二重生活の作品情報・感想・評価

二重生活2016年製作の映画)

上映日:2016年06月25日

製作国:

上映時間:126分

3.4

あらすじ

大学院で哲学を学ぶ平凡な学生、珠は、ゲームデザイナーの恋人、卓也と同棲している。 珠は担当教授である篠原のもと、修士論文の準備を進めていた。「なぜ人間は存在するのか、何のために生きるのか。これまで学んだ哲学書や研究の解釈も腑に落ちなくて……」と悩む珠に、篠原教授は「それを考えるのが哲学です」と伝えながらも、無作為に選んだひとりの対象を追いかけて生活や行動を記録する“哲学的尾行”の実践を持ちかけ…

大学院で哲学を学ぶ平凡な学生、珠は、ゲームデザイナーの恋人、卓也と同棲している。 珠は担当教授である篠原のもと、修士論文の準備を進めていた。「なぜ人間は存在するのか、何のために生きるのか。これまで学んだ哲学書や研究の解釈も腑に落ちなくて……」と悩む珠に、篠原教授は「それを考えるのが哲学です」と伝えながらも、無作為に選んだひとりの対象を追いかけて生活や行動を記録する“哲学的尾行”の実践を持ちかける。 理由なき尾行に対して迷いを感じた珠が参考資料を探しに向かった書店で偶然見かけたのは、マンションの隣の一軒家に、美しい妻と娘とともに住む石坂の姿だった。作家のサイン会に立ち会っている編集者の石坂がその場を去ると、後を追うように店を出る珠。こうして石坂を尾行する日々が始まった。 コーヒーショップで待ち合わせた女から男物の腕時計を受け取る石坂。人気のないビルの陰に移動し、濃厚なキスを交わす姿を目撃した珠は、女の後をつけてメールボックスを確認し、相手の名前をつきとめる。 この日の出来事をきっかけに哲学的な方法論として尾行を取り入れることを決めた珠に、篠原教授は「対象と接触してはいけない。接触すれば尾行ではなくなる」というルールを告げる。 小説家との打ち合わせでは手厳しくも的確な編集者としての敏腕ぶりを感じさせ、不倫相手しのぶとのやりとりのあとに何食わぬ顔で父親に戻り、娘と連絡をとる石坂は、すでに様々な顔を見せ始めていた。論文のリサーチがあるという理由で家にも帰らず、卓也に嘘をついてまで外出して尾行にのめりこんでいく珠。一方、篠原は密かに“喪の準備”をはじめていた──。

「二重生活」に投稿された感想・評価

他人の生活を覗き見するということは、闇を覗くこと
闇を覗くときは闇からも覗かれているって言葉を思い出した
yoshis

yoshisの感想・評価

2.0
何で論文のために尾行するのか、それを彼氏に内緒にするのか、理解不能でフラストレーションの溜まる作品だった。
好き嫌いがはっきり分かれる作品だと思う。哲学が好きな人にはたまらない映画だと思うが、そうでないと響かない
bellecolza

bellecolzaの感想・評価

4.0
秘密、他者と自己、実存。
尾行という非日常行動にのめり込んでいく異常性を描く映画かと思って観たが、そうではなかった。いくら注視しても他人が何を考えているか、どんな事情を抱えているかは知る由もないですよ、っていう映画だったと思う。
期待とは違ったものの、主演の門脇麦が尾行にハマっていく様子はなかなか面白かった。
sayuri

sayuriの感想・評価

3.0
わたしも長谷川博己と焼肉が食べたい
Mamiiiii

Mamiiiiiの感想・評価

2.7
あゝ、荒野とは全く違う岸監督の作品。
尾行ってあそこまでいくと…
予告映像ではもっと面白いのかと期待してしまったけど、、、
なんか私にはあまりよくわからない。
ただたくやの優しさにたまが甘えていたという。自分も実は見られていたという。
全体を通して、すきになれなかった。
何でだろう。むぎちゃんが苦手かもしれない。お話も苦少し苦痛。ちょっぴりイライラ。

最後だけ割と好き。アート作品のよう。
リリィさんの存在感は変わらず。ほんと、すごいなこの人。
mia

miaの感想・評価

3.8

このレビューはネタバレを含みます

尾行される。
不快な事だったはずなのに、

誰かが自分に関心を持ってくれている。
誰かがずっと自分を見守ってくれている。
その事が彼や彼女を癒し、いつしか心の支えになっているような。
不思議な矛盾。
>|