探検隊の栄光の作品情報・感想・評価

探検隊の栄光2015年製作の映画)

上映日:2015年10月16日

製作国:

3.1

あらすじ

落ち目の俳優となった杉崎(藤原竜也)が、俳優人生を賭けて新境地に挑むべく、伝説の未確認生物(UMA)「ヤーガ」を求め秘境の地を探検するテレビ番組の隊長に挑戦。番組がオモシロければ何でもありのプロデューサー(ユースケ・サンタマリア)、大雑把に進めていくディレクター(小澤征悦)、職人気質のカメラマン(田中要次)、UMAオタクの音声・照明(川村陽介)、バラエティ番組をバカにするAD(佐野ひなこ)、テキ…

落ち目の俳優となった杉崎(藤原竜也)が、俳優人生を賭けて新境地に挑むべく、伝説の未確認生物(UMA)「ヤーガ」を求め秘境の地を探検するテレビ番組の隊長に挑戦。番組がオモシロければ何でもありのプロデューサー(ユースケ・サンタマリア)、大雑把に進めていくディレクター(小澤征悦)、職人気質のカメラマン(田中要次)、UMAオタクの音声・照明(川村陽介)、バラエティ番組をバカにするAD(佐野ひなこ)、テキトーな現地通訳(岡安章介(ななめ45°))ら番組スタッフのチームワークもバラバラで、行き当たりばったりの撮影に振り回される杉崎だが、いつしか隊長の自覚も芽生え“真剣”に番組作りに挑む姿を描いた作品。

「探検隊の栄光」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

藤原竜也が藤原竜也役で出ていたといって過言ではない。何で政府軍あんな弱腰で、しかも気づかないんだとか、まあいろいろあるが、見ていて楽しいから、まぁいっかとなった。メタ的な作り方をしてるが故に、此方はメタメタを警戒しながら見てしまう。
カモメ

カモメの感想・評価

3.3
深く考えなくて良い映画Part2
B級映画っぽいガワでC級映画、っていうのが多い中、これは本物のB級映画。

藤岡弘探検隊のパロディかな?と思いながら見ていましたが、パロディしつつ別次元に面白い作品。
藤原竜也いじりが凄い(笑)

こういう作品は全体的な作りもチープで欠点も多いので高得点はあげられないものですが、気持ち的には満点な面白さ。
くだらなくて面白かった。いい意味でも悪い意味でも、映画っぽくない。脚本が凄く練られているわけではなく、熱量でゴリ押しして誤魔化していく感じが、sozoの熱量芝居っぽい雰囲気を出してました。
でも熱が度が過ぎることは無く、観ていて疲れるとかおいていかれることはなかったです。編集の技術でテンポを作る事により、観客の気持ちの切り替えをうまく誘導してるからだと思います。
僕はこういうのは好きな方ですが、脚本が緻密に練られているものが好きなら無理かも…。
いや、脚本に全く工夫が無い訳ではないけれども。
何も考えたくない時、観ればいいと思います。
途中からBGM にしてしまった。
emi

emiの感想・評価

2.0
80年代のテレビ番組「川口浩探検隊」のパロディみたいな設定は面白いと思ったが、隊長の長い演説は白けるし、政府軍のパートは悪ノリしすぎ。
ErnieHoyt

ErnieHoytの感想・評価

3.0
藤原竜也主演の映画。これは2015年リリースの作品です。超面白い。話の内容は藤原竜也は有名な俳優で、新しい番組の主役に選ばれたが、その番組がリアリティ番組風で、探検隊の隊長になり、謎の生物や怪しいものを調査する。番組はほぼやらせで、番組の収録と番組の仕組みを両方描いてるので、つい笑っちゃう!やっぱり藤原竜也の映画はほぼミスはありません。超楽しめた。
ただ

ただの感想・評価

3.5
良いくだらなさ
>|