esose

たかが世界の終わりのesoseのレビュー・感想・評価

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)
3.8
終始心がざわつく。一言一言が見逃せない。其々が何が言いたくて言いたくなくて知りたくて知りたくないのか、読み取らないとこの映画の本質が見えない。自分の想像力を試されているような映画だった。。疲れた。。