弁護人の作品情報・感想・評価

弁護人2013年製作の映画)

변호인/The Attorney

上映日:2016年11月12日

製作国:

上映時間:127分

3.9

あらすじ

1980年代初めの釜山。学歴はないが、様々な案件を抱える売れっ子、税務弁護士ソン・ウソク(ソン・ガンホ)。大手企業からのスカウトを受け、全国区の弁護士デビューを目の前にしていた。ある日、駆け出しの頃にお世話になったクッパ店の息子ジヌ(イム・シワン)が事件に巻き込まれ、裁判を控えているという情報を耳にする。クッパ店の店主スネ(キム・ヨンエ)の切実な訴えを無視出来ず、拘置所の面会に行くが、そこで待ち…

1980年代初めの釜山。学歴はないが、様々な案件を抱える売れっ子、税務弁護士ソン・ウソク(ソン・ガンホ)。大手企業からのスカウトを受け、全国区の弁護士デビューを目の前にしていた。ある日、駆け出しの頃にお世話になったクッパ店の息子ジヌ(イム・シワン)が事件に巻き込まれ、裁判を控えているという情報を耳にする。クッパ店の店主スネ(キム・ヨンエ)の切実な訴えを無視出来ず、拘置所の面会に行くが、そこで待ち受けていたジヌの信じがたい姿に衝撃を受ける。多くの弁護士が引き受けようとしない事件の弁護を請け負うことに決めるが…。

「弁護人」に投稿された感想・評価

天狗

天狗の感想・評価

3.8
ずいぶん骨太な弁護士もの。はじめはチャラい金目当ての弁護士が、世話になったおばちゃんの一人息子の不当逮捕に敢然と立ち上がる!!

ラストシーン、いいですね〜 結局この人大統領になったんですよね。

国家の恥部をきちんと芸能がチェックする機能は極めて健康的でハリウッドにもあります。やはり韓流侮れませんね。邦画はどうかな。すずちゃん依存体質みたくなってないか。
これは見た方がいい、の一言に尽きる。
mizu

mizuの感想・評価

3.3
レンタル
hazel

hazelの感想・評価

3.8
故ノ・ムヒョン大統領が弁護士時代に実際に担当した冤罪事件を基にした映画
圧倒的な演技に圧倒されて、テレビにかじりついて見てしまった
ザ・キング同様、パククネ政権時に公開されてヒットした作品らしいけど、政府を暗に風刺するような映画がタイムリーに製作・公開されてヒットするっていう感覚が新鮮
拍手喝采👏韓国って本当にいい映画を撮るなぁ。主人公が法廷で裁判のおかしさを暴いていくくだりは爽快だった。法学部の学生全員に見せたいくらい(わたしも法学部卒)。
ユーロスペースの死刑特集にて。
やっぱり韓国映画ってキャラ立たせるのと感情に訴えかけるの上手いな。なんなの?
ところどころ、多分7回くらいは泣いてしまった。
個人的にはうどんの下りが一番来た…。

俳優陣の演技、全く隙がなくて良かったなぁ。
自分のわからない言語だから良く見える/聞こえるってのもあるけどね。
しかし相変わらず暴力描写がえげつない…。
あれがあるから韓国映画ってちょっと敬遠しちゃうんだよな。だからこそ深みが出るんだろうけどざ…。

ストーリーに関しては実話だと思いたくないけど、最後まで無事に大統領をやり遂げた人が少ない(いない?)韓国だと妙に納得してしまう…。
とはいえ対岸の火事ではない話で、共謀罪なんかも悪用すれば同じ結末を迎えてしまう。
今の内閣がどうこうではなく、共謀罪が成立した国の人間として、右左関係なく観ておいたほうが良い作品だと思う。
もしかしたら更に思想が過激になるだけかもしれないけど…。
なぜこんなにも人は分かり合えないのか。絶望した!おわり
韓国の歴史に興味をもつきっかけになり、思わず震撼してしまった作品。
韓国実録もの。

1980年代、全斗煥独裁政権下で成功を収めた弁護士のソン(ソン・ガンホ)。国家の強権で法が捻じ曲げられる孤立無援の中、冤罪で裁かれる恩人の子の弁護人を引き受けるが…

法廷で国家という岩にぶつけられ、ことごとく砕け散る言葉は卵の如き。その殻の中から新たな鳥が生まれてゆく。
弁護するシーンはやっぱり熱い。分かりやすい法廷ドラマで圧倒されたし怒りが沸き起こる。
これ実話だとか。韓国ヤッバ。
「映画」を観たって感じ
好きな映画
>|