Zoloev

孤独の暗殺者 スナイパーのZoloevのネタバレレビュー・内容・結末

孤独の暗殺者 スナイパー(2015年製作の映画)
2.9

このレビューはネタバレを含みます

レビューの少なさ、TSUTAYAに行ってもレンタルされてるの見た事無い・・・嫌な予感がした。
賞を取る腕前を持つ射撃の腕前の中年親父だが父親の死、借金などで金が欲しいタイミングに悪魔の囁きが・・・人をその射撃の腕前で殺せば金が入ると。
躊躇する事なく悪の道を選ぶ。もっと悩めよ!苦悩しろよ!とおっさんスナイパーに言いたかった。しかも何故か狙撃は昼間のビルの屋上からだ。こら!ビルの谷間から見られてるだろ!
しかし狙撃の腕前は超一流だ。数百メートル離れた人間の頭を1発の弾で撃ち抜く。おっさんやるじゃん!
はっきり言うがお世辞にもカッコいいとは言えない。しかし段々悪の道に引き込まれて行くおっさん。金が欲しいなら真面目に働け!自分の狙撃の腕前を悪に使うな!フランスの街並みを堪能でき、敷居高いフランス語飛び交う映画だが・・・ラスト・・・何故ゆえにスコアが低いのか?分かる気がした。