きぬきぬ

テスター・ルームのきぬきぬのレビュー・感想・評価

テスター・ルーム(2014年製作の映画)
2.9
オックスフォード大で超心理学の教授が、悪魔憑きっぽい精神不安定な孤児の少女を被験者に実験していたという実話仕立て。実験記録的な撮影映像を挿入してそれっぽく見せてる雰囲気や描写は悪くないけど、妄執に囚われてる教授は言動も態度もおかしいし非人道的だし、生徒との三角関係や性的な側面は怪しく見せてるだけで、科学というより降霊術だし、オカルトとサイキックの融合なんだろうけど、実験は早々に破綻してるし、結局、哀れな少女と彼女に恋したらしきカメラマンの青年を描きたかったのか。
オリヴィア・クックは可愛いし、正直イケメンなサム・クラフリン見たさで観てました(苦笑)