たかが世界の終わりの作品情報・感想・評価

たかが世界の終わり2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面…

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる─。

「たかが世界の終わり」に投稿された感想・評価

moet

moetの感想・評価

4.0
もはや壮大なMVか何かかなってくらいにオープニングとエンディングの曲が全てだった。
開始早々各俳優のドアップが目まぐるしく変わるカットで混乱して、みんな苛々してるからその場に居るわけでもないのにとても居心地が悪い。あの家族に対する独特の羨望や嫉妬、葛藤やどうしようもなさ、それでも確かにある愛。唯一の部外者であるマリオン・コティヤールの救い。
たかが世界が終わるくらいで全てが丸く収まる訳がない。
相変わらず、前もなければ後も無い、放り出された感がすごかった。
こんな繊細なものを撮ってしまうグザヴィエはいったいどうやって生き延びてるのか不思議でならない。
NONNON

NONNONの感想・評価

2.8
これまた雰囲気からいい意味で癖が強い映画でした。
まだ理解できてない部分があるのでもう一度観たいです。まだ私には少し難しかった、、、。
戯曲が元になっている会話劇なのに役者のアップが以上に多い。会話の内容もほとんどが雑談というかどうでもいい話ばかり。まるで「会話劇だけど表情とか仕草、編集・カット割りだけで勝負したんねん!」と言わんばかりの。グザヴィエがネクストステージにいくための映画なのかな。。
しかしグザヴィエの描く家族は毎回一筋縄ではいかない。でも実際の家族ってそういうもの。良い時も悪い時も愛も憎しみも全てを照らし続ける。でも個人的に最後の小鳥が死ぬシーンはやり過ぎと感じた。
過去作よりは、、、と思ったけどこれからのグザヴィエへの期待を込めて。
めちゃくちゃ俺には難しい映画だった。
そんな馬鹿でも天才の意図が汲みとれるくらいエレガントで味わい深い映画だった。
5人しか出てこない、時間経過も5時間くらい、ゆったりとしてるなと思いきや、いきなり展開が進む。その進み具合を支配してるのは全部、役者の感情表現ってところが惹かれた。最後伝えたかったこと伝えないで終わるところもまた良い
asuka

asukaの感想・評価

2.5
あんまり良さが分からなかった。
急にケンカが始まるけど、次の瞬間仲良く話してる。
これだけじゃないけど、おそらくメッセージ性が強すぎて分かんなかった。
自分にハマらない?
まだまだなのかな( ˘ω˘ )
みなさんのレビューを見て、じわじわ。
HIDE

HIDEの感想・評価

4.1
1回じゃ分からない
MrBigMouth

MrBigMouthの感想・評価

2.0
カンヌでは高い評価を得てる作品ってことで観てみました。
あんまり楽しめはしなかったけど嫌いではない。

核となる情報とか感情、想いって言えばいいのかな?そういう類の情報ははっきり言わなかったり、遠回しに言ったりで、観てるこっちとしては確信が持てなくてモヤモヤする部分でもあるけど、結構日常ってそうだよね。って言う部分が評価に繋がったのかなって気はする。
具視

具視の感想・評価

3.5
レンタルにて。

お兄さんが怖い。皆んなどこかおかしい。

兄は地元に縛られて弟の存在が疎ましく思っているけど、家族に囲まれて安定しているではないか。

弟は1人で戦っているのだから。
私は弟の方を思ってしまった。私は家が窮屈で社会人になってからすぐに有無を言わさずに一人暮らしをして頼らずに生きてきたから。自由を手にするのは楽じゃないと思う圧倒的に使えるお金の額や将来の見方が変わる。当たり前のように誰も守ってくれないんだから。
movie29

movie29の感想・評価

3.3
ギスギスよそよそしい家族像。
きっと思い合ってはいるのに…。
若き天才、グザヴィエ・ドラン作品。
キャストもフランス映画界の実力者ばかり。
ナタリー・バイとレア・セドゥは気づかないぐらいにいつもとは雰囲気が違う😲
マリオンの瞳が美し過ぎ😍
オープニングの曲がとっても印象的だけど、途中で流れる、なぜか日本でも謎のヒット曲「マイアヒ」のせいで忘れた😵
♪飲ま飲まイエイ♪

何よりも大事だけど何よりも厄介。誰よりもわかってるようで誰よりもわかってない。
優しくしたいのに優しく出来ない。
それが家族ってやつ…かな?
>|