二重生活の作品情報・感想・評価・動画配信 - 2ページ目

二重生活2016年製作の映画)

上映日:2016年06月25日

製作国:

上映時間:126分

3.4

あらすじ

「二重生活」に投稿された感想・評価

小池真理子著の作品

ある程度原作に忠実なんだけど、繊細さはどうやっても表現しきれない。

この作品は小説自体のめり込めず、映像ならばと思い挑戦したけどダメだった。

純粋に評価のみ
きぃ

きぃの感想・評価

1.0
まさにありふれてて陳腐でおもしろいところがなく

総括の「理由のない尾行」のくだりが理解できず

私には合わなくて難しすぎたみたい。。
Ayaka

Ayakaの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

卒論を書くためにはじめた意味の無い尾行によって明かされた隣人の不倫や教授の妻代行。その代償もまた大きかった。

人は秘密があるから心に余裕を持ち、その秘密によって輝いて見えるのかも?しかしその秘密ないしは嘘に気づいた瞬間壊れていくものなのかもしれない。かろうじて繋がった壊れゆく関係に対して「私たちなんで一緒にいるんだろうね」と言葉にした瞬間人は沼にハマっていき破滅を迎える。
tmmcb

tmmcbの感想・評価

4.0
鬱々とした門脇麦ちゃんをまた観たくなってしまい、再見。たまらん。
みさ

みさの感想・評価

3.2
見てる今で、何が見えるのか感じるのか変わってきそうな作品だ。ただし、あまり集中しにくい
manchi

manchiの感想・評価

3.6
尾行のシーンは常にドキドキしていた。
レストランで食べていたカルパッチョが非常に美味しそうだった。
ねる

ねるの感想・評価

-
よく分からんかったが、尾行面白そう〜!と思った。主人公と相手役のひっそりした同棲生活が良い。

このレビューはネタバレを含みます

大学院で哲学を専攻する主人公()は修士論文の執筆に際して、教授のアイデアで理由を持たない観察(=尾行)を始める。

約束は対象者に接触しないこと。

主人公は、生きるとはなにか、ひいては人間とは何か、生きる意味や心の空虚感に向き合い、実存することの意義を探すべく、はた論文執筆の名の下に尾行を続ける。

対象者の様々な姿を見る主人公はその出来事を書き留めていく一方で、対象者の不倫が偶然明らかにされる。

対象者は主人公の尾行によって不倫が明かされ、それが妻から雇われたのではと勘繰り、主人公を疑う。
↕︎
主人公は尾行をするよう仕向けられたのでは無いかと対象者に迫られる。

尾行がバレて、対象と接触してしまった彼女は論文執筆という目的に固執し、またその事は同棲する彼氏との間に亀裂を生んだ。

彼氏もまた彼女を尾行し、2人の間に吐かれた嘘を見つけてしまう。

(2人は便宜的な空っぽの関係だった…のかもしれない。)


あらすじまとめ切れなかったけど一言で言うなら


察しと思いやりの虚像に揺れ、目的と願望の交錯に陥ってしまう大学院生の話。

イキルノムズカシイネ
mika

mikaの感想・評価

2.4
もっと菅田将暉を見せてくれー。もっと菅田将暉をー!
門脇麦ちゃんは安定
長谷川博己もカッコ良かった。内容は秋の夜長感。後味を感じながらねまーす
ゆーと

ゆーとの感想・評価

3.5
役者が好きで見た。原作読んでないけど、原作の内容を見ると映画とはちょっと違って、映画はヒロインが投影してるものがわかりにくかったかな。