最愛の子の作品情報・感想・評価

最愛の子2014年製作の映画)

親愛的/Dearest

上映日:2016年01月16日

製作国:

上映時間:130分

3.9

あらすじ

中国・深圳の街なかで、ある日突然姿を消した3歳の息子ポンポン。両親は必死で愛する息子を探すが、警察に届け出て、 インターネットを使って情報を求めてもその消息はつかめない。罪の意識と後悔に苛まれながらも、かすかな希望を胸に探し続けて3年後、 両親は中国北部の村に暮らす息子をようやく見つけ出す。だが、6歳になった彼は実の親のことを何一つ覚えておらず、育ての親である最愛の母との別れを嘆き悲しむのだ…

中国・深圳の街なかで、ある日突然姿を消した3歳の息子ポンポン。両親は必死で愛する息子を探すが、警察に届け出て、 インターネットを使って情報を求めてもその消息はつかめない。罪の意識と後悔に苛まれながらも、かすかな希望を胸に探し続けて3年後、 両親は中国北部の村に暮らす息子をようやく見つけ出す。だが、6歳になった彼は実の親のことを何一つ覚えておらず、育ての親である最愛の母との別れを嘆き悲しむのだった―。

「最愛の子」に投稿された感想・評価

xi

xiの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます


実話をもとにした話です。
中国では日常茶飯事に子供の誘拐、人身売買が行われる。
離婚した夫婦が週に1度息子のために顔をあわす。
ある日息子が誘拐され元夫婦が3年間あらゆる方法で息子を探していきます。
その中で自分の子供を捜す人たちと繋がり悲しみや怒りを共有していく。
こういう団体が当たり前にあることも日本ではあまり馴染みがありません。

そしてやっとの思いで息子を見つけ出すが息子はもう自分のことを親だとは認識しておらず、1番憎みたい人が息子にとっての母親だったのです。

子供にとっての3年はとても大きく、正直子供の立場になってみると、助けるために息子を担いでいく主人公をみた時どっちが誘拐犯なのだと思いました。

しかし育ててきた女もまた、自分の旦那に誘拐された子だとは知りませんでした。
息子だと思い愛情を注いできた。
それは紛れもない自分の子供なのです。

子供をさがす。諦めず、だから新しい子は産まない。そうかがけてきた団体のリーダーはある日子供を身籠り産むことにするがそのためには一人っ子政策の闇である消えた子供の死亡届が必要だった。
あの子は見つかっていないし死体すらないのに新しい子を産むためには必要な届けだった。
この政策が完全に廃止されたのはまだ去年の話なのかと思うと恐怖を覚えます。

すごくすごく難しいテーマだと思いましたし、エンディングで実際の家族の映像が出されますがなんともいえない気持ちになりました。
憎みたい人は子供をしっかり愛していたことを実の夫婦が見ているその光景は本当にしんどい光景でした。
tamaken

tamakenの感想・評価

4.0
公安の怠慢、司法の限界、余りにも広がりすぎた経済格差、一人っ子政策の起こす歪み、行方不明となった子を捜索する親を貶めようとする詐欺師たち…。

現代の中国という社会が抱える宿阿を凝縮したかのような事件を通し、被害者も加害者も共にもがく姿を映し出す。

ラストのあまりの皮肉。
もちこ

もちこの感想・評価

3.7
みなさん子どもの記憶のことを疑問視されていますが、3歳の子どもの記憶は消えます。私の両親が離婚した時、私は5歳、弟は3歳。弟は生母の記憶がなく、育ててくれた母を母だと思っています。2歳の差は大きいと感じています。映画のポンポンが生母の記憶がないというのも理解できます。
後半は涙涙でした。

中国の戸籍や住民票のシステム、また子どもをめぐる中国の制度もよくわかりました。
miho

mihoの感想・評価

3.7
愛情深く育ててても、
小さい子の記憶というものは
完全に移行するものなのか...

色々ショッキングであり、
どの立場になっても辛いお話でした。
前半・後半の構成が良く観やすかった。

大人同士ボコりまくる
シーンはすごかったな...(゚д゚)

ラストまでいくともう
例のあの女性も気の毒に思う。
素朴に生きて、クソ旦那を信じて
ある種、洗脳されてるから
厄介だけどまっすぐな愛情が
そこに存在している。
うーんでもやっぱり同情は
できないよな...
ヴィッキー・チャオが
かわいくてもアカンw

でもあの物語の主要メンバー
みんながあの後は幸せになって
いって欲しいなと思いました...。
フレーフレー...!
暗い映画が好き。実話なのもまた然り。

前半と後半で視点が切り替わるのもいいです。
まふ

まふの感想・評価

4.0
様々な視点から描かれるのは、ただひとつ。タイトル通り「最愛の子」という、親から我が子への想いです。
中国の社会風刺や、批判もリアルに描かれていますが、そこに焦点を当て過ぎたり倫理観や正義感を抱いて観るのではなく、親と子というポイントに絞って観てこそ。130分とやや長めではありますが、場面転換とメインとなる人物の切り替えのタイミングが上手く、ひとつのテーマに絞って描かれているのでダレたり飽きたりせず観られます。
ただ、終始重いです。エンディングも予想外なのに何ともやり切れない気持ちが残るので気持ちが落ちているときはオススメしづらいですが、とても良く出来た作品なので是非ハンカチを手に観て欲しいです。
どうかエンドロールまでお見逃しなく。
SAYACANDY

SAYACANDYの感想・評価

5.0
やりきれない映画 だがそこがいい

えーーー!?ここでおわるの!?って声出た

ラストの後味の悪さがだいすき
翔一

翔一の感想・評価

3.5
中国って人多いし街並みがごちゃごちゃだから、迷子になったら詰むだろうなあ
誘拐もそりゃあ造作もないことだよね。

誘拐した女もそうだけど、捜索にあやかって父親から金を奪おうとするゴロツキ共に対して、非常にイラついた。胸糞映画。
たそ

たその感想・評価

3.3
大人の都合
>|