二重生活(2016年製作の映画)

上映日:2016年06月25日

製作国:
  • 日本
  • / 上映時間:126分
    監督
    岸善幸
    原作
    小池真理子
    キャスト
    門脇麦
    長谷川博己
    菅田将暉
    リリー・フランキー
    西田尚美
    河井青葉
    篠原ゆき子
    烏丸せつこ
    宇野祥平
    あらすじ
    大学院で哲学を学ぶ平凡な学生、珠は、ゲームデザイナーの恋人、卓也と同棲している。 珠は担当教授である篠原のもと、修士論文の準備を進めていた。「なぜ人間は存在するのか、何のために生きるのか。これまで学んだ哲学書や研究の解釈も腑に落ちなくて……」と悩む珠に、篠原教授は「それを考えるのが哲学です」と伝えながらも、無作為に選んだひとりの対象を追いかけて生活や行動を記録する“哲学的尾行”の実践を持ちかける。 理由なき尾行に対して迷いを感じた珠が参考資料を探しに向かった書店で偶然見かけたのは、マンションの隣の一軒家に、美しい妻と娘とともに住む石坂の姿だった。作家のサイン会に立ち会っている編集者の石坂がその場を去ると、後を追うように店を出る珠。こうして石坂を尾行する日々が始まった。 コーヒーショップで待ち合わせた女から男物の腕時計を受け取る石坂。人気のないビルの陰に移動し、濃厚なキスを交わす姿を目撃した珠は、女の後をつけてメールボックスを確認し、相手の名前をつきとめる。 この日の出来事をきっかけに哲学的な方法論として尾行を取り入れることを決めた珠に、篠原教授は「対象と接触してはいけない。接触すれば尾行ではなくなる」というルールを告げる。 小説家との打ち合わせでは手厳しくも的確な編集者としての敏腕ぶりを感じさせ、不倫相手しのぶとのやりとりのあとに何食わぬ顔で父親に戻り、娘と連絡をとる石坂は、すでに様々な顔を見せ始めていた。論文のリサーチがあるという理由で家にも帰らず、卓也に嘘をついてまで外出して尾行にのめりこんでいく珠。一方、篠原は密かに“喪の準備”をはじめていた──。

    「二重生活」に投稿された感想・レビュー

    SHOWWW
    SHOWWWの感想・レビュー
    2016/12/20
    3.1
    伝えたいことがボヤッとしてた感じ。良くも悪くも日本の映画的なテンポでじとっと進んでいき、山場って感じも無く、個人的にはうーんって感じ。
    ただ役者の方々は良くて、個人的には長谷川さんの色気にやられた。かっこいい
    ひろ
    ひろの感想・レビュー
    14時間
    2.9
    少しよく分からんけど、ほうってなる。尾行がオープン過ぎて、終始ハラハラした。結局たまの探してたものは見つかったのか…
    なしこ
    なしこの感想・レビュー
    18時間
    3.0
    全体的に編集の仕方に違和感が
    mia
    miaの感想・レビュー
    18時間
    2.6
    イマイチピンとこない映画だった。珠が探していること、わかりたいこと、それらをどうにかしたいのかもしれないけど、何故それが尾行に辿り着く?!あのド下手な尾行でなにがわかる?!興味本位の行動にしか思えないよ。そもそも、赤の他人の行動で理解しようということ自体が間違い。必要なのかと思ってしまう・・・。ラブホ行くのとかもぜんっぜん理解でいないし。卓也は珠を大事にしてたように見えたけど・・・珠は卓也のこと、どうでもよさそうだったのが嫌。
    門脇麦のオドオドした感じとか、ボソボソ喋る感じとか、あまりすきじゃないです・・・演技なのかもしれないけど愛の渦と似たり寄ったりだった。それしか観てないけど。
    何かもっと軸がしっかりしてるのかと勝手に思ってたけど、そうでもなかったなあ・・・。
    菅田将暉くんは良かったですよ。
    さやか
    さやかの感想・レビュー
    21時間
    4.0
    ハラハラした
    ma
    maの感想・レビュー
    1日
    3.0
    知らなくていいこともある。
    前嶋涼香
    前嶋涼香の感想・レビュー
    1日
    2.6
    人間はなぜ存在するのか。
    なんのために生きるのか。
    珠は「なんとなく。」同感。

    他人から見たら幸せそうに見える家庭にも
    闇は一つや二つあって
    そうやってなんとなく生きている毎日を
    なんとなくでなくおもしろく?
    してるのかなと思う。
    そういうところは目を瞑って
    目の前の人と関係を築いていくのが
    無難というか。
    そうすることで上手くいくことはたくさんある。
    ここでも菅田将暉は素敵。
    特に横顔。
    はやまさ
    はやまさの感想・レビュー
    1日
    3.0
    なんか難しいテーマだ。よくわからないのが作品のポイント。リリー・フランキーの存在感はいつ見ても凄い。門脇麦はこの手の女の子を演じさせると絶品。色っぽくないのにエロい。
    えいひれ
    えいひれの感想・レビュー
    1日
    3.3
    ストーリーは好きじゃないけど撮り方がすごい好きだった映画
    色気、について考えた
    大学院生の眼鏡の奥のえろさ
    とくなつ
    とくなつの感想・レビュー
    2日
    3.3
    「なぜ人間は存在するのか・・」という疑問が尾行に結びつかず、ストーリーはしっくりこんかったけど、内容は面白かった。
    尾行することで、相手の人生に自分が入り込んだ気がして、別の人生を歩んでるような気になるのは、映画を観てるときの感覚に近い気がする。
    >|