たかが世界の終わりの作品情報・感想・評価

たかが世界の終わり2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:99分

3.5

あらすじ

「たかが世界の終わり」に投稿された感想・評価

rieeeeee

rieeeeeeの感想・評価

4.0
何、この映画は。
観終わった後のたくさんの?と想像を掻き立てられる感じがすごい。
家族1人1人の言動や表情、その中に見え隠れする闇の部分。その場の空気感、ひとつも見逃せない。
隣の人は寝てたけど、、。

ドランはこの映画を観た人の感性を試したかったと。
Ayaka

Ayakaの感想・評価

-
映画館にて
mmmmmm57

mmmmmm57の感想・評価

3.7
登場人物少ないし
映画にした内容
数時間?
その発想がすごいな。
レアセドゥいいね
グザヴィエドランの監督作品は好きだけど、その中ではこれはいまいちピンと来なかったなあ。お兄さんにイライラ。
なほ

なほの感想・評価

3.9

「たかが」世界の終わり
ここの世界はどこを指していて、ここのたかがはどんなイメージだ?
じわじわぼんやりただずっと焦燥感というか気持ちの悪い空気が漂う家族、冒頭から音楽シーンに惹かれる、この空気を作れるグザヴィエ・ドランって何者なんだろ?
Sappho

Sapphoの感想・評価

4.6

このレビューはネタバレを含みます

若手劇作家(脚本家)のルイは、ある日自身に迫る死について打ち明けようと12年ぶりに帰郷する。母親と幼い頃ぶりの妹は浮き足立ってお洒落をし、兄と兄嫁はぎごちない態度で出迎える。どこか歪みを抱えながらもなんとか打ち解けそうになった時、兄はルイをドライブに誘うが車中で激昂しだす…。ルイは自身の死について打ち明けることができるのか??

久しぶりのグザヴィエ・ドラン監督作品だったけど、あんまりにも身に覚えがありすぎる台詞が多くてしんどかった…。フランスの人々は日本人に比べてストレートで、少し皮肉っぽくて、でも愛の伝え方も直球で。慣習と記憶に囚われたくないと家を飛び出たルイの身勝手さ、期待されていた弟に対する兄の嫉妬と怒り、永らく不在の兄に幻想を抱く妹。江國香織の本に「家族ってのは愛と憎しみのボレロ」って台詞があるんだけど、ああまさに愛憎極まれりって感じの映画でした。たぶん誰もが抱いている、血縁者ならではの安心と拒絶が入り交じるあの感じ。お母さんがあっけらかんとしているようで実は色々と見抜いているのがやっぱり母は強しって感じで好きでした。母にも兄にも「理解できない」と言われるルイの孤独と、家族への無関心が突き刺さる。しかしながらルイも家族に関心がなく、後先を考えない刹那的な生き方がルイの自己中心的な性格をあぶり出す。

兄嫁が実はキーマンで、物置でルイに「いつまで?」(たぶん寿命の話)って聞いたときの衝撃ったら凄かった。いちばん遠い人ほど、異変に気付くのかもしれない。逆に家族みたくいちばん近しい人ほど、幻影に囚われてなにも見えないのかもしれない。価値観や表現ってのは難しい。

燻らせたタバコの煙、絶え間なく飲むワイン、いつまでも出される食事。実家あるあるを小出しにしながら、光の演出と表情の繊細な変化を使った心情描写はさすがの一言。息苦しい場面の中に散りばめられた音楽の演出もステキ。複雑な思いもあるけど、家族に会いたくなること間違いなし。また観たいな~🎥


レアセドゥの姉御がバリバリにタバコ吸っててタトゥーも凄くてスれた妹役が似合ってた。兄嫁といいフランスの美貌つよい。
みそ

みその感想・評価

4.0
ちょっとこれは心に刺さりすぎて苦しい。感情の持っていかせ方がスゴい、なによりもリアルなホームドラマ
タイトルに惹かれた。

誰も悪くないような、だれもが自分勝手なような。交錯して衝突して、、、で?


ノマノマにしか聞こえなかったあの曲があんなドラマティックで切なくなるなんて。
honmosuki

honmosukiの感想・評価

4.0
人間ドラマ。終始イライラする感じ。もう少しうまくいかないものなのかと、あまりいい気分にはならない。その緊迫感、リアルさでドラマの行く末が気になる。映像と音楽も詩的。恋のマイアヒでテンションが上がる。
Sunao

Sunaoの感想・評価

3.1
苦しすぎるなぁ。
演技がうますぎて没入できるから逆に疲れる
>|