探検隊の栄光の作品情報・感想・評価

探検隊の栄光2015年製作の映画)

上映日:2015年10月16日

製作国:

3.1

あらすじ

落ち目の俳優となった杉崎(藤原竜也)が、俳優人生を賭けて新境地に挑むべく、伝説の未確認生物(UMA)「ヤーガ」を求め秘境の地を探検するテレビ番組の隊長に挑戦。番組がオモシロければ何でもありのプロデューサー(ユースケ・サンタマリア)、大雑把に進めていくディレクター(小澤征悦)、職人気質のカメラマン(田中要次)、UMAオタクの音声・照明(川村陽介)、バラエティ番組をバカにするAD(佐野ひなこ)、テキ…

落ち目の俳優となった杉崎(藤原竜也)が、俳優人生を賭けて新境地に挑むべく、伝説の未確認生物(UMA)「ヤーガ」を求め秘境の地を探検するテレビ番組の隊長に挑戦。番組がオモシロければ何でもありのプロデューサー(ユースケ・サンタマリア)、大雑把に進めていくディレクター(小澤征悦)、職人気質のカメラマン(田中要次)、UMAオタクの音声・照明(川村陽介)、バラエティ番組をバカにするAD(佐野ひなこ)、テキトーな現地通訳(岡安章介(ななめ45°))ら番組スタッフのチームワークもバラバラで、行き当たりばったりの撮影に振り回される杉崎だが、いつしか隊長の自覚も芽生え“真剣”に番組作りに挑む姿を描いた作品。

「探検隊の栄光」に投稿された感想・評価

このレビューはネタバレを含みます

藤原竜也が藤原竜也役で出ていたといって過言ではない。何で政府軍あんな弱腰で、しかも気づかないんだとか、まあいろいろあるが、見ていて楽しいから、まぁいっかとなった。メタ的な作り方をしてるが故に、此方はメタメタを警戒しながら見てしまう。
くぅー

くぅーの感想・評価

3.4
my2015映画館#83》ドーーンとくだらねぇー作品を、なぜに金曜日公開にしたのか…そんなあざとさを楽しむのが正しい見方なのか(笑)
いわゆる、未確認生物体系を探すうさん臭い番組の裏側を見せつつ、そのスタッフの熱さを魅せ切る、いい意味でバカバカしい一本。
まぁ、無料券で鑑賞したので、どーんと構えて楽しめたが…妙な期待は捨てて、肩の力を抜いて見るべし。
しかーし、個人的にはUFOは信じたいし、土地柄で座敷わらしは信じてるのであった。
もち

もちの感想・評価

-
すごい俳優陣がすごく真面目にくだらない演技してて感動した
ちょーくだらない笑
ほとんどコント
komika

komikaの感想・評価

3.5
くだらなさがちょうど良い。(笑)
you

youの感想・評価

3.8
映画の中の話、探検隊番組を作るために行く先々で山ほどやらせをしてるのだが、あからさますぎてバカバカしく面白い。そしてそれがうまく劇中劇になってるからこその面白さ。さらに藤原竜也がクズじゃなくて普通の人の役で面白い。内容がしょうもないのに最後まとまってて面白い。
面白すぎでした。
クッッッッソくだらん。
だけどそれが欲しいときもある。
3104

3104の感想・評価

3.3
暗い気分の時観るとどうでも良くなる
>|