たかが世界の終わりの作品情報・感想・評価

たかが世界の終わり2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面…

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる─。

「たかが世界の終わり」に投稿された感想・評価

ドラン作品を連続でみている。
予告編をみて、最後どうなるのかハラハラしながらみたが…。
ラストの意味がわからない。
あえてこのラストにしたのが、なんとも言えない虚しさがあった。
早く言えよ、って思ってしまう自分がいて、ドランや主人公の葛藤は自分の理解を遥かに超えていた。
まい

まいの感想・評価

3.1
構成はおしゃれだが始終喧嘩で見ていてしんどくなってしまった。
どんなに仲が悪くても反りが合わなくても『家族』という絆には抗えない
いつだったかな。
犬

犬の感想・評価

3.5
ピエール

若手作家のルイは自分がもうすぐ死ぬことを知らせるため、長らく疎遠にしていた母や兄夫婦、妹が暮らす故郷へ帰ってくる
しかし家族と他愛のない会話を交わすうちに、告白するタイミングを失ってしまい……

カナダの若手監督グザヴィエ・ドランがフランス映画界を代表する実力派キャスト共演で撮りあげた人間ドラマ

会話劇

何とも言い難い重たい感じ
終盤は特にスゴい

自分の存在、そして他人に与える影響
考えさせられました

キャスト陣が全員好きです
あと邦題

家族仲良くしましょう

恋のマイアヒ懐かしい♫
aaakirast

aaakirastの感想・評価

3.0
終始鬱屈とした雰囲気で、大きな起承転結もなく終わる。映し出される舞台もほとんどが家の中の映像ばかりで、家族の顔のアップがつづく。ある意味こうすることで、観客を暗澹たるに気持ちわざとさせたかったのなら流石だなと思った。最後の最後まで気持ちの晴れない映画です。
ドランの監督する映画は全部好きだったけどこれは起承転結のない難しい内容に思えた。家族のマシンガントークとそれをボーっと眺める主人公。ほとんどが家の中で人の顔をアップにしただけの会話の映像。それがずっと続くので窮屈で退屈に感じてしまった。でも最後の余韻は後からじわりとくる。
me

meの感想・評価

-

このレビューはネタバレを含みます

難しかった。

みんながみんななりに、家族を守ろうとしていた。

「理解はできないけど、愛してる。」
むむむ

むむむの感想・評価

3.1
もやもやを抱えたまま、最後にタイトルを思い出して、ああ となるような。
後からじわじわと考え反芻するような感じ。
青が綺麗だった。
>|