たかが世界の終わりの作品情報・感想・評価

たかが世界の終わり2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:99分

3.5

あらすじ

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面…

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる─。

「たかが世界の終わり」に投稿された感想・評価

あぷ

あぷの感想・評価

2.4
決して感動作ではない。
あまりに平坦、あまりにリアルな会話劇は、終始居住まいの悪さを感じさせ観ていて決して気持ちが良いものではない。

ただ考えさせられる。
誰の心情に身を置くか。

そして観終わって初めて、この邦題の秀逸さに唸る。
yoshis

yoshisの感想・評価

3.4
弟が死ぬことを伝えに来たことを兄は気付いてあんな行動をしたんだと思う。切ない映画
さやか

さやかの感想・評価

1.8
タイトルが好きで借りてみました。
結果内容は好みじゃなかったぁ_(:3 」∠)_

なんなんこの家族( °꒫° )??
見ててバラバラすぎて苛々してしまう。
そら12年も帰りたくなくなるわ(^_^;)

ルイの無口さも最初はふぅんって思ってるくらい
だったけど途中からハッキリ喋れや!!?
ってなってしまって…

お兄ちゃんもうざいよぉなんなの落ち着けよ
Ayaka

Ayakaの感想・評価

2.5
んー、期待はずれ
たくや

たくやの感想・評価

2.3
終始モヤモヤ

救われない感じがすごい。暗い。最近こんな感じ。

最近期待しすぎる節があるのでもう少しハードルを下げよう。
キャストがすごすぎて、それだけでも満足できちゃう作品。起承転結というストーリー性があまりなく、会話で魅せてくる。撮り方とか詳しいことわからないけど角度とかが違ったり、夕方のシーンで夕日がきれいだったり人物以外にも魅せられた。暗いんだけどきれいな作品だった。
誰もわかってくれない

血の繋がりなんて関係ない。
自分の気持ちを理解してくれる人なんていない。
だから黙り込むし、目に涙を浮かべる。
そしてふと我に帰る。
「めんどくさい、逃げよう」と。
帰ってくるべきじゃなかったんだ。
理解してくれるはずがなかったんだ。
だから12年も避けてた。
少しでも期待していた自分がバカだった。
だけど、愛してる。

そんな気持ちに共感しました。
mankichi

mankichiの感想・評価

2.8
お兄さん役が演技上手いんだけど、それ故とてつもなく鬱陶しくてうざったさが際立ってしまった映画。
もな

もなの感想・評価

-
たかが世界の終わり。。
>|