たかが世界の終わりの作品情報・感想・評価

たかが世界の終わり2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面…

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる─。

「たかが世界の終わり」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

3.0
ドラン作品に心の底から夢中になったことはなくて、今回もまあそんな感じなんだけど、ラストはちょっとゾワゾワした

あと、お母さんの「理解できないけど、愛してる」という台詞は、ドラン作品に通底するキーワードかもと思いました。(「トム・アット・ザ・ファーム」と「胸騒ぎの恋人」は未見)
映画館で2回。そしてDVDまで買ってしまった。 どこが自分自身の家族との関係性と似ていた。埋まらない隙間。
Kenji

Kenjiの感想・評価

3.8
ドラン監督の作品が初見な自分ですが…キャストや音楽の使い方、撮り方が本当上手い監督なのだなと感じた!

12年ぶりに家に戻るルイの気持ちを考えるとなかなか話を切り出せないのも無理はないなと思うし、12年ぶりに帰ってくるルイを迎える家族からしたら何で急に帰ってきたのかと…どう対応していいかわからない家族の気持ちも分かる気がする。

作中の大半は口喧嘩だったし、淡々としているストーリーなので飽きてしまう人もいるかもしれない。(現に自分もせっかちなので早く言っちゃえーと思ってた笑)

作中と同じ状況に立たされてる人(家族との関係的に)やじっくり静か〜な作品を見たい人にはオススメしたい作品だったかな😊
キャスト陣の演技力もかなり見所!!
beagle

beagleの感想・評価

3.0
刺さった。悲しかった。映像と音楽がきれいで、ドランの映画は気付いたら引き込まれてる。愛が終わることに比べたら、たかが世界の終わりなんて。フランス語にまだ慣れない。
K

Kの感想・評価

3.0
顔のアップか多いけど、目がブルーで引き込まれる。
じっと見てるとみんなそれぞれ言いたいことや思うことがあるけどうまく表現できないもどかしさを感じる。
難しくてレビューやネタバレ読んだけど、いろんな意見があってそれを見るのが面白かった。
果林

果林の感想・評価

3.2
声を張り上げたり、嫌味なこと言ったり、揚げ足とったり見てて嫌な気持ちになる。
見終わったあとよりもゆっくりこの作品について考えた時に良さが見えてくる気がする。表情の切り取り方が流石だ。リアルで人間味があって生きてるって思える表情。
Aki

Akiの感想・評価

2.9
ドランの作品でも好きな方、ドランは俳優も良いが監督の方が向いてる気がする。
siho719

siho719の感想・評価

4.0
痛ましいほどに悲しかった。そしてドランやっぱり素晴らしい。表情と映像でここまで人の心を揺すぶることができるなんて。残念なことに家族は往々にしてもたれあったり、しばりあったりしやすい。それぞれがそれぞれの人生の自由を尊重しあいながら生きている、という強烈な自覚が必要だと思う。もたれあいではない支え合いの家族。家族のなかで苦しんでいるなら家族から離れてしまうのもいいと思う。しかし、人間が生きていく中で「家族的なもの」は絶対に必要である。まさしくキャッチフレーズの通り、この家族はみんな悲しいくらいに不器用だった。
>|