二重生活の作品情報・感想・評価

二重生活2016年製作の映画)

上映日:2016年06月25日

製作国:

上映時間:126分

3.4

あらすじ

大学院で哲学を学ぶ平凡な学生、珠は、ゲームデザイナーの恋人、卓也と同棲している。 珠は担当教授である篠原のもと、修士論文の準備を進めていた。「なぜ人間は存在するのか、何のために生きるのか。これまで学んだ哲学書や研究の解釈も腑に落ちなくて……」と悩む珠に、篠原教授は「それを考えるのが哲学です」と伝えながらも、無作為に選んだひとりの対象を追いかけて生活や行動を記録する“哲学的尾行”の実践を持ちかけ…

大学院で哲学を学ぶ平凡な学生、珠は、ゲームデザイナーの恋人、卓也と同棲している。 珠は担当教授である篠原のもと、修士論文の準備を進めていた。「なぜ人間は存在するのか、何のために生きるのか。これまで学んだ哲学書や研究の解釈も腑に落ちなくて……」と悩む珠に、篠原教授は「それを考えるのが哲学です」と伝えながらも、無作為に選んだひとりの対象を追いかけて生活や行動を記録する“哲学的尾行”の実践を持ちかける。 理由なき尾行に対して迷いを感じた珠が参考資料を探しに向かった書店で偶然見かけたのは、マンションの隣の一軒家に、美しい妻と娘とともに住む石坂の姿だった。作家のサイン会に立ち会っている編集者の石坂がその場を去ると、後を追うように店を出る珠。こうして石坂を尾行する日々が始まった。 コーヒーショップで待ち合わせた女から男物の腕時計を受け取る石坂。人気のないビルの陰に移動し、濃厚なキスを交わす姿を目撃した珠は、女の後をつけてメールボックスを確認し、相手の名前をつきとめる。 この日の出来事をきっかけに哲学的な方法論として尾行を取り入れることを決めた珠に、篠原教授は「対象と接触してはいけない。接触すれば尾行ではなくなる」というルールを告げる。 小説家との打ち合わせでは手厳しくも的確な編集者としての敏腕ぶりを感じさせ、不倫相手しのぶとのやりとりのあとに何食わぬ顔で父親に戻り、娘と連絡をとる石坂は、すでに様々な顔を見せ始めていた。論文のリサーチがあるという理由で家にも帰らず、卓也に嘘をついてまで外出して尾行にのめりこんでいく珠。一方、篠原は密かに“喪の準備”をはじめていた──。

「二重生活」に投稿された感想・評価

SHOWWW

SHOWWWの感想・評価

3.1
伝えたいことがボヤッとしてた感じ。良くも悪くも日本の映画的なテンポでじとっと進んでいき、山場って感じも無く、個人的にはうーんって感じ。
ただ役者の方々は良くて、個人的には長谷川さんの色気にやられた。かっこいい
19

19の感想・評価

3.0
記録用。
みー

みーの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

眼鏡女子の麦ちゃんが可愛すぎる。
この作品で、麦ちゃんのファンになった。
自なの?ってくらい自然であたふたするとこ可愛いし、大声だして泣くとことか女優によってはイライラすることが多いけど、麦ちゃんはすんなり受け入れられた。

「尾行」という非日常的なシチュエーションと、見つかるかもっていうスリルに、いつの間にか麦ちゃんと一緒に尾行しているような感覚になる。
しかも、良き父親の裏の顔なんか見ちゃった日にはやっぱり面白くなってしまう。

ただ、いつの間にか麦ちゃんと一緒に尾行していたはずが麦ちゃんを尾行しているような感覚に変わっていった。

ストーリーのすべてを理解はできなかった。
リリー・フランキーの人生も気になる。

菅田くんの彼氏役も良かった。
SK

SKの感想・評価

3.5
映画にと言うよりソフィ・カル自体に興味が湧いたし原作の方が面白そうだなってきっかけをくれた。

菅田将暉……菅田将暉………の……

門脇麦ちゃんの身体、素敵。。
世の中に満たされてる人間なんて居ない
理由なき尾行 ふとした事をきっかけに始まる非日常な感じ
wami

wamiの感想・評価

2.8
ストーリー8
キャスト6
映像3
音楽3
またみるか4
プラス要素4
hitomi

hitomiの感想・評価

-
おっぱいおっきいからやたら脱がされる門脇麦ちゃん、雰囲気独特。
実際哲学やってる人の感じではないけど、分かりやすいのかな、どうなのか。
普通ならもっと秘密に迫るドキドキ感みたいな演出がありそうだけど、ただただ日常だった。
画面が暗すぎて顔面アップでもどんな顔してるのか分からんかったのと声のテンションが低すぎて泣きの演技で大きくなりすぎるところが何かの設定間違えたのかと思った。
私も疲れて帰ってきて菅田将暉の隣で眠りこけたいって映画だった。
私には良くわからない話だった
最後まで無さそうでありそうな論文の為の尾行の話だと思ったら最後は不思議な終わり方でえーとなった
単純なお話好きなのだが麦ちゃんの演技は自然でぼーっと見れた
長谷川博己やはりエロい
不思議、特別かっこいいわけではないのにエロい
ばま

ばまの感想・評価

4.0
面白いなぁ。
いかにも、私が通ってた大学の学科でやりそうな議題
…とか言ったら怒られそうやけど。笑

哲学むずかしい。
考えても考えても答えが出なくて、考え続ける学問やから、
珠にはそれが合ってたんやろうな。


本当、想像してたよりも
すっごい面白った。
人をツケルだけで、こんなにも引き込まれるのか。


珠(麦ちゃん)と石坂さん(長谷川さん)の展開には、
「おぅおぅおぅ、、、なぜ??」
ってなったけど。

妻役の西田尚美は綺麗すぎて、切なくて、
すごい好きやった。



実は、見たのが結構前で
感想書くのを忘れてた事に今更気づいたので、
ハッキリとは覚えてないねんけど、

でもとにかく、すごく面白くて引き込まれたのは良く覚えてる。
Mari

Mariの感想・評価

3.5

こういう系の映画あまり見ないんだけど久しぶりに見たくなって見てみたら、思ったより面白かった。
専門で心理学を学んでいた私はけっこう人間観察とか好きで、そのまま勝手にその人が何を思ってるのかとか想像したりするのも好きな、まぁ変なやつなんだけど。笑
だからめっちゃ意味もない尾行っていうのにすごく興味があって、最初はビクビクどうしたらいいかわからないけど、どんどんハマっていっちゃう主人公にすごく共感できたし、門脇麦ちゃんがとてもうまく演じてたと思う。

この映画が何を伝えたいのかって、けっこう見た人それぞれの感性によって違うんじゃないのかな〜と。いい意味でも悪い意味でも正解がないというか。そこは私は好きです。


借りてから気づいたけどR15だったんだね。最初からけっこうエロくてビックリした。菅田将暉ファンにはたまらないだろうね。菅田将暉ももちろん好きだけど、長谷川博己が好きすぎる私にはあのクズたまらなかったです。笑
男としてクズだったけど、ホテルで麦ちゃんに投げかける言葉はすごく重みがあってジーンときた。

最後の教授のくだりはわかるようでわからなかったけど、本当人間という生き物を一番理解できるのも一番理解できないのも人間なんだと思います。

最後、タンスの裏から、彼が書いた絵を見つけるシーン。
自分というものがなんなのか、なんで生きてるのかわからなかった主人公も、きっと誰かの必要な存在で確かに愛されていたことがわかって、前を向けたんじゃないかな。
駅でのシーンはあぁ気づかないのかーと思いつつ、これでいいのかなとも。

後半ちょっと長いかなと思いつつ、心理的な面と濡れ場が綺麗だったことにて高評価です。
>|