くーちゃ

神の一手のくーちゃのレビュー・感想・評価

神の一手(2014年製作の映画)
3.6
昔、囲碁漫画『ヒカルの碁』に熱中したことを思い出し、わー!囲碁映画だ!絶対面白いわ!と飛びついた今作品。

やはり韓国ですね〜。ただの囲碁映画ではありませんでした。
一見囲碁とは程遠いと思われる、バイオレンスアクションを入れて来ましたね。残酷描写あるのなんのって。笑

特に衝撃受けたのがデコピンですよ!
まさかデコピンごときで相手にダメージ与えるなんて考えないでしょう。
必殺デコピン目潰し!((°д°lll)

他にも、囲碁映画ってことで、碁石食べさせちゃう拷問や、靴下に碁石詰めて殴っちゃったりと、あぁ…そんなことに碁石使って… 韓国っぽい。

内容簡単に言っちゃうと、賭け試合で兄を惨殺され、その犯人に仕立て上げられ収監されたテソクが、刑務所で腕を磨き、サルス一味に復讐する話。

復讐する為に集めたメンバーもちょー豪華です!
目の見えないジーザス、片腕モクス、三枚目キャラコンス、素敵な面々揃って、さあ!実行だ! 

ラストは、お決まりの血みどろ!
皆ー!生きてるかー!?(^ω^;)