たかが世界の終わりの作品情報・感想・評価

たかが世界の終わり2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面…

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる─。

「たかが世界の終わり」に投稿された感想・評価

moet

moetの感想・評価

4.0
もはや壮大なMVか何かかなってくらいにオープニングとエンディングの曲が全てだった。
開始早々各俳優のドアップが目まぐるしく変わるカットで混乱して、みんな苛々してるからその場に居るわけでもないのにとても居心地が悪い。あの家族に対する独特の羨望や嫉妬、葛藤やどうしようもなさ、それでも確かにある愛。唯一の部外者であるマリオン・コティヤールの救い。
たかが世界が終わるくらいで全てが丸く収まる訳がない。
相変わらず、前もなければ後も無い、放り出された感がすごかった。
こんな繊細なものを撮ってしまうグザヴィエはいったいどうやって生き延びてるのか不思議でならない。
パケほ

パケほの感想・評価

4.0
設定が細かい。焦点もわかりやすい。

家族をセリフや行動でうまく表現しているなーと。個性がしっかりと分かる。
語らなくても心情が見えてるのは凄いですね。

音楽も場面にあってる。
ここまで揉め事しか起こっていないのに愛しかない。誰もが空白と喪失を恐れている。天才だと思いました。
カズマ

カズマの感想・評価

3.7
居心地のいい不幸よりも
幸福を選べ。
予告は面白そうだった。
やはり予告はよく出来ている。

ん?と思ってレビューを見ると
皆さんそう感じているみたいで。

フランス映画はフランス人にしかわからない作品もあれば邦画も日本人にしかわからないジョークなんてある。

ルイの目が美しかった。
3回トライして、3回眠くなりリタイア。
もうこれは縁が無いと捉え無理して観るのを辞めました。
なので、レビューできずっていうのがレビュー。
申し訳ございません。
Layla

Laylaの感想・評価

2.8
満を持してグザヴィエ・ドラン作品初鑑賞。残念ながらあまり合わなかった。会話劇というにはストーリーを引っ張ることはできていない(ように思える)セリフ、映像からも演技からもメッセージが、(きっとあるのだろうけど)読み取り辛く…音楽の使い方も???という感じ…。別の作品でリベンジします。
翔海

翔海の感想・評価

3.5
12年ぶりの帰郷で揺れ動く家族の感情。

この家族には「たかが世界の終わり」なんてことは関係ないってかんじ。それぞれの気持ちがぶつかり合う、きっと彼らはまだ家族ではなかったのかも。
正直、私には難しい作品でした。。深読みをして出したレヴューです笑
12年ぶりに実家に帰った主人公が病気で余命僅かなことを家族に伝えようとするものの何度もチャンスはあったのに全然言い出さないサンシャイン池崎映画。
amo

amoの感想・評価

3.0
わたしには難しすぎた😅

イライラしっぱなしの映画でした…

後半伏線回収感あったけど、あのお兄さんの妻がなんなのかよくわからなかった…
お兄さんの葛藤みたいなものはなんとなく感じたけど。

ただ、お母さんが香水みたいなのをつけてそのままハグするみたいなところの流れは好きでした。
母ってすごいな。
>|