たかが世界の終わりの作品情報・感想・評価

たかが世界の終わり2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:99分

3.5

あらすじ

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面…

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる─。

「たかが世界の終わり」に投稿された感想・評価

家族だからって分かり合える訳じゃない。
でも、家族だから分かりたい。

愛したいし愛されたい。けど、ままならない。それができると信じたい。
でも、それがエゴになったりするのかな。暴走したりするのかな。と思った。

画面が~とか色んなことを考えるよりも感情を持っていかれて冷静になれずに見た。
mankichi

mankichiの感想・評価

2.8
お兄さん役が演技上手いんだけど、それ故とてつもなく鬱陶しくてうざったさが際立ってしまった映画。
もな

もなの感想・評価

-
たかが世界の終わり。。
しゅん

しゅんの感想・評価

3.2
兄が怖くて仕方なかったが音楽と映像でカバー
のどか

のどかの感想・評価

2.9
もうすぐ死ぬと家族に伝えるために帰省してきたルイと、ルイを迎え入れた家族の1日描いた物語。

ああ家族ってこうだよな、素直になれなかったり、伝えたいことがきちんと伝えられなかったり、伝えても届かなかったりするよねって共感した。みんなそれぞれに想いがあって、それぞれ一生懸命生きている。これは事実

けど全体的にはあんまり心に刺さらなかった。。。
アントワーヌ頭おかしくない?性格悪くない?喧嘩売りすぎじゃない?そればっかり思ってしまって入り込めなかった笑

映像がとても上手いなと思った。ぼかし方とか色合いとか。
うーむ、久しぶりに帰ってきた家族に会えて 嬉しい反面 戸惑いも大きいに違いない。
兄さんとは 男同士 もっと深いとこで気持ちが分かり合えて 欲しかったと思う。
母親の気持ちを考えると 寂しくなるね、みんな自分の子なのだから。
わか

わかの感想・評価

3.2
わりと見る人を選びそうな映画です。
あまりにも不器用すぎる家族の愛情を描いた作品。
ずっと居るには窮屈すぎる、だけどなんとも離れがたい。そんな狭い狭い「家族」という枠組みの中で、それぞれが不器用な愛情を持っている。

陰影の使い方がすごく綺麗で、言葉にならない(できない)感情や表情を魅せるのが上手だなぁと思いました。
あとやっぱりレアセドゥが好き。
映画JP

映画JPの感想・評価

1.0
内容を全く理解出来なかった作品。この映画は裏表紙に書いてある説明書きを読んでから観た方がいい。読んだところで全く作品に浸ることは出来ないだろうが…。期待していたのに残念だった。
O2

O2の感想・評価

3.6

このレビューはネタバレを含みます

ある家族の一日の出来事だけで、90分間。
色んな映画があると思うけれど、これだけ小さな世界だけで作品が完成しているのはすごいなぁと思いました。

アントワーヌおにいさんは90分間怒りっぱなしだったけど、その怒りの奥に悲しみや痛みが透けて見えて憎めませんでした。

レアセドゥはどの作品でも魅力的すぎまする!
>|