たかが世界の終わりの作品情報・感想・評価

たかが世界の終わり2016年製作の映画)

Juste la fin du monde/It’s Only the End of the World

上映日:2017年02月11日

製作国:

上映時間:99分

3.6

あらすじ

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面…

「もうすぐ死ぬ」と家族に伝えるために、12年ぶりに帰郷する人気劇作家のルイ(ギャスパー・ウリエル)。母のマルティーヌ(ナタリー・バイ)は息子の好きな料理を用意し、幼い頃に別れた兄を覚えていない妹のシュザンヌ(レア・セドゥ)は慣れないオシャレをして待っていた。浮足立つ二人と違って、素っ気なく迎える兄のアントワーヌ(ヴァンサン・カッセル)、彼の妻のカトリーヌ(マリオン・コティヤール)はルイとは初対面だ。オードブルにメインとぎこちない会話が続き、デザートには打ち明けようと決意するルイ。だが、兄の激しい言葉を合図に、それぞれが隠していた思わぬ感情がほとばしる─。

「たかが世界の終わり」に投稿された感想・評価

撮影の仕方、シチュエーション全てにおいて好みでした。人間の中にあるコンプレックスや誰かより上に立ちたいという自己の欲望はなににも結局勝てない。たかが世界の終わり。タイトルが秀逸。
ドランの映画を鑑賞する際は、なるべく精神的に健康な状態でいることが望ましい。
Tommy

Tommyの感想・評価

3.8
うまく説明できないけど
この感じが分かる人と分からない人がいる気がした
akiko

akikoの感想・評価

3.2
疲れた…
AM

AMの感想・評価

3.0
一度見ただけでは理解しきれない。。。
朝子

朝子の感想・評価

4.0
アウトレイジ最終章のようだ。
これはお葬式なのだろう。
いや、こちらは生前葬か。
ドランの、このテーマの。

セルフオマージュだらけではないか。
主人公自体も。ロランスまで飛び出してくる。
当初、目を見張っていた饒舌で銃撃戦のような
仏語の会話も、もう既に懐かしい。
兄にあれだけ非合理な悪態をつかせるなんて、
もうとことん飽き飽きしているのか?
最初と最後の音楽で、ご丁寧に説明までしている。
ただ、母を見る目が、その距離感が、
優しく、そして冷静だ。

ドランにしては、比較的短い尺で、
すんなり一気に観せる。
参列できて良かったと思う。本当にそう思う。
次が楽しみだ。
ふゆい

ふゆいの感想・評価

4.0
感情のぶつけ合いに、こちらもいっぱいいっぱいになりつつ…
でも、観るの止めようとは思えなかった。

家族ってこんなもの。
各々の思いや身勝手さが、赤の他人から伝わるそれとは違って、なんとも言えず生あたたかくて心底うんざりする。
それでも断ち切る事は出来ない。

映像と音楽がとても良かった!
タイトル、最高ですよね。
coppo

coppoの感想・評価

-
曖昧さを伝える表現とか、
音楽とかズバ抜けてる。

もう一回くらい見たら、
ちゃんと理解できると思う。
>|