二重生活の作品情報・感想・評価

二重生活2016年製作の映画)

上映日:2016年06月25日

製作国:

上映時間:126分

3.4

あらすじ

大学院で哲学を学ぶ平凡な学生、珠は、ゲームデザイナーの恋人、卓也と同棲している。 珠は担当教授である篠原のもと、修士論文の準備を進めていた。「なぜ人間は存在するのか、何のために生きるのか。これまで学んだ哲学書や研究の解釈も腑に落ちなくて……」と悩む珠に、篠原教授は「それを考えるのが哲学です」と伝えながらも、無作為に選んだひとりの対象を追いかけて生活や行動を記録する“哲学的尾行”の実践を持ちかけ…

大学院で哲学を学ぶ平凡な学生、珠は、ゲームデザイナーの恋人、卓也と同棲している。 珠は担当教授である篠原のもと、修士論文の準備を進めていた。「なぜ人間は存在するのか、何のために生きるのか。これまで学んだ哲学書や研究の解釈も腑に落ちなくて……」と悩む珠に、篠原教授は「それを考えるのが哲学です」と伝えながらも、無作為に選んだひとりの対象を追いかけて生活や行動を記録する“哲学的尾行”の実践を持ちかける。 理由なき尾行に対して迷いを感じた珠が参考資料を探しに向かった書店で偶然見かけたのは、マンションの隣の一軒家に、美しい妻と娘とともに住む石坂の姿だった。作家のサイン会に立ち会っている編集者の石坂がその場を去ると、後を追うように店を出る珠。こうして石坂を尾行する日々が始まった。 コーヒーショップで待ち合わせた女から男物の腕時計を受け取る石坂。人気のないビルの陰に移動し、濃厚なキスを交わす姿を目撃した珠は、女の後をつけてメールボックスを確認し、相手の名前をつきとめる。 この日の出来事をきっかけに哲学的な方法論として尾行を取り入れることを決めた珠に、篠原教授は「対象と接触してはいけない。接触すれば尾行ではなくなる」というルールを告げる。 小説家との打ち合わせでは手厳しくも的確な編集者としての敏腕ぶりを感じさせ、不倫相手しのぶとのやりとりのあとに何食わぬ顔で父親に戻り、娘と連絡をとる石坂は、すでに様々な顔を見せ始めていた。論文のリサーチがあるという理由で家にも帰らず、卓也に嘘をついてまで外出して尾行にのめりこんでいく珠。一方、篠原は密かに“喪の準備”をはじめていた──。

「二重生活」に投稿された感想・評価

尾行という悪趣味にハマった女子大生のドロ沼人生劇かと思って観たら、何やら哲学的な?要素が含まれていたり、微妙な感触のエンディングだったりで、なんとも"不思議ちゃん"的な映画なのでありました。


大学院で哲学を学ぶ白石珠(門脇麦)は、ゲームデザイナーの卓也(菅田将暉)と同棲中。
満たされているようであり、でも、何かモヤモヤした日々を送っております。
ある日、修士論文のためにと、近所に住む会社員の石坂(長谷川博己)を対象に「哲学的尾行」を始め、それにのめり込んでいくというストーリーです。


----以下、ネタバレあります----



この映画見て思ったのは、つまるところ、あの子は論文を書き上げること、それと同時に尾行によって他人の秘密を知ることで、自分の心の奥底にある闇、モヤモヤを晴らすこと、とにかくそれを何よりも優先して動いていたっぽい。

そうした、言わばエゴと自己満足の塊みたいな行動が災いして、終わってみれば、結局残ったのは論文だけではないかと。

心の奥底の闇、モヤモヤが晴れたのか?は微妙、
彼氏にすら話さなかった秘密を吐露した長谷川さんからは「陳腐だなあ」となじられ、
慕っていた教授は自殺し(←これには直接的な責任は無い?)
彼氏には見捨てられ、
最後は1人寂しくアパートを出て行くことに。

つまりは因果応報というか自業自得ってとこなのですが、それにしてももうちょっと何とか出来なかったものかと...

エンディングの振り返った微笑み?が、これまた微妙。
ハッピーエンドでもない、かといって胸クソでもない、なんとも言えない気持ちになったのでした。


...ビルの隙間でなされている淫らな行為を、何度も往復してチラ見する姿には、
 麦ちゃんいくらなんでも見過ぎっ、
 それもう尾行じゃなくてただの覗きっ、
て突っ込み入れたくなったっぽい。そこはちょっと笑ってしまいましたw
配役がみんな好きです。
my

myの感想・評価

3.2
修士論文のために、
隣人を尾行する。

ひとりの生活を観察、
すなわち客観視していたはずが、
どんどんのめりこんで、
いつのまにか自分の生活も
狂ってくる話。

なんだろう、なんだか、
全部が中途半端に思えてしまった。

実存に対する問い。
修士論文のテーマであるそれが
この映画のテーマでもあるんだろうけど、
私の見方がわるいのか、
結局、何が言いたいのか
わからなかったな。

からっぽな心を
いつか、なにかが埋めてくれるのか。

もしかしたら、

死ぬまで、
からっぽのままだよ。

ということかもしれない。
ƎOM

ƎOMの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

門脇麦ちゃんを観るのが愛の渦に続く二作目だったので、また似たようなキャラでまじかよと思っちゃった。笑 見た目も中身も激似…
麦ちゃんが語る論文を書きたい意味(心にぽっかり空いた穴が埋まっていく感覚が…云々)、全っ然響いてこないしなんだそりゃと思っていたら長谷川博己がバッサリいってくれてホッとした。

麦ちゃん扮する主人公、論文と引き換えに失ったものがあまりに多すぎると思うんだけどどうなんだ。それでいいの?
登場人物の誰にも感情移入できないので、気持ちの持ってきどころが難しい。

今作の菅田将暉は菅田将暉じゃなくて良かった気がする。

ラストのあの人は教授?
それともたくや…?
m

mの感想・評価

3.0
珠が尾行にのめり込んで、
途中すごくハラハラしながらみていた。
なんとも難しい哲学的なお話。
こやま

こやまの感想・評価

3.2
哲学的でした。
はる

はるの感想・評価

3.7
哲学を専攻する大学院修士課程2年の珠(門脇麦)が、修士論文のテーマを特定の1人を尾行して人間とは何か、にして近所に住む誰から見ても幸せそうな家族の主人石坂(長谷川博己)を尾行することにした。
------------------------------------
石坂の不倫現場を見てから尾行にどんどんのめり込んでいく珠にひやひやしてしまった。
同棲している彼氏の卓也(菅田将暉)が物語冒頭で珠の寝顔を愛おしそうに見ていたのに、中盤で無表情で見つめていたのが、これからの2人の関係が崩れていく兆候に見えて雲行きの怪しさに不安になってしまった。
尾行していることがバレて珠を叱る石坂に対して、確かに尾行していたことは悪いことだけど、もとは自分が不倫していたのが悪いのではないか?と思ってしまった。
バランスのとれた愛はこの世に1つも存在していなくて、その不均衡を「秘密」でもって保っている、と珠の論文の結論にどきっとした。石坂は不倫、教授(リリーフランキー)はお金で買った愛。 形は違えどみんな秘密を抱えながらそれを隠して生きてるんだなとこの映画の中だけかもしれないけれど、感心した。
nonon

nononの感想・評価

3.6
人は全てが満たされることはなくて、必ずどこかで空虚なところがあるかもしれない
>|