最愛の子の作品情報・感想・評価

最愛の子2014年製作の映画)

親愛的/Dearest

上映日:2016年01月16日

製作国:

上映時間:130分

3.9

あらすじ

中国・深圳の街なかで、ある日突然姿を消した3歳の息子ポンポン。両親は必死で愛する息子を探すが、警察に届け出て、 インターネットを使って情報を求めてもその消息はつかめない。罪の意識と後悔に苛まれながらも、かすかな希望を胸に探し続けて3年後、 両親は中国北部の村に暮らす息子をようやく見つけ出す。だが、6歳になった彼は実の親のことを何一つ覚えておらず、育ての親である最愛の母との別れを嘆き悲しむのだ…

中国・深圳の街なかで、ある日突然姿を消した3歳の息子ポンポン。両親は必死で愛する息子を探すが、警察に届け出て、 インターネットを使って情報を求めてもその消息はつかめない。罪の意識と後悔に苛まれながらも、かすかな希望を胸に探し続けて3年後、 両親は中国北部の村に暮らす息子をようやく見つけ出す。だが、6歳になった彼は実の親のことを何一つ覚えておらず、育ての親である最愛の母との別れを嘆き悲しむのだった―。

「最愛の子」に投稿された感想・評価

xy

xyの感想・評価

3.5

このレビューはネタバレを含みます


実話をもとにした話です。
中国では日常茶飯事に子供の誘拐、人身売買が行われる。
離婚した夫婦が週に1度息子のために顔をあわす。
ある日息子が誘拐され元夫婦が3年間あらゆる方法で息子を探していきます。
その中で自分の子供を捜す人たちと繋がり悲しみや怒りを共有していく。
こういう団体が当たり前にあることも日本ではあまり馴染みがありません。

そしてやっとの思いで息子を見つけ出すが息子はもう自分のことを親だとは認識しておらず、1番憎みたい人が息子にとっての母親だったのです。

子供にとっての3年はとても大きく、正直子供の立場になってみると、助けるために息子を担いでいく主人公をみた時どっちが誘拐犯なのだと思いました。

しかし育ててきた女もまた、自分の旦那に誘拐された子だとは知りませんでした。
息子だと思い愛情を注いできた。
それは紛れもない自分の子供なのです。

子供をさがす。諦めず、だから新しい子は産まない。そうかがけてきた団体のリーダーはある日子供を身籠り産むことにするがそのためには一人っ子政策の闇である消えた子供の死亡届が必要だった。
あの子は見つかっていないし死体すらないのに新しい子を産むためには必要な届けだった。
この政策が完全に廃止されたのはまだ去年の話なのかと思うといつの時代の話なんだと恐怖を覚えます。

すごくすごく難しいテーマだと思いましたし、エンディングで実際の家族の映像が出されますがなんともいえない気持ちになりました。
憎みたい人は子供をしっかり愛していたことを実の夫婦が見ているその光景は本当にしんどい光景でした。
YURIKA

YURIKAの感想・評価

3.7
中国映画、初めて観た!!

中国の闇を表してるかのような、何本もの電線が複雑に絡み合っている場面から始まる!

産みの親と育ての親。
どちらにとってもポンポンは最愛の子で、思いがリアルに描かれている分観ていて辛い。
そして幼い子どもにとってその現実は荷が重すぎる。
中国では誘拐、人身売買、無戸籍はざらにあることで、一人っ子政策が引き起こした闇は相当深い。誘拐された子どもが見つかることはほとんどない。
しかも、子どもを誘拐された親は、次の子を妊娠しても、行方不明の我が子の死亡届を書かないと出産許可証が取得できないという残酷な現実。勉強になりました。
ひろ

ひろの感想・評価

3.0
たぶんちゃんと中国映画を見たのが初めてかも知れない。

なかなかエグいと言うか…お国柄と言ってしまえばそれまでなんだろうけど
平和な国日本に生まれ育った自分にはそもそも子供を売買する事も映画の中での話で
それが実際に頻繁に起きているって事が怖かった。

被害者側だけの視点じゃなく知らずに育てた母親視点やいろんな視点から作られてるので考えさせられる事もあったり。

しかし3歳までの記憶ってそんなにキレイに消えちゃうもんかなぁ?
昔すぎて覚えてないけど虐待されてたわけでもないのに実の親を全く覚えてないもんか?とそれが気になってしまった。

育ての親役の人が田舎者には見えないくらい洗練されたw
hachi

hachiの感想・評価

3.0
中国映画は韓国映画より見応えある。
感情的に行動する人が多くて怖い。
子供を欲しいのはどうしてだろう、本能?親のエゴ?
最近あったひどい親からの虐待。
色々考えさせられた。
サコ

サコの感想・評価

3.5
嘘でも、それが嬉しかった、希望だった。
騙されてもいい、生きる希望
小さい頃は可愛かった、小さい子なんて親の言いなりじゃん、一緒にいたから、自分の支配下にあっただけ、
支配できなくなると、可愛くなくなる。
なら、手放して幸せにしてやれよ。
この映画で中国の子供政策がよくわかった、日本の不妊治療とか、事実婚とか、国が抱えたくなくて、めんどくさい部分、見えたな、
日本もクソだけど、中国もクソ、
それもこれもオクニガラ
結局お前は何選ぶんだよ、結局自分が可愛いだけだろ、得る選択なんて世の中にない、捨てる選択だけ、

実話な部分に賞賛
m

mの感想・評価

-
2018/07/02
誘拐された子供の親は同情されるのが当たり前ではないんだね.....
中国ではその立場すらも利用されておびき出されてお金巻き上げられて、、息子じゃない子を無理やり引きとらされたりね。

いろんな人の視点で作られてるから誘拐犯側の気持ちもわかった。
実話ベースでさらに驚き。
内容よりも主役であるお父さん役が香川照之に見えるしその元妻役と誘拐犯の妻役が菊地凛子に見えて仕方なかった…。
>|