがいいから、一概に言い切れないけれども。

しかし麦ちゃんの服装が体のラインが出ないようなものが多いから気づかなかったけど長谷川とのベッドシーンは、あーえぇ乳しとるわぁ~て思いました。

あとこの映画、長谷川博己ファンは絶対おすすめ。
あとジャニヲタ界に多く生息する、「冷たいイケメンに見下されてぇーなぁ」みたいな方も是非。

ラストの駅でうっかり近くに菅田がいて、その前の引っ越しのシーンには長谷川がいて。
彼らは彼らで前に進む(いかざるを得ない)。
奥さんと対象者Aはよりを戻したというか、奥さんが許したんだなっていうのは驚きました。洗車しているとき遠くから撮っているのに真顔なのがわかる、あの昼ドラ鬱な感じがすごいなーと思ってたから尚更ね。
麦ちゃんも卒論を終え、前に進まなくちゃならない。「やめた」のは教授だけ。
彼は前に進むことをやめた人間だから、横断歩道を渡らずに見ているのかな、て思った。
最後の振り返りと、麦ちゃんのモノローグを考えると「どうしたかったのか」という言葉の意味は興味深かったけれど、決して後味超いい!スカッとする!というものではない、少し小難しい終わり方となっています。
>|