二重生活の作品情報・感想・評価

二重生活2016年製作の映画)

上映日:2016年06月25日

製作国:

上映時間:126分

3.4

あらすじ

大学院で哲学を学ぶ平凡な学生、珠は、ゲームデザイナーの恋人、卓也と同棲している。 珠は担当教授である篠原のもと、修士論文の準備を進めていた。「なぜ人間は存在するのか、何のために生きるのか。これまで学んだ哲学書や研究の解釈も腑に落ちなくて……」と悩む珠に、篠原教授は「それを考えるのが哲学です」と伝えながらも、無作為に選んだひとりの対象を追いかけて生活や行動を記録する“哲学的尾行”の実践を持ちかけ…

大学院で哲学を学ぶ平凡な学生、珠は、ゲームデザイナーの恋人、卓也と同棲している。 珠は担当教授である篠原のもと、修士論文の準備を進めていた。「なぜ人間は存在するのか、何のために生きるのか。これまで学んだ哲学書や研究の解釈も腑に落ちなくて……」と悩む珠に、篠原教授は「それを考えるのが哲学です」と伝えながらも、無作為に選んだひとりの対象を追いかけて生活や行動を記録する“哲学的尾行”の実践を持ちかける。 理由なき尾行に対して迷いを感じた珠が参考資料を探しに向かった書店で偶然見かけたのは、マンションの隣の一軒家に、美しい妻と娘とともに住む石坂の姿だった。作家のサイン会に立ち会っている編集者の石坂がその場を去ると、後を追うように店を出る珠。こうして石坂を尾行する日々が始まった。 コーヒーショップで待ち合わせた女から男物の腕時計を受け取る石坂。人気のないビルの陰に移動し、濃厚なキスを交わす姿を目撃した珠は、女の後をつけてメールボックスを確認し、相手の名前をつきとめる。 この日の出来事をきっかけに哲学的な方法論として尾行を取り入れることを決めた珠に、篠原教授は「対象と接触してはいけない。接触すれば尾行ではなくなる」というルールを告げる。 小説家との打ち合わせでは手厳しくも的確な編集者としての敏腕ぶりを感じさせ、不倫相手しのぶとのやりとりのあとに何食わぬ顔で父親に戻り、娘と連絡をとる石坂は、すでに様々な顔を見せ始めていた。論文のリサーチがあるという理由で家にも帰らず、卓也に嘘をついてまで外出して尾行にのめりこんでいく珠。一方、篠原は密かに“喪の準備”をはじめていた──。

「二重生活」に投稿された感想・評価

SHOWWW

SHOWWWの感想・評価

3.1
伝えたいことがボヤッとしてた感じ。良くも悪くも日本の映画的なテンポでじとっと進んでいき、山場って感じも無く、個人的にはうーんって感じ。
ただ役者の方々は良くて、個人的には長谷川さんの色気にやられた。かっこいい
mamire

mamireの感想・評価

2.0
終わり方と不気味なフランキーはいい!
yu

yuの感想・評価

3.0
.
.
キャストがとてもよくて
最後まで真剣に見てしまった

見てよかったと思える映画だったけど、
最終的に何が言いたいのか難しかった
もう一度見返したいと思う
mizu

mizuの感想・評価

3.2
レンタル
すみ

すみの感想・評価

3.2
見ず知らずの人を尾行してみたいと思った。
平凡な毎日に退屈している証拠かなあ。
moco

mocoの感想・評価

3.0
正直、よく分からないけど曳き込まれる映画だった。

尾行中はずっと無地の物を着ていた主人公が終盤に服装を一新して柄ものを着ている姿が気になった。

生きるのは苦しいし、秘密も必要かもしれないけど、自分だけは、秘密もない順風満帆な生活を望んでしまう。

矛盾してるから人間って面白い。
教授の指輪がほっこりしてすごく好き。
なんとなく生きて、なんとなく哲学を専攻するのおもしろい
noa

noaの感想・評価

-
ひたすら尾行。尾行することが二重生活でもあり、尾行することにより判明する二重生活。人生変わる。
えだ

えだの感想・評価

3.1
めちゃくちゃおもしろかったのになんか勿体なかったなという印象
REN

RENの感想・評価

3.6
文学を専攻する大学院生が哲学の修士論文のために「理由のない尾行」を行う中、人間の在り方について一理解を得る。知らないことが多い方が幸せになれるのだろうか。展開はとても引き込まれるものでしたが、尾行の緊張感が少し弱く感じた。
>|