二重生活の作品情報・感想・評価

二重生活2016年製作の映画)

上映日:2016年06月25日

製作国:

上映時間:126分

3.4

あらすじ

大学院で哲学を学ぶ平凡な学生、珠は、ゲームデザイナーの恋人、卓也と同棲している。 珠は担当教授である篠原のもと、修士論文の準備を進めていた。「なぜ人間は存在するのか、何のために生きるのか。これまで学んだ哲学書や研究の解釈も腑に落ちなくて……」と悩む珠に、篠原教授は「それを考えるのが哲学です」と伝えながらも、無作為に選んだひとりの対象を追いかけて生活や行動を記録する“哲学的尾行”の実践を持ちかけ…

大学院で哲学を学ぶ平凡な学生、珠は、ゲームデザイナーの恋人、卓也と同棲している。 珠は担当教授である篠原のもと、修士論文の準備を進めていた。「なぜ人間は存在するのか、何のために生きるのか。これまで学んだ哲学書や研究の解釈も腑に落ちなくて……」と悩む珠に、篠原教授は「それを考えるのが哲学です」と伝えながらも、無作為に選んだひとりの対象を追いかけて生活や行動を記録する“哲学的尾行”の実践を持ちかける。 理由なき尾行に対して迷いを感じた珠が参考資料を探しに向かった書店で偶然見かけたのは、マンションの隣の一軒家に、美しい妻と娘とともに住む石坂の姿だった。作家のサイン会に立ち会っている編集者の石坂がその場を去ると、後を追うように店を出る珠。こうして石坂を尾行する日々が始まった。 コーヒーショップで待ち合わせた女から男物の腕時計を受け取る石坂。人気のないビルの陰に移動し、濃厚なキスを交わす姿を目撃した珠は、女の後をつけてメールボックスを確認し、相手の名前をつきとめる。 この日の出来事をきっかけに哲学的な方法論として尾行を取り入れることを決めた珠に、篠原教授は「対象と接触してはいけない。接触すれば尾行ではなくなる」というルールを告げる。 小説家との打ち合わせでは手厳しくも的確な編集者としての敏腕ぶりを感じさせ、不倫相手しのぶとのやりとりのあとに何食わぬ顔で父親に戻り、娘と連絡をとる石坂は、すでに様々な顔を見せ始めていた。論文のリサーチがあるという理由で家にも帰らず、卓也に嘘をついてまで外出して尾行にのめりこんでいく珠。一方、篠原は密かに“喪の準備”をはじめていた──。

「二重生活」に投稿された感想・評価

他人の生活を覗き見するということは、闇を覗くこと
闇を覗くときは闇からも覗かれているって言葉を思い出した
Kosuke

Kosukeの感想・評価

3.2
おっぱい出したらええ女優みたいな風潮何なん?
こいそ

こいその感想・評価

3.1
リリー・フランキーさんの演技力のヤバさを痛感する今日この頃である

珠の幼さとある種の図々しさとほんの少しの狂気、ちょっと共感できる。けど、あんなに見つめたらそりゃ気付くよ笑
教授と珠のような純粋さは時に残酷
「理由なき尾行」だからこその独特の緊張感。

門脇麦ちゃんの役(珠ちゃん)の不器用さにイラつく場面あり。
尾行下手すぎだろ!とか思いながらも、最後まで魅入っていた。
もえ

もえの感想・評価

3.6
どの作品も尾行してる時って緊迫感ある。
でも、この作品で重要なのは"目的のない尾行"だから従来のものとは違ったドキドキ感があった。

門脇麦演じる珠にイライラする場面あり。
なんとなく生きてきたからこそ、今ある幸せが崩れる音が聞こえてもどっかでなんとかなるでしょ。と後回しにしてしまった。
そこは粘ろうよ!とかいや怒っていいよ!ともどかしくてしゃーなかった。

珠のラストの描写として、誰にでもあるような心の穴を受けいれた事で少し心理的成長を遂げたのかな。すぐにはうまく向き合えなくても。

長谷川博巳演じる男の責任転嫁にもムッとした。
きっと誰かのせいにでもしないと耐えられなかったのだろうけど。冷静なのに静かなる必死さと脅迫するような表情がすごい。

門脇麦のホテルでの語りと最後の微笑が印象的でした。
理由なき尾行。他人の私生活を覗き見て何が得られるのか。ひとは他者からの視線を感じて、何を思うのか。
少し謎な映画。何を伝えたいのか、結局何だったのか謎のまま終了。

あたしはこういう菅田将暉がすきなのよ
gon

gonの感想・評価

4.0
理由なき尾行。

のめり込んでしまう気持ちがちょっと分かる。
誰しも秘密はあるし、虚無感だって抱えているし、色々な顔があって当たり前だとは思うけど…
ひとりの人間をひとりの人間が多方面からみることってまずないし、石坂さんを尾行する珠ちゃんと一緒に、私もドキドキしてた。
さらに、尾行が下手すぎてハラハラ!
路上で行ったり来たりする場面、好奇心が先に立って見過ぎだし「バレるバレる!」と何度突っ込んだことか。
…だからかな。
石坂さんが接触してきたことで、却って安心したのは。

門脇麦ちゃん、良かったです。
後半髪をひとつ結びにしてたのが可愛かった。
ハセヒロさんも色気があって素敵。
以前は石坂さんのような男性、速攻嫌いになっていたと思うのだけど…
不思議と嫌いにならなかった。
最悪だけどね。
菅田くんも、表情が印象的で。
やっぱりお芝居上手いんだなぁ、と。

自分で意外に思うけど、面白くて好きな映画でした。
小池真理子の小説を映画化した作品。
岸善幸監督デビュー作であり、主演の門脇麦も本作が単独初主演となった。

個人的には合わなかった。
20180618鑑賞
>|