たかが世界の終わりの作品情報・感想・評価

たかが世界の終わり2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面…

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる─。

「たかが世界の終わり」に投稿された感想・評価

moet

moetの感想・評価

4.0
もはや壮大なMVか何かかなってくらいにオープニングとエンディングの曲が全てだった。
開始早々各俳優のドアップが目まぐるしく変わるカットで混乱して、みんな苛々してるからその場に居るわけでもないのにとても居心地が悪い。あの家族に対する独特の羨望や嫉妬、葛藤やどうしようもなさ、それでも確かにある愛。唯一の部外者であるマリオン・コティヤールの救い。
たかが世界が終わるくらいで全てが丸く収まる訳がない。
相変わらず、前もなければ後も無い、放り出された感がすごかった。
こんな繊細なものを撮ってしまうグザヴィエはいったいどうやって生き延びてるのか不思議でならない。
んー
良い映画かもしれないけど

苦手やなぁ〜

俺は三兄弟の長男なので
どうしても兄を見てしまう

ルイは次男そっくりで口数少ない

三男だけども
容姿良くておしゃべりなところも

母親はあんなもんでしょどこでも(笑)

ただ
ただ…

んーなぜなんだ兄
どうして???

普通喧嘩は下のもんでしょ!?
なぜそんなに…

最後まで共感出来ない映画となりました

あ、僕はね
mssssn

mssssnの感想・評価

3.5
90分間、ずっとざわざわする映画。
sako

sakoの感想・評価

4.0
「マイ・マザー」「トム・アット・ザ・ファーム」に続く、グザヴィエ・ドラン作品3作目。
相変わらずグザヴィエドランの作る映画は、家族とはなにか考えさせられる。

思ったのは、おそらくあの家族は、ルイがいないときはそれなりに上手くやっていたのではないかということ。
アントワーヌの言葉を借りるなら、「居心地の良い不幸」状態。仲は良くないけれど、なんとか家族をやっていられた。
だがルイの存在がそれを狂わせる。無理に家族団らんを演じなければ家族を維持していられなくなる。マルティーヌの努力がアントワーヌをいらだたせ、シュザンヌやカトリーヌに暴言を吐き、それが雰囲気をぶち壊してしまう。
最後、涙ながらに自分の気持ちを訴えたアントワーヌに寄り添うマルティーヌやカトリーヌの姿は、いかにも家族であった。家族と言い争って気持ちが高ぶり、部屋に籠ってしまうシュザンヌも、思春期の娘らしい。
ただひとり、ルイが浮いている。彼だけが馴染めていない。それでも、自分に死期が迫っていたら、直接別れの挨拶をせずにはいられない。それが家族だ。
コンプレックスを抱いていようが、無関心だろうが、どんな暴言を吐こうが、家族をやめることはできない。絆のようで、呪いのようでもある。
はち

はちの感想・評価

1.5
怒鳴り合いが多いからビックリした。穏やかじゃない。
閉鎖的な田舎の閉鎖的な家族。
なんだか見てて息苦しくなる。

母親がかなり空気読めない人だと思ったけど、ちゃんと母親だった。
理解はできないけど愛してる。
この愛は誰にも奪えない。
あとルイの目がすごく綺麗だった。
殉

殉の感想・評価

3.0
2017春
michiru

michiruの感想・評価

3.0
心のざわつきが止まらない
minyamoom

minyamoomの感想・評価

3.0
マイマザー、に続いてドラン2作目。
もっとハイペースで見たいんだけどフランス語の響きがそんなに好きじゃなくて(しかも超喋るし。クワァー!!!!みたいな)見るのにわりと気合いがいるやつ。

ドラン2作目のペーペーのわたしには、これがドラン!とか全く語れないんだけど、今回も会話の応酬がすごい。ずーーーっとほぼ怒りながら話してるのを見続ける。なんでそんなに怒ってんの?!
マイマザーのときはお母さんと息子のやりとりだけ見とけばよかったんだけど今回は

お母さんと『息子』
兄と『弟』
妹と『兄』
兄嫁と『弟』

とこの4つの組み合わせを見続ける。

マイマザーに兄弟いたバージョン、みたいな感じ?でも、マイマザーのときは何だかんだ言ってもすごく愛情が感じられたんだけど今回はかなりギクシャクした家族をみせられた。これ、ルイがいるせいでギクシャクしてるんだよね?普段はこんなんじゃないんだよね…?ルイもそれに気付いてて、全ての言葉を飲み込む。

たかが僕の世界の終わり。
原題知らないけど、邦題は秀逸。

12年も離れていたあなたに、なにが分かるの?


行間から詳細は読み取れなかったんだけど、22歳でルイが家を出た時、きっとなにか事件があったんだろうなと。事件があって、ルイは出て行って、でも自分一人で成功した。そこに残された家族はたくさん苦労や辛い思いをしてやっとの思いで安定した生活を手に入れた。(昔の家には思い出したくない思い出があるのでは)特にお兄ちゃんはたくさん苦労した。だから弟見るとムカつく、お兄ちゃんの苦労も分かるからお母さんもルイに優しくしきれない。妹はまだ小さかったから、出て行ったお兄ちゃんに憧れがある。その妹をみてまた兄はムカつく、て感じかなぁ…と。

親子関係もそうだけど、兄弟の関係もとっても難しいよね!!

て映画なのかな…と。

ちなみにわたしも構成は違うけど兄と弟がいる三兄弟だから、妹目線で鑑賞してしまったんだけど終始息がつまるような思いで見続けたよ。遠くにいる弟が久しぶりに実家に帰って来たとき、自分の不在を気まずい思いをすることがないようにしたい。遠く離れていても居場所は常にあるんだよ。日頃から連絡をたくさんとって、なにを思っているか、どう過ごしているか、たくさん話したいと思ったよ。久しぶりに会って話すとして、それが余命の話なんて絶対嫌だ。
…なんて、ドランこんな甘いこと一切言ってくれないよ。

これ、兄弟いなくて一人息子だったらきっとお母さんと簡単に和解できたんじゃないかなぁ…

息が詰まる映画だったけれど、自己主張の強いお母さんが割と好きだったよ。

楽しいことを思い出してまた味わう
彼女が知ってても話すのが楽しいの
自分のために話してる

お母さんがおんなじ話何回もしてても楽しく聞いてあげようと思った。





そのとおりよ
理解できない
でも愛してる
誰もこの愛は奪えない
sunny

sunnyの感想・評価

3.3
映像としては 結構すきだし、途中の回想シーンはMVみたいで見入ってしまうけど、

主人公の内気であんまり話せない感じとか、周りの人が一気に話すところとか、ちょっと苦しく感じた…

ずっと会話劇で少し難しい
マミーの方が好きだったな
KRSK

KRSKの感想・評価

3.4
ちょっとしんどいときには観ないほうがいいかも。でも見始めたら、やめられない不思議な映画。あと音楽が格好よいのと、その音楽の入り方が独特。
ラストはまるで舞台のような空気で一体感が味わえる。けれど、観たあとはやっぱりすこし疲れた。
>|