弁護人の作品情報・感想・評価

弁護人2013年製作の映画)

변호인/The Attorney

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:127分

3.9

あらすじ

1980年代初めの釜山。学歴はないが、様々な案件を抱える売れっ子、税務弁護士ソン・ウソク(ソン・ガンホ)。大手企業からのスカウトを受け、全国区の弁護士デビューを目の前にしていた。ある日、駆け出しの頃にお世話になったクッパ店の息子ジヌ(イム・シワン)が事件に巻き込まれ、裁判を控えているという情報を耳にする。クッパ店の店主スネ(キム・ヨンエ)の切実な訴えを無視出来ず、拘置所の面会に行くが、そこで待ち…

1980年代初めの釜山。学歴はないが、様々な案件を抱える売れっ子、税務弁護士ソン・ウソク(ソン・ガンホ)。大手企業からのスカウトを受け、全国区の弁護士デビューを目の前にしていた。ある日、駆け出しの頃にお世話になったクッパ店の息子ジヌ(イム・シワン)が事件に巻き込まれ、裁判を控えているという情報を耳にする。クッパ店の店主スネ(キム・ヨンエ)の切実な訴えを無視出来ず、拘置所の面会に行くが、そこで待ち受けていたジヌの信じがたい姿に衝撃を受ける。多くの弁護士が引き受けようとしない事件の弁護を請け負うことに決めるが…。

「弁護人」に投稿された感想・評価


1時間44分、チャプター15!

国家とはなんぞや!のところ!

ここは凄かった!

ここだけ観るために借りても損はないですよ:(;゙゚'ω゚'):
共産主義への見せしめ。

冤罪被害者を救うため国家権力に立ち向かう。

拷問シーンが あります。
見てられへん(>_<)
これが、、、
元大統領の弁護士時代の実話とは。
なんとも理不尽な。
悔しさが込み上げるが
ラストはすごく良かった。
迫真の演技を魅せたソンガンホ
すごく良かった。
ノ・ムヒョン大統領って
優しい顔をしていたな~
1980年韓国ではいわゆるアカ狩りがあり思想犯をつかまえることをしていた。強烈な政治思想でなくでもただ民主化運動的なだけ。
そして逮捕は見せしめ。

国家裁判なのでもう出来レース。メディアももちろん国家の味方。
それを鵜呑みにする国民。
そういう裁判の弁護士を引き受けた。
その弁護士が実在のノ・ムヒョン元大統領だという!
この事件も実在した事件がベースとか。
すごいな。無茶苦茶だ。

「国家のため、、国家とは一部の軍部のことではない!!!!」
白熱の演技にしびれたなー。

映画は前半はすごくのほほんとしててのんびりしてたのにいつの間にかシリアス中のシリアス映画でまったく笑いなんてなくなってた。

すごく引き込ませられる映画でした。
かず

かずの感想・評価

3.8
ソンガンホの演技が凄い…
拷問シーンはリアルすぎてしんどかった。
ゆめ

ゆめの感想・評価

3.8
すごく良かった…!!改めてソン・ガンホはやっぱりすごいなと思った。法廷シーンの圧倒的な演技。カメラアングルとかストーリーの流れもとても良く、没入感があった。ヤンウソク監督は長編これが初なのかな?『鋼鉄の雨』も撮ってる。
シワンも素晴らしかった。彼に信憑性がないと映画全体が薄っぺらく見えてしまう大事な役。シワンはこれが映画初出演、難しかったと思うし追い込まれただろうなぁと思う…。ドラマもまだあまり出ていなかった頃、初出演でこの映画のこの役に起用されるのもすごいし出演時間も長い。拷問シーンは言うまでもないが、何よりガンホと食堂で「卵と岩」の話をするシーンで全く飲まれてなかったのがさすがだと思った。
『タクシー運転手』(光州事件)と『1987』(6月抗争)の間にある事件。二つを見たタイミングで見られて良かった
tf

tfの感想・評価

3.9
記録
『歴史は現在と過去の対話である』(「歴史とは何か」E.H.カー)

光州事件を扱った名画『タクシー運転手』と公開予定の『1987、ある闘いの真実』(6月民主抗争)の間にあった「釜林事件」の実録映画。モデルの盧武鉉元大統領は現大統領の文在寅と共にこの裁判に当たった。そのことも踏まえてかつ「卵と岩」の比喩など名言も多く、今こそ観るべき映画。
実話… ってみると、やっぱりこの国はなぁ〜 と思う。
>|