二重生活の作品情報・感想・評価

二重生活2016年製作の映画)

上映日:2016年06月25日

製作国:

上映時間:126分

3.4

あらすじ

「二重生活」に投稿された感想・評価

とても好きです

こんな面白い設定の映画は
あんまりないんじゃないかな?
って思います。

なんか面白い!ってタイプではないんですが
あーどーなるのかなーって
ずっと思いながら
ドキドキしながら見れました。

このレビューはネタバレを含みます

最後の、苦しみをやわらげてくれるのはほんのすこしの秘密だ的なセリフがめちゃめちゃ頭に残ってる
ゆち

ゆちの感想・評価

3.5
門脇麦の演じる役がなんか好きじゃないことが多くて、門脇麦自身を嫌いになってしまいそう。

話はとても面白くて好き。
とし

としの感想・評価

3.0
小池真理子原作の小説を映画化です。

大学院で哲学を専攻する白石珠は、篠原弘教授から修士論文の題材として『無作為に選んだ対象を追う…理由なき尾行』を持ちかけられる。その対象として、隣人である編集者・石坂史郎を選んだ珠。石坂は妻子ある身でありながら不倫を楽しんでおり…それを見ているうちに尾行に没頭していく珠だったが…という内容ですね。

んー。素人である珠の尾行が、バレるのは時間の問題な訳で。せめて途中で服なりメガネなりを変えないと、バレバレですからねぇ。私も、そこまでは予想ついたのですが、それをどうまとめるのか気になって観てみました。あんまりスッキリしないラストで、ちょっとモヤモヤしちゃいます…。

それよりも!珠のマンションの管理人さん、ちょっとおかしくないですか?いくら石坂とは知り合いだとしても、石坂に珠の情報…名前、住所、携帯の番号、彼の名前と職業まで全部教えちゃうって、ダメでしょー?!個人情報ダダ漏れじゃないですか!そっちの方が、よっぽど犯罪ですやん!

主演の門脇麦は可愛かったですねぇ。濡れ場で脱いだり、体張って役に挑んでました!まだ観ていない『愛の渦』も、早く観ないと…。
思いついたまでは良かった。
映画にとっては、序盤の掴みと同じくらい終盤からオチへの展開が重要。そこが足りてなかった。
AYN

AYNの感想・評価

3.5
カメラワークが秀逸なだけに、視聴者であるこちら側が尾行している珠を尾行している様な錯覚に陥り、存分に映画の世界観に入り込むことができた。
自分が観ている世界は自分の想像で造られてしまっている部分が大きく、実際はもっと複雑で自分の予想だにしない世界だったりするものだ。

映画の中での尾行を通して、

人には人の事情があり、
知らない方が幸せなこともある

といった言葉を珠同様強く思い知らされた。

自分の修士論文の為という身勝手な理由で無作為に抽出した対象者に哲学的尾行をする という時点で割と腹ただしいが、麦ちゃんの演技が上手いが故に、不器用で不甲斐なく、自ら幸せを壊してしまう珠の言動にイライラしてしまった。
菅田将暉の役柄も良かったがシーンが少ないだけにもったいない!
長谷川博己はただただクズでエロくて最高。
気球

気球の感想・評価

4.0
昔の記録
沼袋の天野書店!!
ホノカ

ホノカの感想・評価

2.5
?????
ヤマト

ヤマトの感想・評価

2.5
論文の為の尾行。
ストーリーは斬新でした。
管理人さん個人情報漏らしすぎ(笑)
好みの映画ではなかったです。
>|