二重生活(2016年製作の映画)

上映日:2016年06月25日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:126分
    監督
    岸善幸
    原作
    小池真理子
    キャスト
    門脇麦
    長谷川博己
    菅田将暉
    リリー・フランキー
    西田尚美
    河井青葉
    篠原ゆき子
    烏丸せつこ
    宇野祥平
    あらすじ
    大学院で哲学を学ぶ平凡な学生、珠は、ゲームデザイナーの恋人、卓也と同棲している。 珠は担当教授である篠原のもと、修士論文の準備を進めていた。「なぜ人間は存在するのか、何のために生きるのか。これまで学んだ哲学書や研究の解釈も腑に落ちなくて……」と悩む珠に、篠原教授は「それを考えるのが哲学です」と伝えながらも、無作為に選んだひとりの対象を追いかけて生活や行動を記録する“哲学的尾行”の実践を持ちかける。 理由なき尾行に対して迷いを感じた珠が参考資料を探しに向かった書店で偶然見かけたのは、マンションの隣の一軒家に、美しい妻と娘とともに住む石坂の姿だった。作家のサイン会に立ち会っている編集者の石坂がその場を去ると、後を追うように店を出る珠。こうして石坂を尾行する日々が始まった。 コーヒーショップで待ち合わせた女から男物の腕時計を受け取る石坂。人気のないビルの陰に移動し、濃厚なキスを交わす姿を目撃した珠は、女の後をつけてメールボックスを確認し、相手の名前をつきとめる。 この日の出来事をきっかけに哲学的な方法論として尾行を取り入れることを決めた珠に、篠原教授は「対象と接触してはいけない。接触すれば尾行ではなくなる」というルールを告げる。 小説家との打ち合わせでは手厳しくも的確な編集者としての敏腕ぶりを感じさせ、不倫相手しのぶとのやりとりのあとに何食わぬ顔で父親に戻り、娘と連絡をとる石坂は、すでに様々な顔を見せ始めていた。論文のリサーチがあるという理由で家にも帰らず、卓也に嘘をついてまで外出して尾行にのめりこんでいく珠。一方、篠原は密かに“喪の準備”をはじめていた──。

    「二重生活」に投稿された感想・レビュー

    SHOWWW
    SHOWWWの感想・レビュー
    2016/12/20
    3.1
    伝えたいことがボヤッとしてた感じ。良くも悪くも日本の映画的なテンポでじとっと進んでいき、山場って感じも無く、個人的にはうーんって感じ。
    ただ役者の方々は良くて、個人的には長谷川さんの色気にやられた。かっこいい
    yoshimin
    yoshiminの感想・レビュー
    23時間
    3.3
    尾行シーンにハラハラ、そんなんじゃ気づかれるよ!ってくらい挙動不審さ全開の主人公。

    いい人そうでも裏の顔が誰しもありうる。

    他人の生活を垣間見ることで、自分の内面と向き合えたのか。
    あつみ
    あつみの感想・レビュー
    1日
    3.2
    理由なき尾行を、論文の題材にする院生。


    菅田将暉君にハマっているんですけど、今作でも魅力たっぷりでした(特にオープニング)
    Megumi
    Megumiの感想・レビュー
    1日
    3.0
    面白い!
    「現代における実存とは?」という論文のテーマにたった1人の人間を対象に尾行を行うというストーリー。
    人の裏の顔とか事情とかドプイベートなんて御構い無しの主人公。
    見ていて飽きない展開とハラハラ感。
    面白いです!!
    ターニャ
    ターニャの感想・レビュー
    1日
    3.7
    意外なショップで見つけてレンタル。
    全く内容は知らず、キャスティングだけで興味が出ただけだったけど、普通に観て面白かった。
    たまに出てくる監視カメラがサスペンスっぼくて魅かれたけど、結局「いる?」って感じもあった。
    監視カメラ付けたあの管理人悪いなw
    もう一回観たくなる作品だった。
    かえぴさん
    かえぴさんの感想・レビュー
    1日
    3.3

    このレビューはネタバレを含みます

    理由なき尾行。人間とは何なのか。見られる側と見る側とは。


    監視カメラ、お喋りな管理人。全てが尾行へと繋がっていってた。他人から見えない一瞬も全てがカメラに映ってるから。監視カメラ映像は完全にホラーなのだけど。

    寂しさから生まれる疑問で人間の欲求を満たしていく感じがなんとも。哲学って難しい。

    カメラワークが、それぞれの目線はもちろんの事、それがヒキで撮られていると誰かが珠のことを尾行してる、、?と思いつつハラハラした2時間。

    これは何回見ても面白いと思うなあ。
    にしても、教授の自殺シーンを冒頭に持ってきた意味がわからないのだが。考察を色々加えても腑に落ちない。
    まあ、彼だけ前に進まないから歩いているシーンが無いということだよね。
    石坂、卓也、珠はそれぞれの道を歩いて前に進んでいる。


    印象に残ってるのが、洗車のシーン。奥さんが遠巻きに見て不倫に気づくところ。
    完璧な家庭というのは、えてしてどこかになにかある。それをぶぁっと掘り下げたのが、東海テレビ制作の「幸せの時間」。これは昼ドラだけどほんとに面白い。



    菅田くんに関しては、話題作りのためとしか私には思えなかったけど冒頭が物凄く良かったので何も言いません!!!!!
    HarunaTanaka
    HarunaTanakaの感想・レビュー
    1日
    2.3
    他人の生活への興味が少しずつその人も自分も壊していくのが、怖いけど面白い。もう一度ゆっくり観たい。
    ふるか
    ふるかの感想・レビュー
    2日
    2.8
    門脇麦にも長谷川博己にもめちゃくちゃイライラするけど、映画の空気自体は好き。尾行者は尾行してるくせにすぐぐずぐず泣くし、対象者Aもすぐ責任転嫁しちゃうし、なんなんだこいつら! ってなる。ラブホで我に返った後とうとうと語り出すのちょっとよくわからなかった。し、長谷川の態度もないわ〜〜対象者Bの話は、小説だとどうなってるのかわからないけど、無理やり詰め込んだというか、急いだな……って感じだった。むしろ、そっちの話メインで見たいくらいだよ〜〜〜あと、大家さんの監視カメラは結局なんのためだったの? ちょくちょくエピソードとか要素がブツ切れっぽくて気持ち悪かった。
    >|