東京無国籍少女の作品情報・感想・評価 - 5ページ目

「東京無国籍少女」に投稿された感想・評価

Hideaki

Hideakiの感想・評価

2.0
以前清野菜名という子を知らずに観て何も記憶に残らなかった。
で、彼女の良さを知って改めて観た。が、これは意味不明。
清野菜名の身体能力の高さを紹介するだけのビデオか?
彼女はこれからが楽しみな女優なので、作品に恵まれて大成して欲しい。

このレビューはネタバレを含みます

後半のバトルシーンの為の、気だるいシーン演出と戦争後のドイツ映画のような音楽ということか。
ミリタリーおたくのお遊び程度しか感じられない駄作。
最近、注目している清野 菜名。
初主演作品ということで見たが、可哀想なデビュー。
でも、アクションシーンの身のこなしは本物。
この主演は記憶から消して、良い作品に出会えることを願います。

このレビューはネタバレを含みます

読解問題のテストかと思った。君は、どこまで読み解けるだろうか?みたいな
東京無国籍少女は女子高生ではなくて兵士、ていうのが答えかな

最後に目が覚めるからある程度それで答え出ると思うけど。
それ以外で言うと、作中、光の演出が入る部分と入らない部分があって、これがたぶん彼女自身の夢と現実のメタファーで分かれてるんだと思う。
つまり、光の演出が入っているところは、彼女自身の夢の中で、光の演出が弱い部分は、現実に側で誰かが話しているのを、彼女が夢に見てるんだと思う。

背中にある弾痕が昏睡の理由かと思ったら、精神的なものらしいし、腕のぐるぐる包帯はいよいよなんだったんだろう。

ラストのアクションシーンは凄まじかったです。また見たい。敵の仮面が石膏に似ていたのは関係があるんだろうか。ヌードモデルは隣の遺体で、彼女は仲間の死から目を背けて石膏のデッサンをしてる。てことは、彼女は兵士であることに本来の自分の姿をみてるんだろうか。生理きたら闘うし、最後にやけてたし。


もっかい観たらいろいろ分かるんだろうけど、もっかい観ることはない。
よく分からなかった。
いまいち…
Hirotoshi

Hirotoshiの感想・評価

3.3
興味本位で鑑賞。
結局、夢オチ⁉︎という感じで終了か〜。
夢キャラと現実キャラの紐づけが、少し雑な気がしました。
もしかしたら、自分の理解不足で意味のある紐づけがあるのかもしれない。
見応えがあったのは、清野菜名のアクションだけかも… 。
終始続く気だるさと綺麗な映像が、少し眠気を助長していた。
おもしろくない訳ではないが、この手の映画は向いてないのかなぁ〜。
終わった後の満足感がちょい足りない気がする。ホント申し訳ない。
押井守っぽいなあ…
最後明らかになる事実の為の演出なんだろうね。全体的なだるさ。
でもそうだとすると藍の聞こえないところでヒントになるような会話を別な登場人物がしているのが気になる。
説明のための説明シーンじゃない?それ。

清野菜名の活劇場面は想像を遥かに超えていてとても感動した。
調べてみたら、坂口拓の元でトレーニングしていたと。
アクション映画好きなら坂口拓と言えばすぐ分かるレベルの有名人。日本人離れしたアクションをこなす事で知れた彼の元に師事する辺りに本気度が高い事が伺える。

見せ場である戦闘シーン、単に撃って暴れてというだけじゃなくて刃物を当てる位置が動脈付近を的確に狙っていたり、翻筋斗打つ時も相手が簡単に態勢を立て直せないように組み伏せたりと監督も演者も相当拘ったんだなって感心。
難しい態勢から蹴りを入れる場面も体幹がしっかりしてるのか体が崩れずドスッと入ってかっこいいに尽きる。

清野菜名って電車の中にある転職エージェントの広告の人ってイメージだったけど、凄く見直した。見直したってのはおかしいか、別に見損なってたわけではないから。
けれどあの柔和な笑顔の人がこんなに機敏な立ち振る舞いしてるんだからハート射抜かれたわ。
今後も注目。

ちなみに痺れるアクションシーンを差し置いて映画自体は一般受けしないと断言できる。多分押井守に慣れてないとつまらんという感想になるかと。
PonPon

PonPonの感想・評価

1.0
途中マジで寝たね…(笑)
mizuha

mizuhaの感想・評価

2.0

答えがわからず解説サイトを見て
http://diaryetc.hatenablog.jp/entry/2016/04/22/172048
ふむふむと思いながらも分からず。

好き嫌いが分かれる映画。