ノラネコの呑んで観るシネマ

最愛の子のノラネコの呑んで観るシネマのレビュー・感想・評価

最愛の子(2014年製作の映画)
4.5
忽然と消えた幼い息子。
数年後彼が帰ってきた時には、「他人の子」になっていた。
産みの親か、育ての親か、という部分は「そして父になる」と共通。
しかし現代中国抱える様々な社会的歪みが、物語の背景となっている。
一人っ子政策、拝金主義、杓子定規な官僚、地域格差。
その全てが、年間20万人とも言われる幼児失踪の要因になる。
物語の前半は消えた息子を探す父親が主人公、後半は育ての母がフィーチャーされる。
誘拐という犯罪が絡む以上、単純に家族のあり方だけでは済むはずもなく、「もう一人の子」の存在も、事態をますます複雑にしてゆく。
冒頭に描写されるグチャグチャにこんがらがった電線が象徴的。
これが実話ベースというから心が痛いが、モデルになった人たちはみんな幸せになって欲しいよ。
父親の離婚した妻役のハオ・レイが水卜アナに似てるw