探検隊の栄光の作品情報・感想・評価

探検隊の栄光2015年製作の映画)

上映日:2015年10月16日

製作国:

3.1

あらすじ

落ち目の俳優となった杉崎(藤原竜也)が、俳優人生を賭けて新境地に挑むべく、伝説の未確認生物(UMA)「ヤーガ」を求め秘境の地を探検するテレビ番組の隊長に挑戦。番組がオモシロければ何でもありのプロデューサー(ユースケ・サンタマリア)、大雑把に進めていくディレクター(小澤征悦)、職人気質のカメラマン(田中要次)、UMAオタクの音声・照明(川村陽介)、バラエティ番組をバカにするAD(佐野ひなこ)、テキ…

落ち目の俳優となった杉崎(藤原竜也)が、俳優人生を賭けて新境地に挑むべく、伝説の未確認生物(UMA)「ヤーガ」を求め秘境の地を探検するテレビ番組の隊長に挑戦。番組がオモシロければ何でもありのプロデューサー(ユースケ・サンタマリア)、大雑把に進めていくディレクター(小澤征悦)、職人気質のカメラマン(田中要次)、UMAオタクの音声・照明(川村陽介)、バラエティ番組をバカにするAD(佐野ひなこ)、テキトーな現地通訳(岡安章介(ななめ45°))ら番組スタッフのチームワークもバラバラで、行き当たりばったりの撮影に振り回される杉崎だが、いつしか隊長の自覚も芽生え“真剣”に番組作りに挑む姿を描いた作品。

「探検隊の栄光」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

藤原竜也が藤原竜也役で出ていたといって過言ではない。何で政府軍あんな弱腰で、しかも気づかないんだとか、まあいろいろあるが、見ていて楽しいから、まぁいっかとなった。メタ的な作り方をしてるが故に、此方はメタメタを警戒しながら見てしまう。
森ゴリ

森ゴリの感想・評価

2.7
キャスト意外と豪華だなぁ。
藤原竜也がめずらしく、クズじゃない熱血を演じていて面白かった。

馬鹿にしてんじゃねぇって言ってるところかっこよかったなぁ

このレビューはネタバレを含みます

 未確認生物を探る探検隊番組を制作する人たちのドタバタの話。

 昔放送されていた探検隊ものテレビ番組風のパロディとして突っ込みを入れつつの作風でそういった意味で楽しい映画ではありました。

 ただ映画として楽しいのかと考えるとあんまり笑えなくて、しっかりと考えて役作りをしようとしている主人公がスタッフたちに会うとみんな何も考えていなくてギャップで笑えそうな設定なのに、そこまで活かされずただ探検隊番組のパロディであるコントの部分に力を入れていてお話のスジのほうは適当なためしだいに飽きていってしまいました。

 クライマックスは反政府軍と政府軍の内戦に巻き込まれる主人公たちですが、なぜか反政府軍に協力して一緒に戦うという行動をとるのもよくわからなくて、普通に日本のテレビ番組ですとみんなに説明すればいいだけなのに「危険だ」と慌てて戦おうとする決心が全く持ってわからなかったです。

 とにかく政府軍を追い返すために伝説の未確認生物を作るというのも何で作って3つの首の怪物を出せば追い返せるとなるのかも説明がないため、3つ目の首が出せない! ヤバい! となるハラハラドキドキも全くなかったです。

 周りから見るとバカなことをやっている大人たちだけれど真剣にやればそれはカッコいいことなんだみたいなことを描いている風だけど、もっとまじめにそういったものを描いてほしかった作品でした。
コメディ
それなりに笑えた作品だったけど、正直B級映画という感じしかしなかった。そんなB級映画に無駄に豪華なキャスティング。悪ノリした子供おじさんの映画製作という印象。少年の心を持ったままでないと楽しめないかもしれない。それでもシリアスな役が多い藤原竜也さんの貴重な役どころを観る分には、それはそれで楽しめるかも。
masayama

masayamaの感想・評価

3.4
藤原竜也って真面目なやつだけしか出んのかと思っとった。
白目の藤原竜也は笑える。

佐野ひなこは結構好きです。
演技もいいし。

日本人しか出てこない
原住民とUMAのお話。
アホっぽいけど思ったよりおもしろかった
ka2yoshi

ka2yoshiの感想・評価

3.0
記録
2018/02/18
gropy

gropyの感想・評価

3.3
藤原竜也を使った遊び(褒めてる)
>|