たかが世界の終わりの作品情報・感想・評価

たかが世界の終わり2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面…

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる─。

「たかが世界の終わり」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

3.0
ドラン作品に心の底から夢中になったことはなくて、今回もまあそんな感じなんだけど、ラストはちょっとゾワゾワした

あと、お母さんの「理解できないけど、愛してる」という台詞は、ドラン作品に通底するキーワードかもと思いました。(「トム・アット・ザ・ファーム」と「胸騒ぎの恋人」は未見)
りと

りとの感想・評価

3.3
なんでそんなに怒ってるのかわからない…全然ついていけなかった…でも、ルイの悲しそうな青い瞳が綺麗だった。
ヒロ

ヒロの感想・評価

3.4
【早稲田松竹】グザヴィエ・ドラン好きなのに不覚にも寝てしまった。自分の中で当たり外れが激しい監督。そういういみでは園子温監督も同じ。
家族とは何か…。

癒されるべき場所であるはずだが、
必ずしもそうとは限らず。

同じ時間を過ごしてきた家族である
が故に、抱く愛情と嫌悪。

期待と裏切りが入り混じり、感情が
ぶつかり合う…

でも、家族は愛おしい。


やっと見れた!この作品。
いかにもグザヴィエ・ドランらしい
家族の描き方だと思った。

誰の心にもある刺々しい気持ちを
引き出してくる。

さすがの俳優陣の緊張感に息を呑み、
感情をえぐり出す様なシーンの連続に
圧倒された。

ギャスパーの碧く透き通る瞳が、
美しくて癒された。
gpstar

gpstarの感想・評価

3.9
12年間も家に帰らないのは長すぎ、家族に無関心だと思れて仕方ないかなと。家族を連絡しよう、もうちょっと大切にしようと思えた映画。
見終わったあとに隣の家で家族喧嘩はじまって怖かった
shinobu

shinobuの感想・評価

3.1
ドランにしか撮れないフィルムがあると思う。若い時にしか撮れない映画がある。
スピルバーグが激突!を撮ったの25歳くらいだよ。
いま我が国の20代で何人のフィルムメーカーいるのだろうか…と本編に関係ない話に終始するのもアレなんで終わり。

本作は原作はあれど監督、脚本、制作を担当したドランにしか撮れない、ドランの為の映画となっている。

ドラン作品を全て観ている訳じゃないが共通するのはその繊細さである。
終始重苦しく痛々しい描写が延々と続くが本作のキモとなるのは繊細で美しいルイでも美しい風景でもなく、普通のおじさんアントワーヌだろう。ボクにとってはどんな美しい映像より、心象風景より何より兄ちゃんが大事だ。

冒頭、久しぶり実家に帰ってきた次男坊に会うというだけなのに、オシャレをする母と末っ子。
嫌味ったらしい事を言う兄貴…始まって数分で大体の事を察する事が出来る見事なオープニングだ。

嫌味ったらしい兄貴アントワーヌという印象を段々とひっくり返していく描写も見事だと言うしかない。

その嫌味ったらしい性格はどこから来たのか… 段々と人となりを知るたびにアントワーヌに共感してしまう。彼は嫌味ったらしいし、言葉は荒いし酷い。

が…アントワーヌは嘘は言わなかった。

ルイはどうだったか。彼はどういうつもりで帰ってきたのだろうか?普段簡単な絵葉書を送る程度で、何も話さず何も聞かないから何も知らない家族にいざとなると慰めてもらいたかっただけだったのかと。

ルイは兄貴が何の仕事をしてるかも知らない。そんな家族の些細な事は世界が終わる事に比べたら大した事ではないから…

いや、愛する者を失う事の辛さに比べればたかが世界の終わりなんてだ。

ただ…もちろん狙いなんだろが余りにもユーモアがないのがなぁ。
あ、恋のマイアヒは最高だったな。
ルイも最後まで病気のこと言わないし… この家族のどいつもこいつもオープニングから成長したんだろうか。

教訓があるとしたらこんな家族にならないように連絡とりあうか一切取らないかだな。
Aquila

Aquilaの感想・評価

3.4
見たのは1年近く前かな。そんな楽しんでなかったと思う。





結婚して旦那の地元に移り住んでいた姉が突然数年ぶりに帰省してきて、
緩やかな荒廃を迎えていた実家の見て見ぬフリしてきた何かを無邪気に指摘して、
本人が何くわぬ顔で帰ったあと、実家に残された家族の暮らしは残酷にも続く、そんな気持ち。わかりますか。


グザヴィエ・ドランさんの映画初めて見ました。つかグザヴィエて。頭文字Xらしいぞ。FFでしか知らないよそんなヤツ。
格好良すぎ。

好きな人は偉いと思う(無邪気
skn

sknの感想・評価

4.0

このレビューはネタバレを含みます

言えずじまいエンドは予想外…!
突然の帰郷に対するリアクションは異なれどその根本は家族愛なんだろうな
ルイの微笑みが辛くなる
冒頭からもう居心地が悪くてムズムズ。顔のアップと細かく切り替わるカットの緊迫感で不安定な気持ちになる。
家族の噛み合わない会話と怒鳴り合いにはげんなりさせられたけど、これら全て監督の思惑通りなんでしょう。
ラストの鳥は物哀しいけど、唯一安らぎを感じたシーン。
>|