たかが世界の終わりの作品情報・感想・評価

たかが世界の終わり2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面…

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる─。

「たかが世界の終わり」に投稿された感想・評価

家族だからって分かり合える訳じゃない。
でも、家族だから分かりたい。

愛したいし愛されたい。けど、ままならない。それができると信じたい。
でも、それがエゴになったりするのかな。暴走したりするのかな。と思った。

画面が~とか色んなことを考えるよりも感情を持っていかれて冷静になれずに見た。
Moe

Moeの感想・評価

2.8
観てて疲れる会話劇
暗い。in to the woods感。

「理解はできないけど愛してる」
それな!家族だから理解できるかと言われると、全然そんなことないんだよ。

結局自分がかわいくて、みんな自分のことで精一杯。他人の世界が終わろうと、どうでもいいんだなあ。にんげんだもの。みつを。
トマト

トマトの感想・評価

4.0
「深くえぐられた傷痕」だったはずの家に帰る。12年ぶりに。自分の意思で。

迎える家族。共に過ごし食事をし、伝わってきたのは「僕という存在の幻想」

均衡を保っている家族。
恋のマイアヒ♪
家族の責任という重荷を担っている兄の存在。

「僕という存在の幻想」
家族の誕生日に送り続けた絵はがきの束。12年間累積された束。
覚えていないはずの妹からの精一杯の好意。
母親が繰り返し語る子供の頃の日曜日の話。

母親との充たされた時間は、
ルイの心を救ったのか。
受け入れて欲しいという願いは満たされたのか。
そして[終わり]への恐れを払拭できたのか。

大丈夫。
母の愛は、ルイの全てを覆い尽くすほど広く大きかった。
「理解できないわ」
「でも愛しているわ、あなたを」
「誰もこの愛は奪えない」
顔を寄せ、おでこを付き合わせる母親。
「パパの目とそっくりよ」
母親の胸に抱かれたルイは、母親の愛を全身で受け止めただろう。

安心して良いよ。大丈夫。
ルイの世界が終わったとしても、この愛は決して絶えることはないんだから。
『たかが...たかが世界の終わり』なんだから。

ドランで号泣したのは初めて。
6/16
鑑賞
最初から画面の美しさに引き込まれる
息遣いが好き
女

女の感想・評価

3.7
渋い映画だなぁ、と思った。
この作品を好きだと言える人はかっこいいな。


私としては、あまりカラフルじゃなかった(お母さんはカラフルだった:ドランの眼が覚めるような青が観たいんだよ、わたし)ので、
好みとは言い難いけども、
マリオン・コティヤールのあの妖精みたいな、魔女みたいな存在は見事だったなぁ。

のまのまイェイがおしゃれ風に、そこそこの音量で流れた時は、さすがに笑えてしまったのだけれど(世代的に)。


「あなたを責めているんじゃない」

主人公ルイは死ぬことを伝えに来たのに。
12年ぶりに帰郷したのに。
どこまでも独りよがりでロマンチストな彼だから、周りへの配慮が足りなかったかもしれないですね。空港からタクシーで帰るようなセレブ感ですしね。
狭いところで頑張るしかなかった兄ちゃんとか、輝くルイを崇めつつ閉ざされた世界にいる調子悪めの妹とか、わちゃわちゃしたお母ちゃんとか。
(でも家でたくなる気持ちは分かっちゃうけどね)


ピエールの死因は多分ガンじゃない気がする。で、ルイも同じ理由で死ぬんじゃないかしら(ダラスバイヤーズクラブが影響しすぎか。これは偏見だな、いけないなぁ)
そんでもって、兄ちゃん、気付いちゃったんじゃないかな。
精一杯の兄ちゃんの強がりだとしたら、泣ける。っていう偏見と妄想の延長だけど。
アルマゲドンじゃないんだから世界の終わり…、は大袈裟。たかが一DQN 家族が崩壊する話でそれを🎵マイアヒ流したりしてドランが茶化す構図でよろし。爆笑。
mei

meiの感想・評価

4.0
なんて言っていいのかなかなかわからない映画でした。つまんないとかそういうのじゃなくて、家庭事情がごたごたした1つの家族を見てるというかんじ。見終わったあともやもやしてたけど、”たかが世界の終わり”と思うと不思議と納得できてしまう。
Meke

Mekeの感想・評価

-
・綺麗事ではない、こころに刺さる、辛くなる映画
・家族は強い絆で結ばれているように見えて、思っているよりも脆くて危うくてそんな集団であるし、共感できる
タバコ吸って罵倒してのエンドレス。
お互いの思想は視聴者が察しろって感じ。
映像は綺麗でカラフルだったよ。
R

Rの感想・評価

3.3
解説を読むと、あぁなるほどすごい色々付箋があったんだぁ意味が込められてたんだぁと思えるけど、
そうゆうのないと怒鳴りあいばかりですごい嫌(笑)

レアセドゥの演技いいなあーっ
お兄ちゃんを連れてかないでよって気持ちがすごい伝わってるし無力で悔しいってひしひし感じる。

主人公は正しいって見がちだけど、この映画は違うみたい。ルイは身勝手なんだなあ〜静かなステキな人って装ってね。
>|