たかが世界の終わりの作品情報・感想・評価

たかが世界の終わり2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面…

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる─。

「たかが世界の終わり」に投稿された感想・評価

ngsm

ngsmの感想・評価

3.0
ドラン作品に心の底から夢中になったことはなくて、今回もまあそんな感じなんだけど、ラストはちょっとゾワゾワした

あと、お母さんの「理解できないけど、愛してる」という台詞は、ドラン作品に通底するキーワードかもと思いました。(「トム・アット・ザ・ファーム」と「胸騒ぎの恋人」は未見)
chi

chiの感想・評価

2.5
あまりに個人的という感じで、見ていられなかった。これまでの作品と比べて、圧倒的に退屈だったし、期待していただけに残念な思いが強かった。
ドラン監督特有の映像における美しさは確かにあったと思う。ただ、突如映像美を押し出されても、、みたいな冷めた目で見てしまったことは否めない。

血縁にこだわるなと言われて、「はい、そうですね」なんてなれない人の方が多い。そして、なれない人間ほど、固執して、かき乱されて、人生が狂ったりする。
まあこれが現実かもしれないよなあ。家族に纏わる殺人事件が起こる手前みたいな。ありふれたことなのかもしれない。この作品が、胸にひどく響く人もいるのかもしれない。
XmasStory

XmasStoryの感想・評価

4.0
目は口ほどに物を言う。家族それぞれの目線から言葉以上の感情、疑念、後悔、諦め、怒り、哀しみ、戸惑い…雪崩れ込むほど伝わってきます。おどおどやいらいらが目の前でされながらも彼だけが静まり返っているのも印象的。音楽も耳に残ります。

レアのタトゥーも凛としながら脆い顔付きもマリオンの様子をうかがう表情もヴァンサンの内なる憤りもナタリーの上っ面だけを飾る心情も派手さも忘れられません。ギャスパーの映画の終わりの心境は如何に。ナタリー・バイを観ていたらリップヴァンウィンクルの毬谷友子さんが重なりました。
音楽、映像が心をくすぐる。考えるな感じろって押し付けがましさに少し臭さを感じるけど、ワビサビと捉えたら全部オッケー。
仕事のため、独り暮らしをしたことがあるが、実家に帰った時、違和感があった、それ思い出した
舞台っぽかったな〜。ラストの夕陽とかね、ああいう照明よくみるもの。

故郷の小中高一緒に通った腐れ縁の男を思い出した。今でも遊ぶんだけど、どうしても相入れないんだ。彼の事はわかったつもりでいるし、向こうもそう思ってる。お互いの価値観をなんとなく掴んでいるが、認めるわけにはいかない。それを認めてしまったら、自分の人生が無意味になるって事を知ってるからだ。あんまり関係ない話。すいません。

今日、俺は花火を見に行くつもり。親友ともう1人、あんまり気が合わないと思ってた同郷の子。 スゴく楽しみだし、スゴく怖い。
描き出された田舎的家族像に拍手。テーマ起点のフィクションとしてというより、作者が掬い取った、現実的な田舎のリアルを見た、というつもりで見てました。よくこれを改めて一つの世界観にできるなと感動。田舎の家族ってほんまにこんな感じで、そこに居るナイーブな芸術肌の少年の息苦しさも、実際にこんな感じだと思う。
ooyan

ooyanの感想・評価

4.0
鳩時計が出てきます。
後悔郁

後悔郁の感想・評価

3.5
あっというまに終わっちゃった 実家にかえった主人公のよそよそしさ、10年以上はなればなれだとここまで距離があいてしまうんだな
かおり

かおりの感想・評価

3.2
先にあらすじ知っておかないと理解できないこの映画(笑)
映像の綺麗さとか音楽のかっこよさは感じたけどストーリーわかんなくて???ってなった(笑)
もっかいみたらわかるかな…
>|