たかが世界の終わりの作品情報・感想・評価

たかが世界の終わり2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:99分

3.5

あらすじ

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面…

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる─。

「たかが世界の終わり」に投稿された感想・評価

moet

moetの感想・評価

4.0
もはや壮大なMVか何かかなってくらいにオープニングとエンディングの曲が全てだった。
開始早々各俳優のドアップが目まぐるしく変わるカットで混乱して、みんな苛々してるからその場に居るわけでもないのにとても居心地が悪い。あの家族に対する独特の羨望や嫉妬、葛藤やどうしようもなさ、それでも確かにある愛。唯一の部外者であるマリオン・コティヤールの救い。
たかが世界が終わるくらいで全てが丸く収まる訳がない。
相変わらず、前もなければ後も無い、放り出された感がすごかった。
こんな繊細なものを撮ってしまうグザヴィエはいったいどうやって生き延びてるのか不思議でならない。
たくや

たくやの感想・評価

2.3
終始モヤモヤ

救われない感じがすごい。暗い。最近こんな感じ。

最近期待しすぎる節があるのでもう少しハードルを下げよう。
キャストがすごすぎて、それだけでも満足できちゃう作品。起承転結というストーリー性があまりなく、会話で魅せてくる。撮り方とか詳しいことわからないけど角度とかが違ったり、夕方のシーンで夕日がきれいだったり人物以外にも魅せられた。暗いんだけどきれいな作品だった。
誰もわかってくれない

血の繋がりなんて関係ない。
自分の気持ちを理解してくれる人なんていない。
だから黙り込むし、目に涙を浮かべる。
そしてふと我に帰る。
「めんどくさい、逃げよう」と。
帰ってくるべきじゃなかったんだ。
理解してくれるはずがなかったんだ。
だから12年も避けてた。
少しでも期待していた自分がバカだった。
だけど、愛してる。

そんな気持ちに共感しました。
mankichi

mankichiの感想・評価

2.8
お兄さん役が演技上手いんだけど、それ故とてつもなく鬱陶しくてうざったさが際立ってしまった映画。
もな

もなの感想・評価

-
たかが世界の終わり。。
しゅん

しゅんの感想・評価

3.2
兄が怖くて仕方なかったが音楽と映像でカバー
のどか

のどかの感想・評価

2.9
もうすぐ死ぬと家族に伝えるために帰省してきたルイと、ルイを迎え入れた家族の1日描いた物語。

ああ家族ってこうだよな、素直になれなかったり、伝えたいことがきちんと伝えられなかったり、伝えても届かなかったりするよねって共感した。みんなそれぞれに想いがあって、それぞれ一生懸命生きている。これは事実

けど全体的にはあんまり心に刺さらなかった。。。
アントワーヌ頭おかしくない?性格悪くない?喧嘩売りすぎじゃない?そればっかり思ってしまって入り込めなかった笑

映像がとても上手いなと思った。ぼかし方とか色合いとか。
うーむ、久しぶりに帰ってきた家族に会えて 嬉しい反面 戸惑いも大きいに違いない。
兄さんとは 男同士 もっと深いとこで気持ちが分かり合えて 欲しかったと思う。
母親の気持ちを考えると 寂しくなるね、みんな自分の子なのだから。
>|