pencil

たかが世界の終わりのpencilのレビュー・感想・評価

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)
3.9
ドランの映画はいつも音楽がとても印象的だけど、この映画もやはり冒頭の曲から持っていかれました。そしてこの冒頭の曲の余韻を引きずったまま、ラストまでいった感じです。そしてラストのMobyの曲もよかったです。
パンフレットは1000円と割高だったけど、台詞だけでは理解できなかった部分がパンフレットを読んでスッキリしたりして読み応えはかなりありました。