のぞこ

最愛の子ののぞこのレビュー・感想・評価

最愛の子(2014年製作の映画)
5.0
観終わってすぐには言葉が出ないほど濃縮の2時間10分。ピーター・チャン監督が説得してほぼ全編すっぴんだったというヴィッキー・チャオの熱演、ホァン・ボーの滲み出るやるせなさ、そしてなにより大人たちに振り回される子どもたちの姿になんともやり切れない気持ちになりました…。
監督がQ&Aで何度も言っていた「両サイドの視点から描きたい」という言葉をちゃんと意識的にやっていて、その真摯な姿勢にグッときました。