くう

弁護人のくうのレビュー・感想・評価

弁護人(2013年製作の映画)
3.1
久々に『タクシー運転手』でソン・ガンホさんを見て、『密偵』をDVDで見て…からの自分的ガンホ祭り第3弾(笑)

別にソン・ガンホさんが制作しているわけではないのに、始まりはいつも明るく楽しく小ズルいおじさんキャラ。そこからの漢っぷりの振り幅。これよ!

役名は違うけれども内容は盧武鉉元大統領が弁護士時代に立ち向かった「プリム事件」をモチーフとしたもの。何の罪もない一学生が国家に陥れられていく図が辛い。拷問シーンが何より辛い。

時代は『タクシー運転手』の光州事件と同じ。光州事件で権力の真実を知って伝えるために動く市井の人を演じたガンホさんが、同じ時代で同じように真実を暴く弁護士になる……ちょっと不思議な感覚だった。

(実際の公開順は「弁護人」→「タクシー」なので時系列は上りだけど)

作品自体は、明るく楽しくの過去シーンがちょっと長く感じられた。後々に生かされて来るのでいいんだけれども、ちょっと長いかなとは思う。