探検隊の栄光の作品情報・感想・評価

探検隊の栄光2015年製作の映画)

上映日:2015年10月16日

製作国:

3.1

あらすじ

落ち目の俳優となった杉崎(藤原竜也)が、俳優人生を賭けて新境地に挑むべく、伝説の未確認生物(UMA)「ヤーガ」を求め秘境の地を探検するテレビ番組の隊長に挑戦。番組がオモシロければ何でもありのプロデューサー(ユースケ・サンタマリア)、大雑把に進めていくディレクター(小澤征悦)、職人気質のカメラマン(田中要次)、UMAオタクの音声・照明(川村陽介)、バラエティ番組をバカにするAD(佐野ひなこ)、テキ…

落ち目の俳優となった杉崎(藤原竜也)が、俳優人生を賭けて新境地に挑むべく、伝説の未確認生物(UMA)「ヤーガ」を求め秘境の地を探検するテレビ番組の隊長に挑戦。番組がオモシロければ何でもありのプロデューサー(ユースケ・サンタマリア)、大雑把に進めていくディレクター(小澤征悦)、職人気質のカメラマン(田中要次)、UMAオタクの音声・照明(川村陽介)、バラエティ番組をバカにするAD(佐野ひなこ)、テキトーな現地通訳(岡安章介(ななめ45°))ら番組スタッフのチームワークもバラバラで、行き当たりばったりの撮影に振り回される杉崎だが、いつしか隊長の自覚も芽生え“真剣”に番組作りに挑む姿を描いた作品。

「探検隊の栄光」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

藤原竜也が藤原竜也役で出ていたといって過言ではない。何で政府軍あんな弱腰で、しかも気づかないんだとか、まあいろいろあるが、見ていて楽しいから、まぁいっかとなった。メタ的な作り方をしてるが故に、此方はメタメタを警戒しながら見てしまう。
勝郎

勝郎の感想・評価

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ギャグの中に真剣な感動入るのが良かった
Dam

Damの感想・評価

3.4

このレビューはネタバレを含みます

反政府軍あたりから最高に面白くなる。
鑑賞回数:1
物語:★★☆☆☆ 2.5
配役:★★★☆☆ 3.0
演出:★★☆☆☆ 2.5
映像:★★☆☆☆ 2.5
音楽:★★☆☆☆ 2.5
再見:★★☆☆☆ 2.0

利用してる配信サービスで見放題終了の文字が見えたので試しに視聴
しょーもないけど結構笑えた
何故こんな映画作ったのかは全然わかんなかったけど

「台本薄っ!」
つまらないし、くだらないけど、藤原竜也くんだからまぁまぁ
藤原竜也くんこういう映画にも出るんだなとちょとビックリ
KatsuBlack

KatsuBlackの感想・評価

3.3
編集ってすごいなって思った

藤原竜也が面白い役

みんな楽しそうにやってた
stalkaway

stalkawayの感想・評価

3.0
バカでくだらなくて、頭を使わないで見れるところがいいね!
くだらないモキュメンタリーバラエティ番組を撮るという作品なわけだけど、通訳も現地人たちも主要どころは、みんな日本人ってところがメタ的にも徹底していて良かった。
完全に藤原竜也観るために観て、期待してなかったし、初めは何これ?って思ったけど、いい意味で裏切られた。笑

「しょーもない馬鹿なことを全力で」が、作品中にも作品の作り方にも徹底してた!
何より藤原竜也が適役すぎて、後半の長ゼリフの勢いを聞けただけでも満足。笑
藤原竜也が好きなら見るべき!✨

そしてエンドロールが最高!
KazuneIto

KazuneItoの感想・評価

2.0
メタ映画
>|