探検隊の栄光の作品情報・感想・評価

探検隊の栄光2015年製作の映画)

上映日:2015年10月16日

製作国:

3.1

あらすじ

落ち目の俳優となった杉崎(藤原竜也)が、俳優人生を賭けて新境地に挑むべく、伝説の未確認生物(UMA)「ヤーガ」を求め秘境の地を探検するテレビ番組の隊長に挑戦。番組がオモシロければ何でもありのプロデューサー(ユースケ・サンタマリア)、大雑把に進めていくディレクター(小澤征悦)、職人気質のカメラマン(田中要次)、UMAオタクの音声・照明(川村陽介)、バラエティ番組をバカにするAD(佐野ひなこ)、テキ…

落ち目の俳優となった杉崎(藤原竜也)が、俳優人生を賭けて新境地に挑むべく、伝説の未確認生物(UMA)「ヤーガ」を求め秘境の地を探検するテレビ番組の隊長に挑戦。番組がオモシロければ何でもありのプロデューサー(ユースケ・サンタマリア)、大雑把に進めていくディレクター(小澤征悦)、職人気質のカメラマン(田中要次)、UMAオタクの音声・照明(川村陽介)、バラエティ番組をバカにするAD(佐野ひなこ)、テキトーな現地通訳(岡安章介(ななめ45°))ら番組スタッフのチームワークもバラバラで、行き当たりばったりの撮影に振り回される杉崎だが、いつしか隊長の自覚も芽生え“真剣”に番組作りに挑む姿を描いた作品。

「探検隊の栄光」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

藤原竜也が藤原竜也役で出ていたといって過言ではない。何で政府軍あんな弱腰で、しかも気づかないんだとか、まあいろいろあるが、見ていて楽しいから、まぁいっかとなった。メタ的な作り方をしてるが故に、此方はメタメタを警戒しながら見てしまう。
炒飯

炒飯の感想・評価

3.5
藤原竜也見たさに

なんも考えずに見るがよいさ、
なにかをもとめちゃだめさ笑

藤原竜也が自分をdisりながらやってる感じが素敵やね

良い意味でグッダグダの映画

ナナメ45度素敵
探検ドキュメンタリーのやらせとかまでを撮ったコメディ映画。
とてもしょーもない作品で映画館で観るのは嫌ですね、面白かったですけど。たぶん出演してる俳優はとても楽しく演技できたと思います。
内容とかストーリーは夜にやってるあからさまにやらせだろってうドキュメンタリー番組となんら変わらないので楽しめない人は全く楽しめないと思います。
仲よさそうだった。
藤岡ひろしの探検隊シリーズをベースにしたようなユルいコメディ映画です。TV番組にヤラセはつきものであるが、それを全力でやる姿はおもしろい。そして、努力は報われる!?ってな展開は、先が読めてしまうがこの作品においてはそんなことは許しちゃう。それほどユルい映画。
脚本家はお笑い番組の放送作家とかなのかな?ところどころボケを被せたり、コントっぽいところがある。この映画自体も、そのヤらせなんだな~と微笑みながら観てしまう作品です。
やなことあったので、トライ。←


ははは、しょーもな(笑)

くだらないことをくだらないで終わらすか
くだらないことも全力でやってみるか

もっとバカになろう!バカって最高ー!
まろに

まろにの感想・評価

3.3
フフフッとなりたいときにボーッと見てます笑
ドリオ

ドリオの感想・評価

3.5
ぬぁぁ!要素があまり無くお笑い要素が多い藤原竜也を初めて観た気がします。
原始猿人ネタは読めたけど面白かった。
コウ

コウの感想・評価

3.1
いい意味で下らない笑肩の力抜けて気楽になれる
>|