たかが世界の終わりの作品情報・感想・評価

たかが世界の終わり2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面…

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる─。

「たかが世界の終わり」に投稿された感想・評価

moet

moetの感想・評価

4.0
もはや壮大なMVか何かかなってくらいにオープニングとエンディングの曲が全てだった。
開始早々各俳優のドアップが目まぐるしく変わるカットで混乱して、みんな苛々してるからその場に居るわけでもないのにとても居心地が悪い。あの家族に対する独特の羨望や嫉妬、葛藤やどうしようもなさ、それでも確かにある愛。唯一の部外者であるマリオン・コティヤールの救い。
たかが世界が終わるくらいで全てが丸く収まる訳がない。
相変わらず、前もなければ後も無い、放り出された感がすごかった。
こんな繊細なものを撮ってしまうグザヴィエはいったいどうやって生き延びてるのか不思議でならない。
natch

natchの感想・評価

3.5
映画のタイトルとレアセドゥ観たさに惹かれて鑑賞。


『終始不快、終始息苦しい』
そのとおりだった。

ずっと胸が締め付けられた。

でも観終わって忘れられない言葉だったり、映像があった。
ずー

ずーの感想・評価

4.5
兄も妹も母もそして主人公もみんなそれぞれ自分や大切なものを守ろうとして自分勝手になったんだろう、余裕がない人はやはり他の人にキャパを捌けないよなっておもいました。当たり前のことだし誰も悪くないんですけど、主人公は悲しい。
兄は身勝手なように見えるけど立場を考えたらそうだよなあって…
物語自体は一見動いてるように見えないですが、心や気持ちの変動がすごくて少女漫画みたいと感じました。


フランスということもあり価値観がわからずどれが何を伝えてるのかかなりむずかしい…ので推測ばかりですが、この映画が好きだと思ったのは いい母親でいたい気持ち、好奇心の妹、主人公が憎い主人公の兄と、それを外から見る兄嫁、自分の死を伝えたい主人公の気持ちが、どれもわかるから交わらないのが納得すぎてそうだなあってところだと思います。寂しい。

いい映画でした。



※微ネタバレ

「誰も泣いてくれないかも」
と言った主人公のこと考えると悲しいし、タバコ吸って捨てるあのシーンが苦しくてすごくよかった。
小梅

小梅の感想・評価

3.5
ドラン映画が世界的にヒットするのは、この手の感情が世界共通のものだからなのだろうか?ちょっととがった言い方をすると、こじらせた承認欲求と根拠がついてくる自信家な天才。わたしは嫉妬と痛みと共感が入り混じった複雑なきもちでいつも彼の作品を見ています。
さいきんは闇や痛み、もどかしさがにじみでた作品がメジャーになりつつありますね、映画ビギナーの目では、すこし昔の名作ってもっとハッピーだなあとおもうのだけど。昔からこんなかんじ?

内容としては、自分らしくマイペースに生きていくことと、家族をつくることのむずかしさを描いた作品でした。家族の「あるべき」姿を求める女性たち、現実を見てきた長男、孤独と闇をひとりで抱え込む男…どんな人間にも潜んでいる「わかってよ!」の不格好さがささくれた心にぐさぐさと突き刺さります。
家族からはみだしてしまった経験のあるひと、自分の悩みをうまく人に伝えられないひとの心が激しい感情と共に描かれているので、そのあたり共感できる人にはおススメ。
shinaaaaa

shinaaaaaの感想・評価

3.6
ハグしたり話しながら違うところを見てるルイの目線がよかった。そして音楽が最高。
KOBORI

KOBORIの感想・評価

5.0
なにこれめっちゃ面白かった!!!!

ラストシーンがやばいいい!!
忘れられない!!
光の使い方!2つの別れ!

怒り口調のたたみかける話し方のせいなのか

言い出すタイミングにはらはらしていたのか

終始不快で、自然と鼓動が早くなっていた。

そのせいか急な沈黙は息が詰まる感じがあった!

全てのシーンやキャラクターの言動に意味があるように感じた!

1つ1つの単純な言動や映像に意味を持たせるんじゃなくて、全体的なムードや、間で間接的に伝えてくる感じが良かった。

とても印象的だった!
見て良かった!
出会えて良かった!
あき

あきの感想・評価

3.2
家は救いの港じゃない。っていうのがなんか刺さった。
よく分かんなかった。
YurieAkagi

YurieAkagiの感想・評価

4.0
キャストが豪華で、演技が上手い。
okke

okkeの感想・評価

-
2017年7月 早稲田松竹にて 併映『雨の日は会えない、晴れた日は君を想う』

会話の多い映画なのにセリフ以外で魅せる目線の動き、声のトーン、沈黙、間がなんともいえない。
.
得意なジャンルではないが観る価値はある
.
クライマックスの夕日が最高に美しかったがその後の鳩時計のシーンの意味がどうもひっかかる🤔
>|