たかが世界の終わりの作品情報・感想・評価

たかが世界の終わり2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:99分

3.5

あらすじ

「たかが世界の終わり」に投稿された感想・評価

家族だからって分かり合える訳じゃない。
でも、家族だから分かりたい。

愛したいし愛されたい。けど、ままならない。それができると信じたい。
でも、それがエゴになったりするのかな。暴走したりするのかな。と思った。

画面が~とか色んなことを考えるよりも感情を持っていかれて冷静になれずに見た。
タイラ

タイラの感想・評価

3.5
恋のマイアヒ踊ってるところは唯一楽しそうでよかったです!
登場人物のそれぞれの気持ちが分かって少し苦しくなりました。
最後シーン泣けました。
もりや

もりやの感想・評価

3.4
グザヴィエドランの作品だとすっかり忘れてて
観終わって彼の作品だと認識して
あぁなんか観たことある感じだなぁと
マイ・マザーを思い出す
なんかずっとしゃべってる
世界の終わりのような夕焼けが
とてもよかったです
MARUKO

MARUKOの感想・評価

4.6
有楽町の劇場をハテナが包み込んだのを思い出す。

分かるのはみんなとにかく家族を愛してる。
分からないのは伝え方。そしてその不器用さ。でも、それが家族だよねって。
どんなにおおらかで賑やかな家族でも、100おおっぴろげにはしないはず。
自然と察しあって、お互いのポジションが自然と決まって、自然とバランスをとっていく。だからバランスが取れなくなったときに、喧嘩してそのバランスを均衡に戻そうとする。

この微妙さ・絶妙さを表現するのが、天才的というか独特というか。
同時に分かりづらさも満点笑。
人を映すのが美しすぎて、それぞれの目線が怖さに似たなんとも言えない不思議な印象を、作品全体に与えているように感じる。(それが意味ありげで、分かりにくさを助長して邪魔してる面もあるかも)

でも作品自体は、互いに表現できず互いを理解し合えない不器用さを映すシンプルなもの。
会話に見える距離と、本当に言いたいことが言えてないもどかしさ。
お母さんが一番つらいだろうな。装う姿が切ない。
拳に表れる我慢と彼なりの愛。

お嫁さんの第三者視点を、家族ものにぶっこんでくる監督の発想もすごい。
家族とお嫁さんのリアクションの差を感じる。

家を出た年齢からして、本当に嫌でこの家族を離れたわけではないんじゃないかなと思う。だからこそ戻ってきたはずだし。
とにかく難しいよな笑
しかも解決しえない。
世界が終わるのもたかがって思えちゃうくらい。

鳥って空を飛ぶのを見るときはなんともないけど、近くを飛んだり急に建物に入ったときに大袈裟に騒ぎ立てる。でも、ただ飛んでるだけ。
彼も十年ぶりに飛んだだけ。ちょっと高揚させたけど、少なからずやり取りに懐かしさを覚えたはず、愛を確認できたはず。

p.s.ふふっ、まだ同じハンドソープ使ってる
いびつで複雑な家族の関係性を、言葉での説明を最小限に抑えて映画的に表現している点が凄いと思います。

特に各登場人物の目線。この人とは目を合わせて会話するが、この人と話している時は会話が和やかでも一切目を合わせない。こうした細かい映画的描写にぐっときました。

見ているのが辛くなる程に痛々しいです。家族間にある緊張が画面を越えてひしひしと伝わってきます。心に余裕がある時に見るといいかもです。笑
マ

マの感想・評価

2.8
これは、、疲れる
みんな孤独で自分のことしか考えられなくて他人にちゃんと興味を向けてるのって兄嫁くらいのもんだし大体の人類があの家族の誰かと同じタイプだと勝手に思う。あと個人的にレア・セドゥが良い
Miizukii

Miizukiiの感想・評価

3.5
ドラン、相変わらず難しすぎるのと、
えっこれ大御所フランス人俳優全員持ってきたんですかっていうくらい豪華すぎる。

皆んなが自分に精一杯で、なんとか保っているこの状況を壊したくない。
冒頭の子供が手隠しをしているシーン
“あなたは周りが何も見えていない”
その後の挿入歌
“家は安らげる港じゃない”
この2つがこの話の中で鍵になる。
その結果の、最後の鳥の描写まで。
会話じゃなく人物の行動とか、描写で伝えるやり方がこの人らしい。

けどやっぱり難しい。
ドランの作品っていつも誰かしら怒鳴ったり叫んだりするからちょっと疲れる。
それが人間らしさなのかもしれないけれど。観る人にもかなりのレベルが求められるような、今回もそんな作品。
これを一発ですごいって思えるくらい感性を上げたいな。
TS

TSの感想・評価

2.9
言い争いシーンが多く見終わった後疲弊した。
音楽や映像はとても綺麗。
現代のフランス映画らしい映画。
>|