たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:
  • カナダ
  • フランス
  • / 上映時間:99分
    監督
    グザヴィエ・ドラン
    脚本
    グザヴィエ・ドラン
    キャスト
    マリオン・コティヤール
    レア・セドゥ
    ヴァンサン・カッセル
    ナタリー・バイ
    ギャスパー・ウリエル
    あらすじ
    「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる─。

    「たかが世界の終わり」に投稿された感想・レビュー

    ngsm
    ngsmの感想・レビュー
    2017/02/14
    3.0
    ドラン作品に心の底から夢中になったことはなくて、今回もまあそんな感じなんだけど、ラストはちょっとゾワゾワした

    あと、お母さんの「理解できないけど、愛してる」という台詞は、ドラン作品に通底するキーワードかもと思いました。(「トム・アット・ザ・ファーム」と「胸騒ぎの恋人」は未見)
    せんちゃん
    せんちゃんの感想・レビュー
    1時間
    2.5
    とにかくセリフの怒鳴りあいが多く、聴いてて多少不快な感じになった。家族の関係としてはあるあるなのかもしれないが。
    限られた登場人物と、場面変化が少ないのが単調に感じて、途中ウトウトしてしまった。目覚めると、全員の怒鳴りあいが始まっていて、何に怒っているのかさっぱりわからんなかで終わってしまった。
    Christopher
    Christopherの感想・レビュー
    4時間
    3.1
    見せ方は好き。ただヒステリーの度合いが酷い。笑
    Shinobu331
    Shinobu331の感想・レビュー
    4時間
    -
    主人公ルイの思いを表すような、真っ黒なファーストシーンから、
    次々に流れる、音楽の素晴らしさ。家の中が中心のシーンがほとんどなのに、ひとつひとつが見入ってしまう。やられる!映画でした。でも、ルイ以外の人物達、
    真理に辿り着くまで、どんだけしゃべるんだ! 彼らの話しの多さに
    正直疲れました。ルイの寡黙さといい、ラストで飛び出して
    死んでしまう鳥。せつないですが
    それでも、どこか希望ある、
    映画でした。
    jerry
    jerryの感想・レビュー
    6時間
    -
    相変わらず音楽のチョイスがカッチョいい。鳩(鳥?)時計も効果的。
    Mammyが刺さりまくったので期待し過ぎたかも。これはなんというか…普通。家族ってこんなもんだろうという。
    ヴァンサンカッセルの役が猛烈に苦手なタイプでとりあえずぶん殴ってやりたくなった。
    るる
    るるの感想・レビュー
    8時間
    3.7
    記録
    RURI
    RURIの感想・レビュー
    10時間
    4.0

    このレビューはネタバレを含みます

    世界観、キャスト共にとても良かった。

    家族なのに心を開いてくれない、家族なのに気まづい...など一方方向の愛情が交差して、現代の多様性が反映されているように思った。
    あとは、フランスの家族の距離感や歴史は、日本と違う部分があり、文化が出ているのが面白いと思った。

    やはり、グザヴィエドランの映画は色彩がとてもとても綺麗で、CGを使ったキラキラさではなく自然が持つキラキラを引き出していて、とても好きだ。この映画はそれが1番出ていたように思う。

    視線で全てを物語っているのも、心情が表に出ていて良かった。
    キャストの演技力も文句なしで良かったです。

    いつもと少しテイストが違ったのも面白く見れました。とても好きな映画の1つです。
    HxMxYxSx
    HxMxYxSxの感想・レビュー
    11時間
    3.5
    ホールソレイユにて鑑賞
    joysmiles
    joysmilesの感想・レビュー
    18時間
    3.7
    見終わった瞬間、「むぅぅ」と唸ってしまった。"家族"というものが抱える歪さを、まざまざと見せつけられた気持ちがした。

    そして、しばらくエンドロールを見つめていると、ゾワゾワと凄い映画を観てしまったなぁ、という興奮というか畏怖というか奇妙な感覚がやってきた。

    99分の作中、出てくるのは、ほぼ5人の登場人物のみ。でも、退屈を感じさせない。畳み掛けられる言葉たち。でも、主人公は殆ど喋らない。会話は平行線を辿り噛み合わない。でも、そのすれ違いが"家族"の形を浮き彫りにして行く。

    原作が戯曲だと分かると、納得できる点もある。が、その脚本をこう言う映像で観せてくるのか…と溜息が出てしまう。

    全編を通じて、役者がアップで映されるシーンが多用されている(というか、8割方以上だろうか…)。それにより、とても細かいカット割がされてて、単調な話の中にスピード感を生んでるようも思う。もちろん、独特な音楽の使い方や映像の構図・色彩美という格好の良さも、疾走感を増す装置になってる。

    語り出すと止まらなくなってしまいそうなほどに、あらゆるところに様々な要素が散りばめられてる。思い返しても面白さがある映画だった。

    散々講釈じみたことを書き連ねてしまったけど、一点だけ、ひと言で表せる表現がある。「かっこいい」。とにかく、悔しくなるくらい、かっこいい映画。
    けい
    けいの感想・レビュー
    23時間
    3.5
    好き。
    家族のあり方。
    すこし、共感できる部分もある。
    撮り方が好き。

    二度観たくなる映画。
    >|