肉浪費

最愛の子の肉浪費のレビュー・感想・評価

最愛の子(2014年製作の映画)
4.3
中国闇深いなぁ〜深すぎやな〜て話。
やり切れない9:始末に負えねえや1の全体的に重いし、各方面の感情移入もさせてしまうしっかりとした脚本の話と魅せられる演技。

中国の幼児人身誘拐、売買の問題から生まれる親が苦しみ、子は渦中にて苦しみしかない状況になっていく話。
実話を基に作られている映画。

前半は離婚後という問題がありながらも、父が養育権を有し、妻は定期的に預かり日がありとそれでも親子でそれなりに幸せで過していた中、ちょっと目を離した隙に息子が誘拐されてしまう事件が発生。
そこからは夫が身を切りながら詐欺にもあいながら前妻も交えて子供行方不明捜索講演会と共に活動。
後半は誘拐子と知らず、赤の他人の当人の息子と拾い子だとしての幼い女の子を我が子のように愛していた"母"も絡んできて、見つかった息子のその後が語られる。

単純に言えば、大人の本当の親になるべきは誰なのか?子供はどこに行くべきなのか?というじゃかあしい事情は置いといて、離婚だ親権だの問題の嵐にかき混ぜられる子供たちが1番の被害者で悲惨という言葉でなぎ倒すことはできる・・・
んだけど、それだけに終わらない、丁寧に父親、母親、誘拐被害者、脇役の感情を引き出し、充分に視聴者の感情移入も引き出せるだけの描き方がかなり見事。親にも子にも同情する。

そして何よりも中国という国の広さ、闇を抱える格差の広さを大いに感じる。ここは同じ国の人なのか?というくらい農村と都市部の生活環境の違いをまざまざと見せつけられ、中国の生活の格差までも感じられるように描いている。

ラストはドキュメンタリーかのように、実際の事件の実情と、映画の出演者たちがドキュメンタリーを目にし、実在の事件の当事者に出逢うまでも描いている。
その一味違った、映画自体、出演者自体が事件に真剣に向き合ってる演出には好感が持てるのだが、終わり方がそこ?っとモヤッとしてしまったのは減点・・・

コンドーム付けろよな!!!